特集 PR

田丸雅智×曽我部恵一が語る、やらざるを得ないからやるのが創作

DJ MARUKOME
インタビュー・テキスト
大北栄人
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
田丸雅智×曽我部恵一が語る、やらざるを得ないからやるのが創作

DJ MARUKOMEによる、カレー&発酵の配信トークイベント開催。多すぎる要素をまず解説

去る8月5日は発酵の日だそうだ。ステイホームで家にいがちの私たち。気温は高くなり、いよいよ私たちの中で文化が発酵しつつあるのではないか。ここらで一つ、創作で爆発させるという手はないだろうか。

というのも2020年8月5日に『DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー第2弾発売 発酵の日記念「真夏のショートショート食堂」supported by CINRA』という配信イベントが開催されたのだ。

現代ショートショートの旗手として情熱大陸にも取り上げられた田丸雅智さんと、サニーデイ・サービスやソロでの音楽活動や最近では小説『メメント・モリタ』の執筆、東京・下北沢に「カレーの店・八月」もオープンさせた曽我部恵一さん。イベントではこの二人をお迎えして、創作との付き合い方を伺ったり田丸さんのショートショート創作ワークショップを行った。

左から:田丸雅智、曽我部恵一
左から:田丸雅智、曽我部恵一

ここでこの情報量の多いイベントタイトルをいったん整理させてください。そもそもDJ MARUKOMEとは何なのか。どうやら「お味噌のマルコメ」のあのマルコメ君というキャラクターは、2016年にDJ MARUKOMEという名前で音楽活動も始めたそうなのだ。

「マルコメマルコメ♪」のあのキャラクターが今やDJをしているのか……という事実を知って、一回ヒザをつかせてください。はい、続けます。そしてそのDJ MARUKOMEがレトルトカレーを発売した。それが食料品専門店の北野エースが展開する、まるで書店の本棚のようなカレー売り場「カレーなる本棚®」で買える「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」シリーズであり、第2弾は田丸雅智さんの書き下ろしショートショートが封入されることになったのだ。そのカレーの発売日がこの日、発酵の日だった、という情報が詰め込まれてこんなイベントタイトルになっている。

「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」。左が第1弾、右が第2弾。それぞれU-zhaan(タブラ奏者)と田丸雅智による読めるコンテンツが同梱されている
「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」。左が第2弾、右が第2弾。それぞれU-zhaan(タブラ奏者)と田丸雅智による読めるコンテンツが同梱されている(公式サイトを見る
DJ MARUKOMEのデビュー作となったDJ MARUKOME feat.ゆるふわギャング“Kitchen”

カレー店店主の曽我部が食す、スパイシーな大豆のお肉カレー

イベントはそんなカレーを曽我部さん田丸さんが食すことからはじまった。曽我部さんは好きな食べ物としてカレーを挙げるほどで、あちこち食べ歩いた末に最近では「カレーの店・八月」を下北沢に出した。しかも緊急事態宣言のあった今年の4月にだ。その準備はというと「ひたすら試食ですね」とのこと。しかも一口とかではなく一食まるごと試食するんだそうだ。試食も大変だ。

「あ、これ好きなやつ。酸味が効いてて」と読めるスパイスカレーを食べた曽我部さん。「しかもこれ、ひき肉は使ってないんですよね!?」と田丸さん。ここで初めて知ったのだが今マルコメでは大豆を肉の代わりとして扱う「大豆のお肉」なるものを作っていて、すでにスーパーの精肉コーナー付近に並んでいるらしい。マルコメ君がDJやるわ、大豆のお肉のカレー作るわ、何だか色んなことになってるのである。

曽我部恵一(そかべ けいいち)<br>1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。1990年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト / ギタリストとして活動を始める。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル『ギター』でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント / DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス / ソロと並行し、形態にとらわれない表現を続ける。
曽我部恵一(そかべ けいいち)
1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。1990年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト / ギタリストとして活動を始める。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル『ギター』でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント / DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス / ソロと並行し、形態にとらわれない表現を続ける。
田丸雅智(たまる まさとも)<br>1987年、愛媛県生まれ。2011年、『物語のルミナリエ』に『桜』が掲載され作家デビュー。2012年、樹立社ショートショートコンテストで『海酒』が最優秀賞受賞。『海酒』は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、現代ショートショートの旗手として幅広く活動している。
田丸雅智(たまる まさとも)
1987年、愛媛県生まれ。2011年、『物語のルミナリエ』に『桜』が掲載され作家デビュー。2012年、樹立社ショートショートコンテストで『海酒』が最優秀賞受賞。『海酒』は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、現代ショートショートの旗手として幅広く活動している。
二人が食べた「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」。大豆のお肉が本物のひき肉のようでジューシー
二人が食べた「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」。大豆のお肉が本物のひき肉のようでジューシー
Page 1
次へ

イベント情報

『DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー第2弾発売 発酵の日記念「真夏のショートショート食堂」supported by CINRA』

日程:2020年8月5日(水)

キャンペーン情報

「あなたの作品が『読めるカレーになる』キャンペーン」

短くて不思議な小説、ショートショート。
DJ MARUKOMEといえば「味噌」。今回のテーマは「味噌」です!
あなたが思う味噌はどんなものか、是非想像してみてください!
「DJ MARUKOME大賞」を受賞された方の作品は、「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」第4弾に封入予定!

商品情報

「DJ MARUKOME 読めるスパイスカレー」

第4のお肉「大豆のお肉」を使用。お肉好きの方にも美味しいこだわりのトマトベースでインドカレー風。隠し味の美麻高原蔵二年味噌が、自然な甘みとコクを醸し出します。

プロフィール

田丸雅智(たまる まさとも)

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』に『桜』が掲載され作家デビュー。2012年、樹立社ショートショートコンテストで『海酒』が最優秀賞受賞。『海酒』は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。坊っちゃん文学賞などにおいて審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、現代ショートショートの旗手として幅広く活動している。書き方講座の内容は、2020年度から使用される小学4年生の国語教科書(教育出版)に採用。2017年には400字作品の投稿サイト「ショートショートガーデン」を立ち上げ、さらなる普及に努めている。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。メディア出演に情熱大陸、SWITCHインタビュー達人達など多数。

曽我部恵一(そかべ けいいち)

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。1090年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト / ギタリストとして活動を始める。1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。1970年代の日本のフォーク / ロックを'90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント / DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス / ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察