レビュー

「母さんどこ行っちゃうの?」 家族の物語を描いた、傑作アルバム発表

CINRA.NET編集部
2008/12/12
「母さんどこ行っちゃうの?」 家族の物語を描いた、傑作アルバム発表

軟弱者のダメッ子ブリが発揮される一面は可笑しいが、ぶっといビートに切れ味鋭いギターが絡む男気満載のハードコア・パンクを鳴らす彼らのスピリットは本物。最新作『東京ファミリーストーリー』には、ボーカル=アクセル長尾の父親が登場。ただの余興のようでもあるが、そこで歌われる家族の物語は誰しもの心を打つ愛に溢れた本物の歌だ。「母さんどこ行っちゃうの?」という哀願にも似た一言、そして何となく過ぎ去っていく日々を歌った掲載曲、筆者は聴くたびに目頭が熱くなります。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

リリース情報

東京ファミリーストーリー
赤い疑惑
『東京ファミリーストーリー』

2008年10月10日発売
価格:2,415円(税込)
AKA-004 赤いプロダクション

1. 家族
2. 東京の家族
3. 東京ファミリーストーン
4. ドゥーワック赤い疑惑
5. 東京のボンボン
6. シアワセのカタチ
7. 就職してみたけれど
8. 1999
9. 何となく人生
10. ボンボンボーイズ赤い疑惑
11. あの時僕らは
12. 水曜の夜に
13. まだまだ生きていくんだ
14. オレとオヤジ

プロフィール

赤い疑惑

アクセル、クラッチ、ブレーキーという冗談まがいの軟弱ボーイズ3人組が東京バビロンを相手取り、パンクロック、ヒップホップ、レゲエ、アフリカ音楽、お囃子などを武器に闘争を開始。05年に発表された1st『東京フリーターブリーダー』が各地で評判を呼び、その赤裸裸な歌詞とサウンドスタイルは周囲の多くの若者およびバンドマン達から絶賛された。07年12月に表参道で行われたサウンドデモでの熱演は記憶に新しい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談