レビュー

CINRA.NET編集部・野村が小型一眼“α”「NEX-5R」をオススメする4つのポイント

野村由芽
2012/11/16
CINRA.NET編集部・野村が小型一眼“α”「NEX-5R」をオススメする4つのポイント

驚くほど小さなボディーに、本格ミラーレス一眼デジタルカメラの誇るべきポテンシャルをギュッと凝縮した小型一眼“α”「NEX-5R」。CINRA編集部に出入りするカメラマンやカメラ好き男性陣の間でも、発売前から話題になっていた製品です。有名メーカーの製品も発売され、激戦の様相を呈しているミラーレス一眼の市場にSonyが自信を持って投入した新製品、ということばかりではなくて、そのカメラとしてのスペックの高さと、他にない充実した機能がとにかく注目を集めているのです。そこで今回、発売に先駆けて実機を触り、その魅力をレポートしてみたいと思います。

それにしてもとにかくこのカメラ、本当にすごくイイ。仕事に趣味にと写真を撮る機会も多い、コンパクトデジタルカメラからワンランク上への脱却を図りたいカメラ女子・野村が「NEX-5R」の魅力をお伝えします。


一眼ならではの、プロフェッショナルクオリティー

まずは「NEX-5R」のカメラ自体の機能を検証してみようと、パシャパシャと撮っていきました。ここまで小型で軽量となれば、さすがにデジタル一眼レフとまではいかないんじゃないかと思いきや……。

NEX-5R撮影写真 1/60、F3.5、ISO100、16mm
1/60、F3.5、ISO100、16mm

キレイなんですよ……。背景のボケ、色の階調のなめらかさ、暗所での撮影。どれをとっても、一眼レフと同等のクオリティー。それもそのはず、「NEX-5R」は、超小型・軽量ボディーにも関わらず、一般的なデジタル一眼カメラに採用されているAPS-Cサイズの大型イメージセンサーを搭載しています。つまりこのカメラ、一眼カメラらしい写真が撮れてしまうわけです。普段は一眼カメラを収納したカメラバッグを担いで取材に行くことも多いのですが、このサイズでこのクオリティーなら、もはやこっちの方が気軽に撮れて良いんじゃないかと思い始めているところ。


アーティスティックな感性を刺激する「ピクチャーエフェクト」

そしてこのクオリティーの高い写真を、豊富な「ピクチャーエフェクト」でアーティスティックに仕上げられるのも「NEX-5R」の魅力。ただ撮るだけではなく、観せる&観る楽しみも写真の面白さのひとつだと思うのです。実際ここ数年でスマートフォン用のカメラアプリが流行しているのは、普通の画像とはひと味違う写真を楽しみたいと多くの人が感じたからではないでしょうか。ということで、まずは普通に撮影してみました。

NEX-5R撮影写真 1/6、F3.5、ISO 800、16mm
1/6、F3.5、ISO 800、16mm

夜でも明るく、ほぼ見たままの写真が撮れていますね。やっぱり一眼だと、そもそもの写真のクオリティーが違います。さらにこれにエフェクトをかけると……。

NEX-5R撮影写真 ミニチュア+トイカメラ(ウォーム)、1/15、F3.5、ISO 800、16mm
ミニチュア+トイカメラ(ウォーム)、1/15、F3.5、ISO 800、16mm

ミニチュアになって、アーティスティックな風景に様変わり! 時には、自分でも思ってもみなかった効果的な写真表現ができてしまい、「もしかして私、写真の腕上がった?」と思えたり(笑)。

さきほど、「豊富なピクチャーエフェクト」と何気なく書いていますが、その種類は内蔵されているだけでも15種類! 写真本来の光と影の芸術性を実感できる「ハイコントラストモノクロ」や「ソフトハイキー」、ボケ味をいかしたビビッドな写真を楽しめる「ミニチュア」、ラディカルな表現を楽しめる「ポスタリゼーション」、独特の色あいや陰影を楽しめる「トイカメラ」や「レトロフォト」などなど。気づいたら、自分の好きなエフェクトを探すのに夢中になっていました。


ネットワーク機能で、スマホ連携などカスタマイズが自由自在!

ピクチャーエフェクトのご紹介をしましたが、このアプリ、自分好みにさらに増やしていくことができます。それが、「NEX-5R」で初搭載された「Wi-Fi対応ワイヤレス通信」機能。“PlayMemories Camera Apps”にカメラからアクセスして、「ピクチャーエフェクト+」アプリを追加すると、カスタマイズカラーの「パートカラー」表現ができたり、「水彩画調」「イラスト調」が追加されたりと、より多彩な表現が可能になります。

NEX-5R撮影写真 パートカラー(イエロー・グリーンの2色)、1/20、F3.5、ISO 100、17mm
パートカラー(イエロー・グリーンの2色)、1/20、F3.5、ISO 100、17mm

もちろん、Wi-Fiがついていますから、共有やアップロードもカメラから直接できるようになっています。撮影した写真をその場でスマートフォンやタブレット端末に転送できるだけでなく、PCにワイヤレスで写真を転送して保存することも可能です。さらに、撮影した写真をFacebookなどのSNSに直接アップロードできる「ダイレクトアップロード」アプリもあります。一眼並みのクオリティーでエフェクトをかけた写真をその場で投稿できちゃうのです。

エフェクト系アプリから通信系アプリまで、自分の好みやライフスタイルによってどんどん進化していくカメラ。近未来、到来してます(笑)。


いつでもどこでもメモリアルに「自分撮り」!

最後にご紹介したいのが、「自分撮り」。本体後部のディスプレイモニターを引き上げて180度上方に回転させることで、前面でライブビュー画面を見ながら「自分撮り」ができちゃいます。「自分撮りなんて、カメラ付きのスマートフォンでもできるじゃない?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、「NEX-5R」の「自分撮り」機能は使い勝手もワンランク上です。ディスプレイモニターそのものが大型ですから、画角の調整がまずスムーズ。自分ひとりでも、複数人が集まった時でも、グリップ感のいい「NEX-5R」のボディーはアングル調整もしやすく、軽量なので女の子でも手軽に操ることができます。我がCINRA編集部でも、私が「自分撮り」を始めた途端に女子社員が集まってきて興味津々でした。

NEX-5R撮影写真 自分撮り/ミニチュア 1/60、F4.0、 ISO 500、16mm
自分撮り/ミニチュア 1/60、F4.0、 ISO 500、16mm

暗いシーンでも高画質な写真撮影が可能な「NEX-5R」での「自分撮り」は、女子会やホームパーティーの席、友達同士の旅行などでも大活躍すること間違いなし。おまけにそれをSNSにすぐにアップできちゃう。仕事でもプライベートでも、大活躍してくれそうです。


〜CINRA.NET編集部での、NEX-5Rの使用感〜

・一眼ならではの、プロフェッショナルクオリティー
・アーティスティックな感性を刺激する「ピクチャーエフェクト」
・ネットワーク機能でスマホ連携などカスタマイズが自由自在!
・いつでもどこでもメモリアルに「自分撮り」!


今回は、絞りに絞って上の4つのポイントをご紹介&レビューさせてもらいましたが、「NEX-5R」にはここでは書ききれないほど、充実の機能が満載でした。カメラ好きなら、「NEX-5R」のシャッターを切ってまず驚かされるのが、オートフォーカスの高速さ。動く被写体や、近くのものと遠くのものとで被写体を変えて合わせる時のピント合わせの速さは、これまでの小型一眼やデジタル一眼レフを知る人にとっては、感動的ですらあります。コンパクトで持ち歩きやすいカメラだからこそ、シャッターチャンスは逃したくないもの。しかも、それでアーティスティックな面白い写真が撮れたら、もっと楽しい。趣味からビジネスまで幅広いシーンで、クオリティーの高い写真を撮りたいなら「NEX-5R」は最適だと思います。そして、そんなハイクオリティーな画質で動画も撮影できてしまいます。コンパクトデジタルカメラやスマートフォンのカメラの画質に物足りなくなった方はもちろん、一眼カメラを使いこなしているカメラ好きの方にもオススメしたい1台です。

製品情報

Sony デジタル一眼カメラ“α”「NEX-5R」

発売日:2012年11月16日
価格:オープン価格

『My Photo, My Creativity. 毎日をクリエイティブにアップデートする、新しいカメラライフ』

Sonyの小型デジタル一眼カメラ“α”『NEX-5R』の発売を記念して、カルチャーサイト『CINRA.NET』と、ライフスタイルWebマガジン『honeyee.com』の2メディアによるプロジェクト『My Photo, My Creativity. 毎日をクリエイティブにアップデートする、新しいカメラライフ』が11月30日に公開。

2メディアそれぞれのサイトで、今注目のクリエイターやアーティストに迫るインタビューと、実際に彼らが『NEX-5R』で撮影した写真や動画が公開される。

CINRA.NETによる特設サイトには、ミュージシャンの渋谷慶一郎、アイドルユニットのBiS、映像クリエイターの関和亮が参加。honeyee.comでは、藤原ヒロシと食ブロガーの平野紗季子が登場予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 坂元裕二に密着、NHK『プロフェッショナル』 高橋一生、満島ひかりも出演 1

    坂元裕二に密着、NHK『プロフェッショナル』 高橋一生、満島ひかりも出演

  2. 松尾スズキが描く劇団員&音声ガイドに星野源、阿部サダヲら 『30祭』続報 2

    松尾スズキが描く劇団員&音声ガイドに星野源、阿部サダヲら 『30祭』続報

  3. 磯部涼×細倉真弓『川崎ミッドソウル』 アフター『ルポ 川崎』 3

    磯部涼×細倉真弓『川崎ミッドソウル』 アフター『ルポ 川崎』

  4. 門脇麦、成田凌らが「青春炸裂」 岡崎京子原作『チワワちゃん』場面写真 4

    門脇麦、成田凌らが「青春炸裂」 岡崎京子原作『チワワちゃん』場面写真

  5. 尾崎世界観が岡本太郎を想う。『岡本太郎と「今日の芸術」』展 5

    尾崎世界観が岡本太郎を想う。『岡本太郎と「今日の芸術」』展

  6. 実写ドラマ『I”s』、ヒロイン・伊織役は白石聖 12月から放送開始 6

    実写ドラマ『I”s』、ヒロイン・伊織役は白石聖 12月から放送開始

  7. 渋谷の取り壊し前のビルでアート企画 R・マッギンレー、坂本龍一ら30組超 7

    渋谷の取り壊し前のビルでアート企画 R・マッギンレー、坂本龍一ら30組超

  8. 『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く 8

    『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

  9. 杏、岡崎体育、古田新太、東郷かおる子がQUEENを語る NHK『SONGS』 9

    杏、岡崎体育、古田新太、東郷かおる子がQUEENを語る NHK『SONGS』

  10. 麻生久美子VS中村倫也 根本宗子の舞台『クラッシャー女中』で初共演 10

    麻生久美子VS中村倫也 根本宗子の舞台『クラッシャー女中』で初共演