ヴィクトル・コサコフスキー監督の農場ドキュメンタリー『GUNDA/グンダ』

ヴィクトル・コサコフスキー監督の映画『GUNDA/グンダ』が12月10日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。 『第93回アカデミー賞』長編ドキュメンタリー映画賞ショートリストに選出された同作は、ある農場で暮らす母豚「GUNDA」、生まれたばかりの子豚たち、一本脚の鶏、大地を駆け抜ける牛の群れの姿などを、ナレーションや人工の音楽を使用せず、モノクロで切り取ったドキュメンタリー。原題は『​​GUNDA』。 「『GUNDA/グンダ』は深遠で、芸術的な映画だ」と惚れ込んだホアキン・フェニックスがエグゼクティブプロデューサーを務めた。
作品情報

『GUNDA/グンダ』

2021年12月10日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国で順次公開 監督:ヴィクトル・コサコフスキー 上映時間:93分 配給:ビターズ・エンド
『GUNDA/グンダ』 © 2020 Sant & Usant Productions. All rights reserved.
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ヴィクトル・コサコフスキー監督の農場ドキュメンタリー『GUNDA/グンダ』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて