特集 PR

Awesome City Clubが観客6名の超限定ライブ&Airbnbの旅体験

Airbnb『THE LIVE HOUSE』
インタビュー・テキスト
冨手公嘉
編集:野村由芽、山元翔一
Awesome City Clubが観客6名の超限定ライブ&Airbnbの旅体験

「ツアー」以外の旅をともにするのは初めてだというAwesome City Club一行

世界中にあるリスティング先(登録されているお部屋)から選りすぐりの場所に宿泊できる「Airbnb(エアビーアンドビー)」。旅先に暮らすように滞在することで現地の人たちの暮らしや息づかいを感じ、その街を生活者と同じ目線で体験できるのが魅力のサービスだ。新しい旅のスタイルを提案するAirbnbがこの夏、ミュージシャンとコラボレーションし、リスティング先の「おうち」という特別なシチュエーションでライブを行う企画『THE LIVE HOUSE』を始動させた。

前回、長野県を舞台に福耳の面々を招いて実施された同企画(参考記事:福耳が話題のAirbnbで旅体験。普通とは違う出会いとライブをレポ)の次なるゲストは、Awesome City Club。福耳が体験した長野の旅では、リスティング先からライブの生配信が行われたが、今回は3組6名を招待してシークレットライブが披露された。メンバーの自宅に招かれたかのような距離で憧れのアーティストのライブを観る――幸運な機会を手にした6人の観客は、非現実的な時間をどのように楽しんだのか? マツザカタクミ(Ba,Syn,Rap)いわく、ツアー以外でメンバー5人そろっての旅は初めてだったそうだが、Awesome City Club一行が体験した旅とライブはどんなものだったのか? この日の様子を、旅の前後に行ったインタビューとともにレポートする。

Awesome City Club
Awesome City Club

Airbnb×Awesome City Club『THE LIVE HOUSE』ダイジェスト映像

ホストがおすすめする場所で、感動の景色や食べ物に遭遇

9月4日、今回の滞在先である香川県三豊市にあるリスティング先を訪れた5人。部屋に入るなり、窓からのぞく荘内半島が一望できる景色に歓声をあげた。

リスティング先に到着した一行
リスティング先に到着した一行

「この部屋は、日常から離れてのんびりしてもらえるよう時計も置いていないんです」とホストは語る。なんでも地域と人、双方にとっての「再生」をテーマに掲げ、この場を運営しているのだとか。たとえばゲストから希望があれば、無人島に移動してBBQを楽しんだり、ここのキッチンを使って地元の人たちが料理をもてなしてくれたりすることもあるそうだ。

ホストから今回滞在するおうちの説明をうけるメンバー
ホストから今回滞在するおうちの説明をうけるメンバー

あなたにとって旅とは?――そんな質問に、「自分の深層心理にダイブする時間」「体中の空気の入れ替え」とそれぞれ答えていたユキエ(Dr)とPORIN(Vo,Syn)は、窓辺に置かれたハンモックでゆらゆらと早速リラックスムード。

ハンモックで戯れるユキエとatagi
ハンモックで戯れるユキエとatagi

窓から望む荘内半島の島々についてホストから解説を受けたあと、一行は無人島・蔦島に足を運ぶことに。地元のおじさんが持っている小さなフェリーで蔦島に向かう道中、atagi(Vo,Gt)は島のルーツや釣り情報などについて熱心に話を聞いていたようだった。

島民と釣りの話で打ち解けるatagi
島民と釣りの話で打ち解けるatagi

一行はフェリーで蔦島まで
一行はフェリーで蔦島まで

蔦島に到着するなり、地元の名店「元祖たこ判 小前」で買った「たこ判」を嬉しそうにほおばる。ここはホストが直々にオススメしてくれたお店だ。こういうホストと交流を通じて手に入る情報にこそ、Airbnbの旅の醍醐味があるのかもしれない。

