特集 PR

現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

『LUMINE ART FAIR -My First collection-』
インタビュー・テキスト
塩谷舞
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

私の通っていた中学校では、どの部活も「相対的に」弱かった。

というのも、学区の中で飛び抜けて生徒数が少ない中学だったので、野球部は5人しかいないし、サッカー部も6人しかいない。そんな状況なので、チームを組むには昨日入部した1年生でも頭数に入れなきゃいけない。同じ学区内のマンモス校ではその5倍は部員数がいるのだから、そりゃあ強いに決まってる。運動部はいつも負け戦に挑んでいたし、それ故にプライドも低くて牧歌的だった。

生徒数が少ないというのは、どうにもならない。中学校の校区内にタワーマンションを建てるくらいしか解決策が思いつかない……ということは、生徒側の努力ではマジでどうにもならないのだ。

その世界で熾烈なトップ争いに参加したければ、プレイヤーの母数が多い場所に身を置くほうがずっと有利だ。強いチームで野球をやりたいという理由で、「弱小野球部」を卒業後、大阪から東北の高校に進学したクラスメイトの男子もいたっけな。

──アーティストをやっている夫とニューヨークに越して来て、ニューヨークのアートシーンに触れる度、そんな中学時代の記憶がふと蘇った。

私は京都の芸大に通い、卒業後は東京でこのカルチャーメディアCINRA.NETを運営する会社に3年間勤めていた。10代の頃からずっとアートや芸術と呼ばれるものの近くで過ごしてきて、そのダイナミズムも人一倍味わってきたつもりではあるのだが、ニューヨークという大都会を前に「あぁ、ここはなんたるマンモス校よ……」と、生徒数ならぬ、アーティスト数の多さ、規模の大きさにひっくり返ってしまうのだった。

さて。この原稿では、10月12、13日に新宿のルミネゼロで開催されるアートイベント『LUMINE ART FAIR -My First collection-』にニューヨーク産のアートが運び込まれることにかこつけて「ニューヨークのアートシーン」について伝えていかねばならない。しかし、相手はマンモスなのだ。

私が目にした景色を断片的に伝えていきたいのだけれど、どうかそれだけでニューヨークのアートシーンなるものを判断せず、ほんの「見出し」だと思って読んで欲しい。そして気になる「見出し」が見つかれば、その後はぜひそれぞれにGoogleやInstagramを駆使しつつ、深みへと進んでいただきたい。

それでは、人種と欲望と叫びと遊び、そして巨大資本とイリーガルなカウンターカルチャーが闇鍋のごとく入り乱れるニューヨークのアートシーンについて、駆け足で触れていこう。

ジェフ・クーンズやKAWS、世界のトップアーティストたちのスタジオ

美術館で個展を開催するような名だたるアーティストの多くは、郊外に大きなアトリエを構える。そのほうが制作に集中できるし、巨大な作品を作るスペースも確保しやすい。しかしニューヨークという大都会のど真ん中に、広大なスタジオを構えるアーティストもいるのだ。

ジェフ・クーンズ『Seated Ballerina』(撮影:AKI INOMATA)
ジェフ・クーンズ『Seated Ballerina』(撮影:AKI INOMATA)

存命アーティスト最高落札額を誇るアメリカ生まれのアーティスト、ジェフ・クーンズ。最近多くの従業員を解雇したらしいのだが、それでも彼のスタジオは、マンハッタンの最もホット(かつ拝金的)なエリアであるハドソンヤードの大きなビル2フロアを貸し切って作られている。

Vessel
Vessel

この巨大すぎる建造物・VesselをSNSか何かで目にしたことがある人も多いかもしれないが、イギリスのトーマス・ヘザーウィックによるこの作品も、ジェフ・クーンズのスタジオとご近所さんだ。

他にも、パフォーミングアーツのために作られた近未来のサーカステントのようなThe Shedや、ザハ・ハディドの手掛けたコンドミニアムなど、同エリアには個性豊かな大物建築が建ち並ぶ。アメリカ資本主義の総本山(2019年ver)を拝みたければ、ハドソンヤードへの参拝がお勧めだ。

The Shed
The Shed
ザハ・ハディドの手掛けたコンドミニアム
ザハ・ハディドの手掛けたコンドミニアム

一方、「今最もヒップなエリア」として雑誌に紹介されることも多いブルックリンのウィリアムズバーグには、同じく「今最も旬なアーティスト」として紹介されるアメリカ人アーティスト、KAWSのスタジオが誕生した。内装を手掛けたのは建築家の片山正通だ。

KAWSは、カニエ・ウェストやDiorやユニクロ、そして世界中の美術館からも一身にラブコールを受ける時代の寵児。そんな彼を育んだのはアートの世界というよりも、ヒップホップやディズニーアニメーションなどのポップカルチャーだ。

ニューヨークで出会うアーティストたちと食事をしていて「尊敬するアーティストは?」という話になれば、真っ先に彼の名前が挙がる。アート、ファッション、ストリートカルチャーを身軽に超越するKAWSの生き様を尊敬するアーティストは数知れず、彼が切り拓いた道を歩くフォロワーの多さはそのまま、KAWSという現象が美術史に与える衝撃の大きさにもなる。

ニューヨークには、アート産業に関わる人だって沢山いる。とあるホームパーティーで出会ったアメリカ人の女性があまりにも流暢に日本語を話すので「どうしてそんなに上手なの?」と尋ねたら「だって、私のボスが日本人だから!」と答えた。

彼女の勤務先は、ロングアイランドシティにあるKaikai Kikiのニューヨークオフィスらしい。ボスというのは言うまでもなく、村上隆だ。

Page 1
次へ

イベント情報

『LUMINE ART FAIR -My First collection-』
『LUMINE ART FAIR -My First collection-』

5万円以下の作品を紹介する「アフォーダブルエリア」、ニューヨークで活躍する若手アーティストの作品を集めた「From New Yorkエリア」、国内有数の11のギャラリーがおすすめ作品をセレクトする「ギャラリーセレクトエリア」の3つのエリアに会場を区分し、アート作品の展示・販売を行う。そのほか、トークショーやライブペインティングの実施や、アートの購入方法や飾り方のアドバイスをしてくれるアートコンシェルジュサービスも。

2019年10月12日(土)11時~19時、10月13日(日)11時~18時
会場:
LUMINE 0(ルミネゼロ)NEWoMan SHINJUKU 5F
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24‐55

料金:無料
出展ギャラリー:
hpgrp GALLERY TOKYO
TOMIO KOYAMA GALLERY
GALLERY KOGURE
EINSTEIN STUDIO
HARMAS GALLERY
s+arts
EUKARYOTE
LAD Gallery
KOMIYAMA TOKYO
Röntgenwerke AG
TEZUKAYAMA GALLERY
※台風19号の影響により、10月12日の開催は中止になりました。10月13日は開催を予定していますが、天候の状況および公共交通機関の運行状況により変更になる可能性もあるとのこと。(2019/10/11追記)

プロフィール

塩谷舞(しおたに まい)

オピニオンメディアmilieu編集長・文筆家。大阪とニューヨークの二拠点生活中。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。2012年CINRA入社、2015年から独立。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも