レビュー

オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを往復するコラージュグラフィックアーティスト

杉浦太一
オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを往復するコラージュグラフィックアーティスト

パっと見て、かっこいい。この「かっこよさ」を支える色彩とコラージュ。これは悲しいかな、凡人には真似できない「センス」という曖昧な言葉で片付けるしか仕方がない。彼女が操るビビットな色彩と、不規則なコラージュは、artlessやADAPTERよろしく、日本発の世界的に評価されている第一線のグラフィックデザインに位置している。

ただ、彼女の作品は「かっこいい」だけで素通りされない。第一線の手法やセンスを持ちながらも、西洋のどこか古めかしい人や風景をモチーフにすることで、「あれ、かっこいいけど、これ何だ?」という「異質さ」を見るものに感じさせるのだ。

当然、これらの西洋のモチーフは日本発ではない。グラフィックデザイン自体だって、欧米発の文化だ。でも、彼女の作品は、ノスタルジックな浮世絵なんかより、ずっと今の日本を感じさせる。「ものづくり日本」は欧米発の文化や技術をアレンジすることで育まれてきた、なんていう使い古された言い回しは御免被りたいが、カルチャーをミックスすることで、彼女の作品は、他にどこにもない輝きと驚きを見る者に与える。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

石井利佳

東京都出身/静岡県在住。フリーランスのコラージュグラフィックアーティスト、WEBデザイナー、音楽レーベル「Phaseworks」クルー、静岡産アート集団「脳内アスリート」企画・運営など幾つかのバックドアを持ちオーバーグラウンドとアンダーグラウンドを往復する日々を過ごす。常に音楽が傍にあり、心の琴線に触れる音ならば全て食し、Photoshopを通して心象風景にアウトプットすることをライフワークとする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開