レビュー

すぐに触れられる「生きている家具」と、近くにいるのに触れられない自分の「家族」

小林宏彰
2009/12/22
すぐに触れられる「生きている家具」と、近くにいるのに触れられない自分の「家族」

『SEKILALA』は、本年度の文化庁メディア芸術祭アート部門で優秀賞を受賞した作品だ。「バイオファニチャー」というネズミを拡張して造られた家具に囲まれて生きる、ある家族の姿を描いた物語である。すぐに触れられる「生きている家具」と、近くにいるのに触れられない自分の「家族」の間で揺れる父親の孤独感が描かれる。本欄で紹介するのは、WEBでの公開用に再編集された1分間バージョンだが、上映会場では必ず3面のスクリーンに映写する形態を取ってきた。それぞれのスクリーンでは、映画のシーンが始まりも終わりもなくランダムに上映され、観客自身が統合して物語を作り上げるという開かれた作品になっている。テーマを「家族」という普遍的なものに据えたのは、観客の感情移入を容易にするための仕掛けなのだろう。映画が「2次元でしかないこと」を疑い、3次元の意識を取り込みつつ表現を行ってきたSHIMURABROS.の面目躍如というべきか。『SEKILALA』が本当に完成するのは観客それぞれの頭の中であり、この作品の真の相貌は、2月3日から開催される、文化庁メディア芸術祭の会場で確かめるしか術はない。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

SHIMURABROS.

ユカ&ケンタロウによる姉弟ユニット。英国セントラル・セント・マーチンズ大学院映画・舞台芸術学部卒業。新たな映像装置の発明によって既存の枠をこえたイメージの実体化を企てる。カンヌ及びベルリン国際映画祭での上映をはじめ、ロンドン、パリ、プラハ、ウィーンなど、国外にも作品発表の場を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く