特集 PR

椿昇が発案 アート業界を覆す破天荒なアートフェアを京都で取材

『ARTISTS' FAIR KYOTO』
テキスト
島貫泰介
撮影:伊藤信 編集:宮原朋之
椿昇が発案 アート業界を覆す破天荒なアートフェアを京都で取材

重要文化財施設で開催された、アートフェアにはまったく見えない破天荒な試み

ここ数年、観光や地域振興と結びついたトリエンナーレや芸術祭が急増したが、美術品売買を目的とするアートフェアが一般的に知られるようになったのも近年の大きな変化だといえるだろう。イベントホールを白い仮設壁で区切り、そこに国内外の主要ギャラリーがブースを並べるのがアートフェアの標準的な風景だが、2月24日と25日に京都で開催された『ARTISTS’ FAIR KYOTO』は、そのどれとも似つかない。というより、まったくアートフェアに見えない。

『ARTISTS’ FAIR KYOTO』の会場となった京都文化博物館別館
『ARTISTS’ FAIR KYOTO』の会場となった京都文化博物館別館

重要文化財である京都文化博物館別館の広い吹き抜けの空間に、dot architectsの設計による鉄パイプと足場とフェンスで作った2階建ての構造物がそびえ立ち、その内外にペインティングや彫刻、インスタレーションといった出品作がびっしりと並ぶ。その風景は、まるで「アートによる歴史的建造物の不法占拠」といった趣きだ。

さらに面白いのは、参加するのがギャラリーではなく、アーティスト個人であること。約50組の作家ほぼ全員が作品前に常駐し、来場者やコレクターと作品販売のやり取りを直接行い、会場はまるで戦後の闇市のような活気に満ちている。

プレス内覧会時の会場内の様子。会期中は一時入場規制されるほどの盛況ぶりだった / Photo:前端紗季
プレス内覧会時の会場内の様子。会期中は一時入場規制されるほどの盛況ぶりだった / Photo:前端紗季

VIPも一般人もアーティストも、みんな等しく大混乱に巻き込まれる、この破天荒なアートフェアは、どのような意図で実現に至ったのだろう? ディレクターである椿昇に話を聞いた。

椿:これまでにも京都市内ではいくつかのアートフェアがありました。それも受けて今回の企画が立ち上がったのですが、はっきり言ってアートフェアをやる気はさらさらなかったんです。

『ARTISTS’ FAIR KYOTO』でやろうとしたのは、新しいシステムを立ち上げること。ギャラリーがあり、アーティストがいて、ミュージアムがあるっていう構造は既にあるものだけど、予算減や企画内容の硬直など、日本のいたるところで限界を迎えている。

その一方、中国を中心とするアジア各国は経済力を確実に高めていて、日本の存在感はますます弱まっている。だからビットコインのような新しいシステムを作らないと、僕らはアートの世界で勝てないと思ったんですよ。

椿昇(『ARTISTS’ FAIR KYOTO』ディレクター)
椿昇(『ARTISTS’ FAIR KYOTO』ディレクター)

「アーティストが自ら作品を売るシステムは、言ってみれば作家から顧客へのアートの産直販売(笑)」(椿)

自身も1980年代から活躍するアーティストである椿の発言には、実感が強く伴っている。椿によると、1990年代以降の日本人作家の代表作の多くが海外コレクターやアジアの巨大美術館に購入され、日本の美術館に収蔵されている数はごくわずかなのだという。

絵画が無造作に展示されている会場内
絵画が無造作に展示されている会場内

国際的なアートマーケットでは、有名美術館が大型個展を開催し、かつ作品を所蔵することで、作家と作品の知名度と市場価値は保証される。それが安心材料となって、コレクターたちは変動の少ない優良商品として現代アートを買い求めるようになる。

したがって、国内美術館に収蔵される機会に恵まれない日本人作家の作品は、自国内において市場価値が保証されにくく、なかなか収集の対象にならない。コレクターたちにとって、日本の作品は投機する商品として魅力的に映らないのだ。

椿:原因はもちろん日本の経済力の減衰であるけれど、旧態依然としたシステムの変わらなさのせいでもある。だから今回は、アーティストが自ら作品を売るシステムを採用したわけ。言ってみれば作家から顧客へのアートの産直販売(笑)。

いまやインターネットで国境を越えて直結できる時代でしょう? 日本のアートにも革命が必要なんですよ。実際、美術館の館長やキュレーターがアーティストになることは、海外では珍しくない。だったらアートフェアも自分たちでやってもいい!

椿昇

Page 1
次へ

イベント情報

『ARTISTS' FAIR KYOTO』

2018年2月24日(土)、2月25日(日)
会場:京都府 烏丸御池 京都文化博物館 別館
時間:10:00~18:00
料金:1,000円

プロフィール

椿昇(つばき のぼる)

京都市立芸術大学美術専攻科修了。1989年のアゲインストネーチャーに「Fresh gasoline」を出品、展覧会のタイトルを生む。1993年のベネチア・ビエンナーレに出品。2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》を発表。2003年、水戸芸術館にて9.11以後の世界をテーマに「国連少年展」。2009年、京都国立近代美術館で個展「椿昇 2004-2009:GOLD/WHITE/BLACK」を、2012年、霧島アートの森(鹿児島)にて「椿昇展“PREHISTORIC_PH”」を開催。2013年瀬戸内芸術祭「醤+坂手プロジェクト」ディレクター。青森トリエンナーレ2017ディレクター。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催