大泉洋&柳楽優弥 劇団ひとり監督・脚本『浅草キッド』主題歌は桑田佳祐

劇団ひとり監督、脚本のNetflix映画『浅草キッド』の主題歌が桑田佳祐の新曲“Soulコブラツイスト〜魂の悶絶”に決定した。 12月9日から配信される同作は、ビートたけしが作詞、作曲した楽曲“浅草キッド”と自叙伝『浅草キッド』を原作とした作品。昭和40年代の東京・浅草を舞台に、大学を中退して「ストリップとお笑いの殿堂」と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込んだタケシが、深見千三郎に弟子入りし、個性と才能に溢れる仲間たちと出会い、やがて「ビートたけし」となるまでを描く。ビートたけしや東八郎、萩本欽一らを育てた「幻の浅草芸人」深見千三郎役に大泉洋、芸人としての成功を夢見て修行に励むタケシ役に柳楽優弥がキャスティング。 劇団ひとり監督からのオファーを受け、ちょうど“Soulコブラツイスト〜魂の悶絶”を制作中だった桑田は完成前の映画を鑑賞。深見とタケシに通ずる精神性や時代背景など、楽曲と同作の近似性に桑田が「楽曲の世界観がより深まったように感じた」と共鳴し、楽曲提供が実現したという。 今回の発表とあわせてティザー予告編とティーザーアートが公開。主題歌を使用したティザー予告編には、深見とタケシの「(芸は)何ができんだよ?」「ジャズが好きです!」「やれんのか?」「いや、聞くだけ」「聞いてどうすんだバカヤロー!」というやり取りをはじめ、タケシが鈴木保奈美演じる深見の妻・麻里から「あの男と四六時中一緒にいんのよ私、どう思う?」と問われて「尊敬します!」と答える姿、門脇麦演じる踊り子の千春に「その青春真っ只中みたいな顔、恥ずかしくないの?」と茶化される様子、コントでホステス役を演じるために厚化粧したタケシに向かって深見が「バカヤロー! 芸人なら芸で笑い取れ! 笑われんじゃねぇぞ、笑わせるんだよ」と一喝するシーンなどが映し出されている。 深見とタケシの姿が写し出されたティザーアートは、一度細かく折ったような跡がデザインされている。

大泉洋のコメント

この作品のために作られた曲ではないのに、何故この歌はここまでこの作品にハマるのでしょう。いや、ハマるというよりも、この歌は『浅草キッド』そのものを歌っている気さえします。 タケシと師匠深見千三郎の切ないストーリーを最後に笑い飛ばすかのように流れる、明るくて、どこか懐かしいメロディがこの作品をとても前向きな、また違う次元に連れて行ってくれる気がしました。 「幸せになれるワケはないのに、何故イケナイ人を愛しちゃうんだろう?」という歌詞が見事にこの作品を言い表しているのには流石の一言です。

柳楽優弥のコメント

今日までに本編を3回観ましたが、3回ともエンディングまで観るくらい『とても好きな曲がまたひとつ増えた!』と感じています。『浅草キッド』の世界観にとても合っていて、高揚感が高まり元気をもらえる曲です。 Netflixはエンドロールで次の作品をオススメしたがりますが、ぜひエンドロールも楽しんでください。

劇団ひとり監督のコメント

最後に凸と凹がピタリと合わさるような爽快感です。素晴らしい主題歌をありがとうございました。本作の色々な想いを一つにまとめて頂きました。
作品情報

Netflix映画『浅草キッド』

2021年12月9日(木)からNetflixで配信
監督・脚本:劇団ひとり 原作:ビートたけし『浅草キッド』(新潮文庫) 主題歌:桑田佳祐“Soulコブラツイスト〜魂の悶絶” 音楽:大間々昂 出演: 大泉洋 柳楽優弥 門脇麦 土屋伸之 中島歩 古澤裕介 小牧那凪 大島蓉子 尾上寛之 風間杜夫 鈴木保奈美
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大泉洋&柳楽優弥 劇団ひとり監督・脚本『浅草キッド』主題歌は桑田佳祐

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて