レポート

大比良瑞希、mei ehara、入江陽ら、五者五様のシンガーの競演

テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一
大比良瑞希、mei ehara、入江陽ら、五者五様のシンガーの競演

『未確認フェス』のグランプリ。17歳のリツキの荒々しくも繊細な歌

12月21日、音楽アプリ「Eggs」とCINRAの共同主催による無料音楽イベント『exPoP!!!!!』が、TSUTAYA O-nestで開催された。『exPoP!!!!!』といえば、毎度、ジャンルも世代もバラバラなメンツが揃うイベントだが、2017年最後の開催となったこの日は、登場した5組全員がソロ名義の「シンガーソングライター」であるという、珍しく統一感のある夜。

トップを飾ったのは、埼玉出身の17歳、リツキ。去年、10代限定の音楽コンテスト『未確認フェスティバル2017』でグランプリを受賞した青年だ。

リツキ
リツキ

リツキ

ギターを掻き鳴らしながら矢継ぎ早に言葉を乗せていく、そのスタイルに宿る速度とメロウネスは、どこか小山田壮平(AL)を想起させる。ステージの中央に立ちながら、それでも「片隅にいる」――そんな印象を与える彼の佇まいには、若さゆえの荒々しさと繊細さが同居しているようで、その「若さ」はとても生々しく、その音を通して聴き手にもダイレクトに響いてくる。

ときに地面に叩きつけるように、ときに虚空に向けて呟くように、独特の詩情を宿した楽曲たちを立て続けに披露した。

リツキ

リツキ

幼い子どものような無邪気さと、全てを包み込む母性を宿すシンガー・高井息吹

続いては、1993年生まれのシンガーソングライター、高井息吹。2ndアルバム『世界の秘密』リリース直後の出演となった彼女は、音大を卒業し、多くのCM楽曲も手がける才女だ。

高井息吹
高井息吹

高井息吹

キーボードの前にひとり鎮座した高井。彼女の柔らかく豊かな歌声、饒舌に躍動するメロディーは、幼い子どもが世界中の全ての謎と秘密に向かって「ねぇ、なんで?」と問いかける無邪気さを持ちながら、謎も秘密も全て「そのままでいいんだ」と包み込むような母性も宿している。高井がステージにいる間は、とても深く大らかな時が流れる感じがした。

高井息吹

高井息吹

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume104』

2017年12月21日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
mei ehara
入江陽
大比良瑞希
高井息吹
リツキ

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume106』

2018年2月22日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
showmore
TENDRE
and more

プロフィール

リツキ
リツキ

10代アーティスト限定『未確認フェスティバル2017』にて突如現れた17歳のシンガーソングライター。人生2回目のライブを満員の新木場STUDIO COASTで披露し、見事グランプリを受賞!審査員や関係者を騒然とさせた奇跡の歌声は、未来の音楽シーンを開く鍵となる!

高井息吹
高井息吹(たかい いぶき)

1993年生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。幼い頃から自分で聴いた音楽をピアノでアレンジし弾いていた。その後、吹奏楽やバンド等、様々なスタイルの音楽に触れる。日本のポップスやロックを中心に、クラシックやジャズ、オルタナティヴミュージック等に音楽的な刺激を受け、本格的に作詞・作曲・弾き語りを始めたのは19歳の頃。現在はバンド形態も含め、都内を中心にライブ活動を行っている。昨年12月にアルバム『世界の秘密』をリリースしたばかり。

入江陽
入江陽(いりえ よう)

1987年生まれ。東京都新宿区大久保出身。歌手。最新アルバムは『FISH』。映画音楽の制作も行う。最新作は映画『最低。』(原作:紗倉まな、監督:瀬々敬久)。2017年11月25日(土)より角川シネマ新宿ほか全国公開。

mei ehara
mei ehara(めい えはら)

1991年愛知県生まれ。学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。その後、歌唱を入れた音楽制作に移行し、may.eという名義で、これまでに計5作の自主制作作品を発表。Yogee New Waves、nakayaan(ミツメ)などのアルバムにゲストコーラスで参加。音楽活動のほか、文藝誌『園』主宰、写真やデザインなどの制作活動も行う。活動名をmei eharaと改め、2017年11月、カクバリズムより本格デビュー。

大比良瑞希
大比良瑞希(おおひら みずき)

東京出身のシンガーソングライター/トラックメイカー。作曲家/チェリストの伊藤修平をプロデュースに迎え、2015年ミニアルバム『LIP NOISE』のリリースでソロ活動をスタート。2016年、アルバム『TRUE ROMANCE』をリリース。2017年8月より3か月連続シングルのデジタルリリースを発表。Bjorkのカバーが話題になる他、エレキギターの演奏スタイルや歌声、サウンドからは、Feistや Lianne La Havas、ROOS JONKERと比較されることも。『FUJI ROCK FESTIVAL』のほか、『SUMMER SONIC』、『りんご音楽祭』、『音泉温楽』などフェスへの出演も多数。歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を集めている。コーラスワークでは過去にtofubeatsやLUCKY TAPES、Alfred BeachSandal×STUTSなど多数の作品に参加。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら