柴崎祐二の連載が書籍化 『ミュージック・ゴーズ・オン〜最新音楽生活考』

柴崎祐二の新著『ミュージック・ゴーズ・オン~最新音楽生活考』が8月19日に刊行される。

雑誌『レコード・コレクターズ』の連載『MUSIC GOES ON』を書籍化した同書。様々なミュージシャンがこれまで聴いてきた音楽、音楽との出会いと、その魅力を語っている。追加コンテンツとして、tofubeatsと高城晶平(cero)の特別インタビュー、書き下ろしの論考や脚注などを収録。写真は栗原論によるもの。

そのほかの登場ミュージシャンは、岡田拓郎、見汐麻衣、菅原慎一、Night Tempo、鳥居真道(トリプルファイヤー)、澤部渡(スカート)、KEEPON、nakayaan(ミツメ)、武田理沙、加納エミリ、佐藤優介、VIDEOTAPEMUSIC、櫻木大悟(D.A.N.)、谷口雄、デヴェンドラ・バンハート、プラスチック米、牧野琢磨(NRQ)、サボテン楽団、oono yuuki、エブリデ(wai wai music resort)、菅野みち子(秘密のミーニーズ)、KASHIF、中山うり、入岡佑樹(Super VHS)、町あかり、内村イタル(ゆうらん船)、高橋一(思い出野郎Aチーム)、沼澤成毅(ODOLA)、田中ヤコブ(家主)、コニー・プランクトン(TAWINGS)、井手健介。

書籍情報

『ミュージック・ゴーズ・オン〜最新音楽生活考』

2021年8月19日(木)発売 著者:柴崎祐二 価格:1,980円(税込) 発行:ミュージック・マガジン
  • HOME
  • Book
  • 柴崎祐二の連載が書籍化 『ミュージック・ゴーズ・オン〜最新音楽生活考』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて