藤井道人監督が小坂流加の恋愛小説『余命10年』を映画化 2022年公開

藤井道人監督の新作映画『余命10年』が2022年に公開される。

同作は、50万部を突破し、『第6回静岡書店大賞』映像化したい文庫部門大賞を受賞した小坂流加の小説『余命10年』をもとにしたラブストーリー。数万人に1人という不治の病によって、自身の余命が10年であることを知った20歳の茉莉は、生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていたが、地元の同窓会で和人と出会ったことで彼女の10年が大きく動いていくというあらすじだ。著者の小坂は茉莉同様に難病を抱えており、文庫版発行直前の2017年2月に逝去した。

脚本を岡田惠和と渡邉真子が担当。キャストは後日発表される。また、今夏にコミック版『余命10年』がLINEマンガで配信スタート。

藤井道人監督のコメント

初めて「余命10年」を読んだとき、原作の小坂流加さんが生前に抱いていた「生きる」ということへの想いで溢れた小説だと思いました。普段見落としがちな四季折々の自然の変化や、主人公・茉莉と和人が過ごした日々は、まるで小坂さんが生きている時に思い描いていた「夢」だったようにも感じました。僕は、この作品を直感的に映画として残したいと強く思いました。
当たり前が当たり前ではなくなったこの世の中で、小坂さんが残してくれた「余命10年」という作品が、皆さまの明日を生きる糧となるように、信頼するキャスト・スタッフと約一年に渡り四季を撮り続け、この映画に向き合って来ました。公開を楽しみに待っていていただけると幸いです。

関口大輔プロデューサーのコメント

小坂流加さんが「余命10年」に込められた想いをきちんと映像化して世の中に届けたいと思い、映画化を決心しました。ただしこの原作を映像化するには多くの高い才能を集め、緻密な脚本を練り上げ、他の映画にはない「余命10年」ならではの映像を作らないといけない、というプレッシャーも感じました。そのうえで、この原作をしっかりと受け止め、演出できる監督として他の邦画にはないセンスと高い演出力を持つ藤井道人さんにお願いしました。

作品情報

『余命10年』

2022年公開
監督:藤井道人 原作:小坂流加『余命10年』(文芸社文庫NEO) 脚本:岡田惠和、渡邉真子 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 藤井道人監督が小坂流加の恋愛小説『余命10年』を映画化 2022年公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて