レポート

『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

佐伯享介(CINRA.NET編集部)
『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

展覧会『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』が、8月8日から東京・天王洲の寺田倉庫で開催。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を12月20日に控える『スター・ウォーズ』シリーズ。ルーカスフィルムとカナダ・モントリオールのX3プロダクションズが共同で手掛ける『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』は、『スター・ウォーズ』を体感できる世界巡回展の日本展だ。これまでに世界各地で約200万人を動員してきたという人気の展覧会が、ついに日本に上陸する。

開幕に先駆けて行なわれた内覧会の様子をレポートする。

『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』ビジュアル ©& TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.
『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』ビジュアル ©& TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

小道具、模型、衣装、オリジナルイラストなど200点以上を展示。市川紗椰は「最高。何時間もいたいです」

会場では「ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート」が所蔵するコレクションから、小道具、模型、衣装、オリジナルイラストなど200点以上を展示している。映画の中で実際に使用された小道具や模型、キャストたちが着用した衣装、コンセプトアートなど、『スター・ウォーズ』の世界を形作ってきたモノたちがずらり。ヨーダやポンダ・バーバの原画などは初展示となる。

トルーパーたちがお出迎え
トルーパーたちがお出迎え
C-3POやR2-D2も整列
C-3POやR2-D2も整列
ヨーダ
ヨーダ

等身大のチューバッカやドロイドたち、冷凍されたハン・ソロのオブジェ、ジャバ・ザ・ハットに囚われた際にレイア姫が着用していた衣服、ジェダイたちが集った様子などが目を引いたが、中でも圧倒的な存在感を放っていたのはやはりダース・ベイダーの衣装だった。

圧倒的な存在感を放つダース・ベイダー
圧倒的な存在感を放つダース・ベイダー
ジェダイ大集合
ジェダイ大集合
貴重な原画群
貴重な原画群
チューバッカの大きさが際立つ
チューバッカの大きさが際立つ

ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アートのアーカイブディレクター、レイラ・フレンチは同展について、「この展示は人間のアイデンティティーを3つの角度から捉えています。1つは起源。我々はどこからやって来たのか。2つ目は影響。我々は誰に、何に影響を受けて育っていくのか。最後は選択。我々は大人になってどんな選択をするのか。こういった観点から展示を構成しています」と説明してくれた。なお展示物はロサンゼルスに設立されるルーカスフィルムミュージアムに収蔵されるので、日本での展示機会は最後になる可能性が高いとのこと。

左からストームトルーパー、市川紗椰、レイラ・フレンチ(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター)
左からストームトルーパー、市川紗椰、レイラ・フレンチ(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター)

日本展アンバサダーを務める市川紗椰は、展示について「一言で言うと、最高。マニアならわかる展示もあります。大充実だと思います。何時間も何時間もいたいです。私もまた来たいです」と語った。

『スター・ウォーズ』について知り、自らについても知る。10の問いかけに答えて、自分だけのオリジナルキャラクターを創造する「QUEST」。

展覧会の目玉の1つとなるのが、インタラクティブな「QUEST」だろう。入場時に配布されるID付きリストバンドを着用し、会場内にある10のインタラクティブスペースで問いに答えていくことで、自分の分身となるオリジナルキャラクターが作成される。そのパターンは5000万通り以上とのこと。会場の最後で創り上げたキャラクターのURLをメールで送ることができるほか、その場で大型ディスプレイに映し出すことも可能。

QUESTではリストバンドを使用して「問い」に答えていく
QUESTではリストバンドを使用して「問い」に答えていく
まずは種族選び
まずは種族選び
『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』日本展の様子
QUESTで作ったキャラクターを表示させられるスクリーンも
QUESTで作ったキャラクターを表示させられるスクリーンも

発行されるオリジナルキャラクターのページでは、自分の選択肢が反映されたプロフィールが確認できる。このページをシェアするのも楽しそうだ。

市川紗椰
市川紗椰

トークイベントで市川紗椰は、「QUEST」について「みなさんにはできるだけ真面目に問いに答えてほしい、というのが私の願いです。たとえば子供向けかも、とか、どちらかというと展示物が観たいという方でも、真面目にやるとびっくりするような結果が待っていると思います。キャラクターのビジュアルは種族や色が選べるのでファンとしての嗜好が出るんですが、最後に内面的なもののプロフィールが出来上がるんです。性格診断的な楽しみ方もできるのでは。質問は心理学に基づいて作っているので、『スター・ウォーズ』のことを知るだけでなく、自分について知ることもできる。不思議な不思議な展覧会です」と語った。

