特集 PR

ハナレグミの第二章の幕開け。『SHINJITERU』ツアー最終公演

ハナレグミ『SHINJITERU』
テキスト
小野田雄
撮影:田中聖太郎 編集:川浦慧
ハナレグミの第二章の幕開け。『SHINJITERU』ツアー最終公演

キャリアの転換点となる作品を携えて回った、ワンマンツアーの最終日

前作『What are you looking for』(2015年)でシンガーとしての表現に覚醒した、ハナレグミこと永積崇。今年10月に発表した新作『SHINJITERU』は、前作で得たその手応えを確信に変えた彼のキャリアにおける転換点となる作品だ。そして、このアルバムを携え、全国8公演からなるワンマンツアーの最終日の会場は、国内屈指の音響を誇る東京国際フォーラム・ホールA。5000人を収容した会場の場内音楽にセレクトされた英国アシッドフォークシンガー、ニック・ドレイクのアルバム『Pink Moon』が、会場の大小に関わらず、彼が指向するパーソナルな歌世界を予告するかのように静かに鳴り響いていた。

ソロ活動15年目にして、歌い手として新境地へ

幕を開けたステージに立ったのは、アルバムのレコーディングメンバーであるベースの伊賀航、ドラムの菅沼雄太、キーボードのYOSSYの三人に、TICA、GABBY&LOPEZでも活動するギターの石井マサユキを加えた腕利きのバンドメンバーたち。彼らが周囲を固め、マイクの前に立った永積崇がアカペラで歌い始めたオープニング曲“線画”に、一切の無駄のない音を加えていった。そのタッチはミニマルにしてセンシティブ。

そして、シンガー永積崇がその歌声で描く線画は、ミニマルなフレーズの反復がフォークトロニカのようでもある2曲目の“ののちゃん”から、堀込泰行が楽曲提供した3曲目の“ブルーベリーガム”へ。サックスの武島聡とトランペット / トロンボーンのicchieによる甘くソウルフルな彩りに映える、力みのない優しい歌声。この日の永積は緩急を付けながらも、激しくエモーショナルに振り切って歌うのではなく、まっさらな紙に筆を落とすような繊細なボーカルアプローチで魅せていて、歌い手としての新境地が見て取れた。

 
 

永積崇
永積崇

さらに、ここから先は、彼の表現世界に内包されている多彩な音楽性を振りまくように、坂本龍一が作曲を手がけた竹中直人のカバー“君に星が降る”のエキゾチックなレゲエや、カーリー・ジラフがプロデュースを手がけたカントリーナンバー“My California”といった楽曲を次々に披露。その歌声は、普遍的なものとして5000人の聴衆にまとめて放たれたものではなく、聴衆一人ひとりと向き合うことで自然と熟成されたパーソナルなムードであることが非常に印象的だった。1stアルバムの代表曲である“家族の風景”、照明に照らされた彼の姿がステージの背景で文字通りに揺れた“光と影”は、生まれながらにして人間に備わっている孤独感さえもありのままに浮き彫りにしてみせた。

 
 

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『SHINJITERU』ツアー東京公演

2017年12月6日(水)
会場:東京都 東京 国際フォーラム ホールA

リリース情報

ハナレグミ『SHINJITERU』
ハナレグミ
『SHINJITERU』(CD)

2017年10月25日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64847

1. 線画
2. ブルーベリーガム
3. 君に星が降る
4. 深呼吸
5. My California
6. ののちゃん
7. 消磁器
8. 秘密のランデブー
9. Primal Dancer
10. 太陽の月
11. YES YOU YES ME

プロフィール

ハナレグミ
ハナレグミ

永積崇による、ソロプロジェクト。1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でソロ活動をスタート。これまでにオリジナルアルバム6枚をリリース。2017年10月、2年ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『SHINJITERU』をリリース。その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開