中山信一の個展『PARK』開催、新作ペインティングや2メートルの壁画を展開

中山信一の個展『PARK』が10月1日から東京・池尻大橋のVOILLDで開催される。

1986年神奈川生まれの中山信一は、多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業後、多摩美術大学大学院博士課程前期グラフィックデザイン研究領域を修了。イラストレーターとして資生堂、日本郵便、朝日新聞社、東京・渋谷のWWWなどに作品を提供する傍ら、ドローイングやペインティング作品を発表している。ブックレーベル「GODHAND PRESS」を主宰し、ヒップホップユニット中小企業のラッパーとしても活動。4月に谷川俊太郎との共著『うそ』、7月に初ソロアルバム『Care』を発表した。

同展では、動物や自然、キャラクター、抽象的な景色などをモチーフにした新作ペインティング作品約30点と、今回のために制作された約2メートルの壁画を展開。さらに、VOILLDとのコラボレーションによる新作オリジナルアイテムも販売予定だ。

イベント情報

中山信一
『PARK』

会期:2021年10月1日(金)~10月24日(日) 会場:東京都 池尻大橋 VOILLD 時間:12:00〜19:00 休廊日:月、火曜 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • 中山信一の個展『PARK』開催、新作ペインティングや2メートルの壁画を展開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて