入江悠監督特集がポレポレ東中野で開催、映画『シュシュシュの娘』公開記念

入江悠監督の自主制作映画『シュシュシュの娘』の公開を記念し、過去の監督作品が9月11日から東京・ポレポレ東中野で一挙上映される。

現在公開中の同作は、祖父・吾郎の介護をしながら市役所に勤務する鴉丸未宇が、自身に寄り添ってくれた先輩・間野幸次が理不尽な「文書改ざん」を命じられた末に自死したことを知り、彼の仇を取って市政に一矢報いるために立ち上がる姿を描く作品。鴉丸未宇役を福田沙紀、間野幸次役を井浦新、未宇の祖父・吾郎役を宇野祥平が演じた。入江監督にとって10年ぶりの自主映画となる。

上映作品は『SR サイタマノラッパー』『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』の4作。スケジュールはポレポレ東中野のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『入江悠監督特集』

2021年9月11日(土)~9月17日(金)各日20:10〜上映
上映作品: 『SR サイタマノラッパー』(監督:入江悠) 『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(監督:入江悠) 『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(監督:入江悠) 『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』(監督:入江悠) 料金:一般1,300円 大学生、専門学校生、シニア1,100円 高校生、中学生、障がい者1,000円
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 入江悠監督特集がポレポレ東中野で開催、映画『シュシュシュの娘』公開記念

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて