レポート

草間彌生「私の終生の念願」 開館迫る「草間彌生美術館」内部をレポート

テキスト
後藤美波
撮影:井戸沼紀美
草間彌生「私の終生の念願」 開館迫る「草間彌生美術館」内部をレポート

草間彌生美術館が10月にオープン

草間彌生美術館が10月1日に東京・新宿区弁天町に開館する。一般公開に先駆けて、本日9月26日に報道陣向けの内覧会が行なわれた。

白い水玉の外壁が目印の同館は地上5階、地下1階の建物。建設は久米設計が担当し、白い展示室がらせん状に連続した構造になっている。

草間彌生美術館外観
草間彌生美術館外観

太陽の光を受ける巨大かぼちゃや初公開の新作ミラールーム

10月1日からはこけら落としの展示として、『創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき』が開催。最上階の5階には、草間の過去の展覧会カタログなどが閲覧できるブラウジングスペースがあり、ここを通り抜けてガラスの扉を開けると、屋上ギャラリーにある巨大なかぼちゃの作品『Starry Pumpkin』が現れる。空の下で太陽の光を浴びてタイルが光を放つこの作品は、展覧会のために制作された新作の立体作品だ。

屋上に展示された新作『Starry Pumpkin』

屋上に展示された新作『Starry Pumpkin』
屋上に展示された新作『Starry Pumpkin』

1つの下の4階では、最新のミラールーム『無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく』を初公開。こちらも展覧会のために制作された新作となり、暗闇の中で明滅する黄色いかぼちゃが、鏡の反射によって無限に反復する。

初公開のミラールーム『無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく』

初公開のミラールーム『無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく』
初公開のミラールーム『無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく』

平面作品『わが永遠の魂』と『愛はとこしえ』が壁面を覆う

2階、3階のギャラリースペースには平面作品を展示。3階では色鮮やかな正方形のキャンバスが壁一面を覆う。草間が2009年から制作に取り組んでいるアクリル絵画の連作『わが永遠の魂』だ。現時点で530点を超える作品が作られているという同シリーズから、今回の展覧会では未公開の作品も含む16点を紹介している。

3階ギャラリーには『わが永遠の魂』シリーズを展示

3階ギャラリーには『わが永遠の魂』シリーズを展示
3階ギャラリーには『わが永遠の魂』シリーズを展示

2階ギャラリーは3階とはうってかわってモノクロームの壁面。黒のマーカーペンを使ってフリーハンドで描かれたドロイーングを、シルクスクリーンで版画にした連作『愛はとこしえ』シリーズが白い展示壁を埋め尽くす。宇宙人のようなキャラクターや、目、水玉などのモチーフが繰り返し描かれている。

2階ギャラリーに展示された『愛はとこしえ』シリーズ

2階ギャラリーに展示された『愛はとこしえ』シリーズ
2階ギャラリーに展示された『愛はとこしえ』シリーズ

草間彌生からのメッセージ「最大の愛をもって一生愛して」

内覧会に登場した館長の建畠晢は、同美術館を「世界で唯一の草間さん自身が作った美術館」と紹介。また「草間さんのアートの素晴らしさと同時に、ロジカルでチャーミングな人間的な魅力も伝えられたら」「世界中で草間さんの展覧会が行なわれており、作品がみなさんの目に触れる機会も多いと思うが、草間さん自らが作った美術館ならではの幅の広がりを見せていきたい」と意気込みを述べた。

館長の建畠晢
館長の建畠晢

さらに会場では草間彌生自身が来場者へのメッセージを読み上げる映像を上映。その中で草間は「私の終生の念願であった草間彌生美術館を建て、みなさまに作品を見ていただきたいという心からの希望が達せられました。これは私の生涯における最大の感激であります」と語ったほか、「私の愛する人々や、世界平和を望む全ての人々へ、畏敬の念をより一層込めて私は人生のおしまいの日までこれからも闘い続けます。あななたちの志によって私を鼓舞していただきたい。その強い願いをあなたたちに伝えたいと思い、この美術館を建てました。みなさん、私の愛する美術館をぜひあなたも最大の愛をもって一生愛していただきたいと思っております」と呼びかけた。

メッセージを読み上げる草間彌生
メッセージを読み上げる草間彌生

草間彌生美術館では、10月1日から2018年2月25日まで展覧会『創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき』を開催。入場は1日4回の入れ替え制となり、チケットの事前購入が必要となる。今後は年2~3回の展示替えを行なうという。

イベント情報

草間彌生美術館開館記念展
『創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき』

2017年10月1日(日)~2018年2月25日(日)
会場:東京都 牛込柳町 草間彌生美術館
時間:11:00~17:00
休館日:月~水曜
料金:一般1,000円 小中高生600円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く