蔦島から戻ると、5人は「日本のウユニ塩湖」と呼ばれるほど景色がきれいな父母ヶ浜でビーチボールを投げ合い、残り少ない夏の空気を満喫する5人の姿が印象的だった。

父母ヶ浜でたわむれるAwesome City Clubの5人。ユキエのInstagramより

「都会の喧騒から離れて大自然に癒されたり、忘れかけていた感覚を取り戻せます」。旅から受け取るインスピレーションについて、事前のインタビューでこう答えていたのはPORIN。8月にキャリア初となるベストアルバム『Awesome City Club BEST』をリリースし、さらにイベントやフェスへの出演へと絶え間なく活動を続けてきたAwesome City Club。彼らにとって今回の企画は、もしかしたら夏休みのような時間だったのかもしれない。

Awesome City Club

仲間のいつもと違った表情が垣間見える、親密な旅の時間

「海も近くて、自然もたくさんあって、普段はコンクリートが多い場所に住んでいるので、新鮮なインスピレーションが湧いてきそうです」と語っていたモリシー(Gt,Syn)だが、地元の名所を巡り、メンバー同士の時間を過ごした彼らにとって、この旅は実際にはどのような時間だったのだろうか?

マツザカ:普段メンバーと集合写真を撮る機会も多いけど、そのときにしている笑顔とは違うもっと素の表情をしていたんですよね。Instagramのコメントで「いい写真ですね」とか「青春っぽい」と言われて小っ恥ずかしさもありつつ、きっとこういうところに来ないと見せない表情が出ているなって。

Awesome City Club

ユキエ:Awesome City Clubのメンバーという「タグ」が外れた状態でのメンバーそれぞれの顔を見ることができたのが嬉しかったです。1年に1~2回はこういう機会を設けるのもありかもしれないですね。

「暮らすように旅する」ということをコンセプトにした、Airbnbの旅。「暮らし」と「旅」の中間といえるような時間は、2人が語るように、ただ疲れを癒すだけでも、単に新たな刺激を得るだけでもない、仲間の普段見せない表情を垣間見ることができる親密で特別なものだったようだ。

ホストからの紹介で昼食時に訪れた「山内うどん店」にて
ホストからの紹介で昼食時に訪れた「山内うどん店」にて

5人はその後、街を見下ろせる高台にある神社まで登った。階段を登りきり、「せーの」というかけ声を合図にメンバーで同時に振り返る。そして同時に、街を一望できる景色に声があがる。黙っていても仲間と感覚を共有できるなんて、なんと素敵なことだろう。

Awesome City Club

一行は三豊市の名産であるお酢の醸造所へ。この醸造所を営む一家の息子が描いたというイラスト入りの仁尾酢をプレゼントしてもらい、そのほっこりする可愛らしいデザインに思わず頬をゆるめていた。

Awesome City Club

そうこうしているうちに日が暮れきた。モリシーが「友達とか家族に『ちょっと聴いてよ』と気軽な感じで演奏した不思議な感覚になった」と感想を口にしたライブは、いつものライブとどう違ったのか? 3組6名の幸運な観客を招いてのライブがいよいよはじまる。

Page 1
次へ

キャンペーン情報

Airbnb×福耳×Awesome City Club
『THE LIVE HOUSE』

おうちには、派手な照明も質のいい音響もないけれど、気取らずに歌える自由がある。寝っころがって聴く自由がある。いつもと違う景色を見て、地元の人とふれあって。旅をしたから生まれる音楽。この夏、Airbnbが新しい旅のカタチをお届けします。

プロフィール

Awesome City Club
Awesome City Club(おーさむ してぃ くらぶ)

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたatagi、モリシー、マツザカタクミ、ユキエにより結成。2014年4月、サポートメンバーだったPORINが正式加入して現在のメンバーとなる。「架空の街 Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマに、テン年代のシティポップをRISOKYO からTOKYOに向けて発信する男女混成5人組。2015年、ビクターエンタテインメント内に設立された新レーベル「CONNECTONE(コネクトーン)」より、第一弾新人としてデビュー。2015年4月8日に1stアルバム『Awesome City Tracks』をリリースし、iTunesロックチャートで1位を獲得するなど話題を呼んだ。デビューからコンスタントに2年間で4枚のアルバムをリリースし、2017年8月23日にはキャリア初となる新曲入りベストアルバム『Awesome City Club BEST』をリリース。クラウドファンディングやVRなど最新のテクノロジーを積極的に駆使した活動が各所から注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業