レポート

カネコアヤノ、uri gagarnら、ジャンルレスな個性が響き合う

インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:Kana Tarumi 編集:山元翔一
カネコアヤノ、uri gagarnら、ジャンルレスな個性が響き合う

まっすぐ、不安定なまま、衝動的に。カネコアヤノの、歌うたいとしての誠実な姿

3番手に登場したのは、カネコアヤノ。ステージだけでなく作品においても、弾き語りとバンドセットでのアウトプットを使い分ける彼女だが、この日は、林宏敏(Gt / ex.踊ってばかりの国)、木村拓磨(Ba / Gateballers)、Bob(Dr / HAPPY)という3人のサポートメンバーを引き連れたバンドセットで登場した。

カネコアヤノ
カネコアヤノ

カネコアヤノ

そのステージングは、「不安定であること」をそのまま受け入れ、音像に変換したようなもの。カネコアヤノは、ステージの上で幸せなフリをしたり、「こうするべきだ」というメッセージを投げかけるようなことはしない。ただ、自分自身の日々や感情の不安定さに身をもたげる。そして、その中にある「幸せだ」と言い切りたい瞬間とか、「抱き合いたい」という願い、抱き合ったときの温度、「どうでもいいじゃんっ!」という衝動、そして「幸せになりたい」という祈り――それらを、そっとすくいあげる。

カネコアヤノ

カネコアヤノ

彼女の音や言葉は、その圧倒的な動体視力で、一瞬一瞬で移り変わっていく人間の感情や目線の動きを克明に捉える。「言い切れない」ということはとても確かなことだし、「祈る」という行為もまた確かなことなのだと、その演奏を聴いていると感じるのだ

カネコアヤノ

カネコアヤノ

uri gagarn、人懐っこい「揺らぎ」のハードコア

そして、この日のトリを飾ったのはuri gagarn。現在活動休止中のgroup_inouでMCを務める「cp」こと威文橋(Vo,Gt)、そして元nhhmbaseの英(Ba)、川村(Dr)のリズム隊による3ピースハードコアバンドだ。

uri gagarn
uri gagarn

威文橋(Vo,Gt)
威文橋(Vo,Gt)

ハードコア、と言ってもuri gagarnには独特のファニーさ、人懐っこさがある。この人懐っこさは、「ファンクネス」と言い換えてもいいだろう。1曲目“Owl”から、フロアにも手拍子を誘導する威文橋。リズム隊の奏でるファンキーなビートに、フロアも揺れ始める。曲によっては激動を、あるいは静寂を操りながら、それでも、そのパフォーマンスには常に一定の「揺らぎ」を維持しようとする強い意志を感じさせる。

威文橋(Vo,Gt)

川村(Dr)
川村(Dr)

彼らは、表現が観念的になりすぎることを嫌っているのかもしれない。エモーショナルになりすぎることもなく、ストイックになりすぎることもなく、脈打つ音の運動のなかに込められた意志。そこにただ、感動させられるのだ。

uri gagarn

英(Ba)
英(Ba)

そして、アンコールでは全てのタガが外れたかのように、疾風怒濤のハードコアパンクを聴かせて去っていった。その圧倒的な速度にもまた、感動させられたのだった。

威文橋(Vo,Gt)

uri gagarn

uri gagarn、カネコアヤノ、AAAMYYY、Opus Inn……振り返ってみれば、4組ともが「こうだ!」とは言い切れない、多面的な魅力を持ったアーティストたちだった。こんな「言い切れない夜」もまた、とても幸せな夜だ。

Opus Inn
Opus Inn

AAAMYYY
AAAMYYY

カネコアヤノ
カネコアヤノ

uri gagarn
uri gagarn

Page 2
前へ

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume107』

2018年3月29日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
AAAMYYY
カネコアヤノ(バンドセット)
uri gagarn
Opus Inn
料金:無料(2ドリンク別)

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume108』

2018年4月26日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
折坂悠太(合奏)
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
The Songbards
your gold, my pink
and more!!!!!
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

Opus Inn
Opus Inn(おーぱす いん)

Vocalの堀内美潮とGuitarの永田誠による神戸発2人組ユニット。共通のルーツである60年代からのR&B、Soul、Rock、AOR、また近年のR&B、Electronica、Hiphop等あらゆるジャンルを昇華させた楽曲が注目を集め始めている。2016年頃から2人でトラック制作を開始し、2017年からSoundCloudにて楽曲を公開。サポートメンバーを含めた構成でのLive活動を行っている。2017年12月に1st EP『Time Gone By』リリース。

AAAMYYY
AAAMYYY(えいみー)

長野県出身のSSW / トラックメイカー。CAを目指しカナダに留学、帰国後22歳から音楽制作を始める。2017年からソロとしてAAAMYYY(エイミー)名義で活動を開始。ロックバンド"Tempalay"のサポートをはじめ、「KANDYTOWN」のメンバー呂布のゲストボーカル、ラジオMC、モデルとして幅広く活動し注目を集める中、2017年に突如自主リリースされ即完売した4曲入りテープ『WEEKEND EP』に、2018年2月リリースの4曲入りテープ第2弾『MABOROSI EP』を加えた計8曲、RyohuやTENDREをフィーチャリングした楽曲を収録した『MABOROSI WEEKEND』が遂に全国配信開始。

カネコアヤノ
カネコアヤノ

シンガーソングライター。これまでミニアルバム1枚、フルルバム2枚をリリース。弾き語りとバンド形態でライブ活動も展開中。音楽活動にとどまらず、舞台 / 映画 / モデルなど多方面で活動する。2016年4月には初の弾き語りアルバム『hug』、さらに11月にEP『さよーならあなた』を発表。2017年4月に2ndEP『ひかれあい』、2017年9月には初のアナログレコード『群れたち』をリリース。2018年4月25日、3枚目となるフルアルバム『祝祭』を全国一斉発売する。

uri gagarn
uri gagarn(ゆーり ががーん)

都内を中心に活動する、威文橋 / Bunkyo(Gt,Vo)、英 / Hide(Ba)、川村 / Kawamura(Dr)からなる3ピースバンド。これまでに3枚のアルバムと1枚のシングル、LOSTAGEとのスプリット7inchを発表。その独特なサウンドから、日本語詩ながらも来日アーティストのサポートも多く、過去にSebadoh、Mineral、764-hero等と共演。2016年、1stシングル『Face』を発表。『FUJI ROCK FESTIVAL '16』に出演。オルタナティヴロックをベースに、様々なジャンルからエッセンスを吸収し、uri gagarn独自の世界観を構築している。2018年4月4日、ニューアルバム『For』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催