ないあがらせっと、12年ぶり新曲を本日リリース 曽我部恵一コメントも

ないあがらせっとの新曲“グッドサマー”が本日8月21日にリリース。リリックビデオが公開された。

ないあがらせっとは、2001年に北九州の戸畑で結成され、自らを「戸畑系」と呼び活動を開始した4人組バンド。2009年に自主レーベル「Studio Soup」から4thアルバム『POP CITY』をリリースした後、長い休暇に入っていた。

ROSE RECORDSからリリースされた同曲は、ないあがらせっとにとって12年ぶりの新曲。中村寛(ないあがらせっと)が曽我部恵一に同曲を送り、曽我部が「この曲すぐに出そうよ」と返事をしたことをきっかけにリリースが決まった。数時間後には中村のもとにジャケット写真が送られてきたとのこと。配信に加え、33本限定のカセットテープも販売。

曽我部恵一のコメント

「ないあがらせっと」。とっくの昔にわすれちゃってたよ。リーダーの中村はぼくを下北の喫茶店に呼び出し「作曲家として頑張っていきたい」とか言ってたし。だからぼくは「ないあがらせっと」はもう空中分解してしまったんだろうなあ、と思ってた。「そういえば彼らはちょっといなたいシティポップをやってたから、今バンドがいたとしたら、彼らが活動した10数年前とはまた違う世間の評価があったんじゃないか」、なんてこと考えたりもしなかったんだ。そう、すっかり忘れてた。
そんな彼らから突然暑中見舞いが届いた2021年の夏。添付してあったのは「グッドサマー」と銘打たれたチルでローファイな極上のサマーチューン。「なにこれ?」とすぐさま返信し、今回のリリースに至った。中村が住む北九州へも会いに行った。夏のど真ん中。迎えてくれた中村はヨレヨレのペットサウンズのTシャツで首からタオルをかけてサンダルばきだった。彼は熱いコーヒーを淹れてくれ、ぼくらは汗だくになってコーヒーをすすりながらあれこれ喋った。
彼らが拠点とした北九州の戸畑区は海辺のなかなかタフそうな街だ。ないあがらせっとの独特の郷愁感や不良っぽさはこの土地にもヒントがあるんだろうなと思った。今のシティポップバンドは本当におしゃれで、こんな町にはいそうにない。でも、ぼくや彼らが愛したシティポップは実は当時日本の隅々にまで響いていたのだ。実際、ぼくが小学校のときに勉強を教わってた近所の大学生のお兄ちゃんは、四国の田舎町でカローラレビンに乗ってカーステで杏里をかけてた。そんなところにポップの真髄がある、と北九州を動こうとしない彼らは思ってる。のかもしれない。
北九州戸畑シティから愛を込めて。ないあがらせっとが、もう一度デビューします。

リリース情報

ないあがらせっと
『グッドサマー』

2021年8月21日(土)配信リリース
リリース情報

ないあがらせっと
『グッドサマー』(カセットテープ)

2021年8月21日(土)発売 価格:1,100円 ROSE 270CT
1. グッドサマー 2. ビューテイフルデイ
  • HOME
  • Music
  • ないあがらせっと、12年ぶり新曲を本日リリース 曽我部恵一コメントも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて