レビュー

すぐに触れられる「生きている家具」と、近くにいるのに触れられない自分の「家族」

小林宏彰
2009/12/22
すぐに触れられる「生きている家具」と、近くにいるのに触れられない自分の「家族」

『SEKILALA』は、本年度の文化庁メディア芸術祭アート部門で優秀賞を受賞した作品だ。「バイオファニチャー」というネズミを拡張して造られた家具に囲まれて生きる、ある家族の姿を描いた物語である。すぐに触れられる「生きている家具」と、近くにいるのに触れられない自分の「家族」の間で揺れる父親の孤独感が描かれる。本欄で紹介するのは、WEBでの公開用に再編集された1分間バージョンだが、上映会場では必ず3面のスクリーンに映写する形態を取ってきた。それぞれのスクリーンでは、映画のシーンが始まりも終わりもなくランダムに上映され、観客自身が統合して物語を作り上げるという開かれた作品になっている。テーマを「家族」という普遍的なものに据えたのは、観客の感情移入を容易にするための仕掛けなのだろう。映画が「2次元でしかないこと」を疑い、3次元の意識を取り込みつつ表現を行ってきたSHIMURABROS.の面目躍如というべきか。『SEKILALA』が本当に完成するのは観客それぞれの頭の中であり、この作品の真の相貌は、2月3日から開催される、文化庁メディア芸術祭の会場で確かめるしか術はない。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

SHIMURABROS.

ユカ&ケンタロウによる姉弟ユニット。英国セントラル・セント・マーチンズ大学院映画・舞台芸術学部卒業。新たな映像装置の発明によって既存の枠をこえたイメージの実体化を企てる。カンヌ及びベルリン国際映画祭での上映をはじめ、ロンドン、パリ、プラハ、ウィーンなど、国外にも作品発表の場を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送