レポート

ウェス・アンダーソンが来日 『犬ヶ島』日本公開に「この瞬間が僕のゴール」

テキスト:
後藤美波
ウェス・アンダーソンが来日 『犬ヶ島』日本公開に「この瞬間が僕のゴール」

「映画のアイデアが浮かんだ日からこの日を楽しみに」

ウェス・アンダーソン監督の新作映画『犬ヶ島』のイベント『「犬ヶ島」公開記念スペシャル・ナイト』が、本日5月21日に東京・渋谷のユーロライブで開催。ウェス・アンダーソン監督と、同作で声優を務めたコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市が登壇した。

『犬ヶ島』は近未来の日本を舞台にしたストップモーションアニメーション。予告編上映に続いて4人が客席から入場すると会場は大きな拍手で包まれた。

『ライフ・アクアティック』が公開された2005年以来のプロモーション来日となるウェス・アンダーソンは「6年前からこの映画を製作していたが、一番最初にアイデアが浮かんだその日から私はこの日を楽しみにしていました」とコメント。

ウェス・アンダーソン監督
ウェス・アンダーソン監督

10代の時に見たという『タンポポ』(監督:伊丹十三)や『羅生門』をはじめとする黒澤明作品など、影響を受けた日本映画のタイトルを挙げつつ、「この映画の舞台になっている日本は僕のイマジネーションの中の日本です。日本の文化や日本の人々、日本の映画からインスピレーションを受けた『僕の日本』をこの映画の中で描きました」「この映画が頭に浮かんだその日から、このような舞台で日本の観客を前にお話しすることを思い描いていた。この瞬間が僕のゴールだったんです」と映画の舞台となった日本での公開を喜んだ。

ストップモーションアニメは「手作りの職人と仕事ができる。それが最大の喜び」

ウェス・アンダーソン監督にとって『犬ヶ島』は、2011年公開の『ファンタスティックMr.FOX』以来のストップモーションアニメ作品となる。

ストップモーションアニメと実写映画の魅力の違いを尋ねられると「僕がストップモーションアニメーションで一番好きなのは、アンディ(・ジェント)のようにパペットを作る人、セットや小道具を作る人など、手作りの職人と仕事をすることができること。それが最大の喜び」と明かす。

ウェス・アンダーソン監督

そして「ストップモーションはとても古風な手法だと言えるでしょう。今は色んな技術があるけど、1つ1つ動かして1コマずつ撮影していくやり方は、映画の歴史が始まってからずっと続いているものだし、それに携わることは僕の1つの夢でした」

「キャラクターに命を吹き込むのは半分が声優の仕事。残りの半分はアニメーターが少しずつパペットを動かして演技を付けていくことによって生まれると僕は思う。今回参加してくれたアニメーターは世界でも有数の方々です。まるで魔法をかけているみたいに、物体のはずのパペットが彼らが動かすことによってものを考え、感じる1つの生き物にみたいになるんです」とアニメーターの仕事に感銘を受けたと明かした。

左から:ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン
左から:ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン

キャスター役・野田洋次郎のキャスティング裏話も

キュートなパペットたちの動きだけでなく、多彩な声優陣も同作の見どころの1つ。今回来日したコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラムやエドワード・ノートン、ビル・マーレイ、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、オノ・ヨーコ、ティルダ・スウィントンらに加えて、日本からも野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリといった面々が参加している。

キャスティングディレクターを務めた野村訓市は「ウェスとは長い付き合いで、彼は家族みたいな温かい付き合いをする人。だから日本のキャストを集める時もお互いを知っている方が良いなと思っていた」とキャスティングの背景を明かし、「監督と話してそれぞれのキャラクターがどういう人なのかを細かく聞いていたので、そのイメージに年齢や恰好が近い人、なおかつ言うことを聞いてくれそうな友達を集めて声をかけた」と笑わせた。

またニュースキャスター役を演じた野田洋次郎は、当初は違う役を演じる予定だったという裏話も。野田がセリフを読んだ音声を聞いた監督が「この声はニュースキャスターに向いてる声」と判断し、役が変更になったという。野村は「(映画には)短いながらも色んな人が出ているので、見ながらこの声は誰の声かを見つけるのも楽しい見方かも」と話した。

左から:声優を務めたジェフ・ゴールドブラム、野村訓市
左から:声優を務めたジェフ・ゴールドブラム、野村訓市

11歳の主演声優コーユー・ランキン、苦労したのは「全部」

2007年生まれの主演声優コーユー・ランキンはアフレコを振り返り「ウェス監督はとても優しくて、僕は最初はとても緊張していたけど、ウェス監督が落ち着いてたので僕も落ち着いた」と初々しく語る。

セリフを言うのは難しかったか、どこに苦労したか?という質問には「難しかったです」「(苦労したのは)全部です」と答え、「『ベルリン映画祭』で映画を初めて見たときは感動しました。ストップモーションとは思えないくらい色や音がすごくて、本当に良い映画です」とアピールした。

左から:ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン

一方のジェフ・ゴールドブラムは『グランド・ブダペスト・ホテル』『ライフ・アクアティック』に出演するなど、ウェス・アンダーソン作品の常連。今回はゴシップ好きの犬・デュークの声を演じている。

「ウェスやアンディ、訓市たちは長い間この映画に関わったということだが、私の場合は脚本を読み、スタジオに行って、2時間レコーディングしただけ。しかもその時監督はニューヨークにいたので、遠隔から私は演出されて2時間の仕事を終えた。それだけなんです」と笑わせつつ、「この映画は1回以上見るべき。魔法がかけられたような素晴らしさがある。ウェス・アンダーソンは才能溢れる歴史に残る監督だと思う。とにかく素晴らしい体験をしたということを力説したい」と熱く語った。

左から:ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム

ウェス・アンダーソン「日本に対する敬愛を感じていただければ幸せ」

イベントでは来場者の質問に監督が答えるコーナーも。

ウェス・アンダーソンの作品を「孤独」という視点から研究しているという観客に「孤独」というテーマについて尋ねられると、「『犬ヶ島』の主人公・アタリは両親を亡くして孤独を感じている。1人の少年には荷が重すぎるようなことに、孤独の中で挑みます。『孤独』はこの映画の大きな部分を占めると思う」と回答し、さらに「いつか作りたいと思ってる物語が頭の中にある。いつになるかわからないけどこの題材は僕にとって重要なので、いつかは『孤独』をもっとフィーチャーした映画を作りたいと思っています」と明かした。

左から:野村訓市、ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン

最後にウェス・アンダーソンはトークを次のように締めくくった。

「心を込めてこの映画を作りました。日本に来れただけでも嬉しいし、映画を見て楽しんでくれたらそれ以上のことはない。同時にこの映画を作った人たちの日本の文化や映画、日本の人々に対する敬愛を感じていただければ幸せです」

左から:野村訓市、ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム

『犬ヶ島』は、「犬インフルエンザ」の大流行によって犬ヶ島に隔離された愛犬を探す少年と、犬たちの冒険を描いた作品。5月25日から全国で公開される。

作品情報

『犬ヶ島』

2018年5月25日(金)から全国公開
監督:ウェス・アンダーソン
声の出演:
ブライアン・クランストン
コーユー・ランキン
エドワード・ノートン
ビル・マーレイ
ジェフ・ゴールドブラム
野村訓市
グレタ・ガーウィグ
フランシス・マクドーマンド
スカーレット・ヨハンソン
オノ・ヨーコ
ティルダ・スウィントン
野田洋次郎(RADWIMPS)
村上虹郎
渡辺謙
夏木マリ
配給:20世紀FOX映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化