ジョージ・ルーカス「本展覧会は、一人一人に潜むアイデンティティーが何かを問いかける」

ジョージ・ルーカスは『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』について、以下のようにコメントしている。

スター・ウォーズはファンタジーの世界で展開されるストーリーのため、映画を見る人々が共感できる、わかりやすいキャラクター設定を心がけました。想像の世界から飛び出したようなキャラクター達は友人、敵、価値や信念などの背景を知って初めて彼らの真のアイデンティティーが見えてきます。本展覧会では、スター・ウォーズのキャラクターを改めて同じ目線で見て、共感して、一人一人に潜むアイデンティティーが何かを問いかけます。

ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』創作にあたって大きな影響を受けたという神話学者ジョーゼフ・キャンベルは、対話集『神話の力』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫刊)で、「人々はよく、われわれみんなが探し求めているのは生きることの意味だ、と言いますね。でも、ほんとうに求めているものはそれではないでしょう。人間がほんとうに求めているのは、<いま生きているという経験>だと私は思います」と語り、その経験を得る方法の1つとして「神話を読むこと」を挙げている。

善の力と悪の力の戦いを描いた現代の神話としての『スター・ウォーズ』。その世界観に浸りながら、インタラクティブな「QUEST」による自己への問いかけを経て、新たな自分を発見する。『スター・ウォーズ』が40年以上にわたって世界中の人々にもたらしてきた「いま生きているという経験」を、より深く体験できるのが『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』であると言うこともできるだろう。

「ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート」ディレクターは「この展示は私が手掛けた中でもっとも気に入っている展示」とアピール。市川紗椰のマニアトークも。

左から市川紗椰、レイラ・フレンチ(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター)
左から市川紗椰、レイラ・フレンチ(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター)

トークショーには市川紗椰とルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アートのアーカイブディレクター、レイラ・フレンチが登壇。フレンチは、アナキン・スカイウォーカーが新三部作で乗っていたスピーダー・バイクの部品の一部にオーストラリアの郵便ポストの一部が使用されている、といったエピソードを明かしたほか、市川紗椰は「ボバ・フェットの衣装はもともとEP5と6の2種類あるんですけど、今回はどっちが来ているのかと思って聞いてみたところ、EP5の『帝国の逆襲』のときの衣装だそうです。目印は手袋の腕カバーの色がちょっと薄いというところ。それを聞いときものすごく興奮しました」と『スター・ウォーズ』マニアぶりを発揮した。なお市川紗椰はシドニー展での「QUEST」では自らの種族を「カミーノアン」に選んだとのことだが、「何度やっても楽しめる」と語った。

左から市川紗椰、レイラ・フレンチ(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター)、ダース・ベイダー
左から市川紗椰、レイラ・フレンチ(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター)、ダース・ベイダー

レイラ・フレンチは「この展示は私が手掛けた中でもっとも気に入っている展示です。ようやく日本に持ってくることができて嬉しいです。次の目的地に行くまでにぜひ足を運んでください。QUESTは初の試みということもあり、おすすめです。家族や友人など、身近な方々と一緒に試してみると楽しいかもしれません」と語った。

展示は2020年1月13日まで実施。前売チケットは現在販売中だ。Tシャツやポスターなどのオリジナルグッズも販売される。

11月1日から2020年1月13日までの会期後半分の前売チケットは、9月6日12:00から販売される。なお同展には、これまで4万人を超える来場者が訪れているとのこと。(2019/9/5追記)

『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』オリジナルグッズ
『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』オリジナルグッズ

イベント情報

『STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition』

2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月・祝)
会場:東京都 天王洲 寺田倉庫 G1-5F
時間:10:00~19:00(入場は閉場の30分前まで)
休館日:9月9日、10月21日、11月18日、2020年1月1日~1月3日
料金:
前売 中学生以上3,200円 小学生以下2,000円 親子チケット10,000円
当日 中学生以上3,500円 小学生以下2,300円
※親子チケットは小学生以下1人以上含む家族4人)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も