Fishmans×cero、2019年に開催された『闘魂』がLIVEWIREで期間限定配信

『闘魂 2019 -Fishmans×cero-』が9月3日20:00からLIVEWIREで配信される。

『闘魂』は、Fishmansが様々なミュージシャンを迎え、1997年から1999年にかけて行なっていたシリーズ企画。

2019年に開催された『闘魂 2019 - Fishmans×cero-』は、Fishmansとceroのツーマンライブ。Fishmansは茂木欣一(Dr)、柏原譲(Ba)、HAKASE-SUN(Key)、木暮晋也(Gt)、関口“dARTs”道生(Gt)、原田郁子(Vo)、ハナレグミ(Vo)、小嶋謙介(Vo,Gt)で編成され、エンジニアをzAkが担当した。ceroは高城晶平(Vo,Gt,Fl)、荒内佑(Key,Sampler,Cho)、橋本翼(Gt,Cho)、角銅真実(Perc,Cho)、光永渉(Dr)、厚海義朗(Ba)、小田朋美(Key,Cho)で構成。

今回はFishmansが30周年を迎え、手嶋悠貴監督のドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』が公開されたことを記念して配信。映像ディレクションを手嶋、ミックスをzAkが手掛けた。

チケットは9月12日21:00まで販売中。見逃し配信は9月12日までとなる。

番組情報

『闘魂 2019 -Fishmans×cero-』

2021年9月3日(金)20:00〜LIVEWIREで配信
出演: Fishmans cero 料金:前売3,300円 当日3,800円
  • HOME
  • Music
  • Fishmans×cero、2019年に開催された『闘魂』がLIVEWIREで期間限定配信

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて