レビュー

長編映画よりも監督の腕が試される? 無料で見られるショートフィルムの楽しみ方

黒田隆憲
2015/06/16
長編映画よりも監督の腕が試される? 無料で見られるショートフィルムの楽しみ方

ショートフィルムを無料で鑑賞できるウェブ映画館

いわゆる「ショートフィルム」を積極的に鑑賞している人は、今どのくらいいるのだろう。「ショートフィルム」の定義は曖昧ではあるが、かつてはマイケル・ジャクソンが自身のミュージックビデオ(以下MV)を「ショートフィルム」と呼んでいたように、ミュージシャンのMVも「ショートフィルム」のカテゴリーに入るだろうし、テレビで流れる企業コマーシャルも、「短編映像」という意味では「ショートフィルム」のカテゴリーに入ると言えるだろう。他にもショートフィルムという表現形態をとった作品はたくさんあり、その中には長編映画を凌駕するような、あるいは長編映画では表現しきれないようなものも存在する。

総合食品飲料企業の日本法人「ネスレ日本」は、様々なショートフィルムが見られる無料のウェブ映画館「ネスレシアター」を提供している。これまでにも、岩井俊二監督の映画『花とアリス殺人事件』の特別映像や、本広克行監督や瀬田なつき監督の撮り下ろし作品、そして『アカデミー賞』公認の国際短編映画祭『Short Shorts Film Festival & Asia』を手がけるパシフィックボイスの協力のもと、世界各国の様々な映像作家によるショートフィルムなどを、無料で配信して話題を集めている。そして、昨年実施された『第3回ネスレアミューズ映画祭』(サイト閲覧者の投票によるショートフィルムの映画祭)で『ネスレアワード』『ネスレ日本特別賞』をW受賞した園田俊郎による最新監督作『恋する占女リータ!』が、6月15日より配信された。微笑みの国・タイを舞台に、占いに依存気味のOL女性がある男性と運命的な出会いを果たし、成長していくというラブコメ仕立てのストーリー。主演は浅見れいな、相手役は大和田健介。浅見の友人で美容師役にはIVANがキャスティングされ、全3回にわたって配信予定だ。

『恋する占女リータ!』
『恋する占女リータ!』


園田監督に訊く、ショートフィルムならではの工夫

園田監督は、これまでにGLAYの“SAY YOUR DREAM”(『Short Shorts Film Festival & Asia 2009』にて『ミュージックShort部門優秀賞』)を受賞)をはじめ、キマグレンやCHEMISTRY、ゴスペラーズなどのMVで知られる映像作家。劇場映画やテレビドラマ、ショートフィルムも数多く手がけてきたが、「ショートフィルムは、製作者にとっては面白さよりも難しさの方が強いんです」と話す。「今作の撮影に入る前に、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』や『グランド・ブダペスト・ホテル』『のだめカンタービレ』などを見て、間合いやテンポ感を参考にしました」とのこと。実際、『恋する占女リータ!』はテンポ感がとても小気味よく、1話10分以内という限られた時間内でしっかりと起承転結がつけられているため、見終わった後になんとも言えない爽快感が残る。これは、ラブコメというフォーマットでは非常に大切な要素だ。また、海外旅行先として女性に人気の高いタイの風景を、これ見よがしにならないようにさりげなく紹介しながら、三人のキャラクターを魅力的に描写。そして、各話の最初と最後には思わせぶりなカットバックを挿入するなど、続きが見たくなるような工夫も心憎い。さらには、監督の友人であるトベタ・バジュンによるテーマ曲も、各話の世界観を統一し、作品としての魅力をさらに増幅させることに一役買っている。

『恋する占女リータ!』
『恋する占女リータ!』

「ネスレシアター」のようなウェブサイトで配信されることを基本とした映像作品の場合、視聴者の再生装置に配慮した工夫も大切だ。ノートパソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンで鑑賞する人も多いため、「引き」より「寄り」のアングルを多用したり、簡易スピーカーやイヤフォンでも聞き取りやすいようなセリフにしたりと、映画館で上映するための作品とは異なる配慮がされている。園田監督も今作において「視聴者が視覚的に疲れないために、カット割りのテンポやスピードが速くなりすぎないよう気をつけた」そうだ。

ネット配信との相性の良さによって、ますます広がるショートフィルムの可能性

「ネット配信」というシステムは、ショートフィルムと非常に相性がいい。尺が短いため読み込みにも時間がかからないし、ちょっとしたスキマ時間に気軽にアクセスできるから、いつでもどこでも楽しむことができる。そういう意味で「ネスレシアター」の試みは、ショートフィルム鑑賞の裾野を広げる上で非常に大きな貢献をしていると言えよう。

「インターネットの動画コンテンツが普及し、ますますショートフィルムが一般的に認知されるようになってきました。配信という後押しが、さらにショートフィルムの世界を広げてくれるのではないかと思っています。視聴者としてのショートフィルムの面白さは、手軽に視聴できるエンターテイメントだというところですよね。製作者としては、地上波のドラマと同じくらい認知度のあるショートフィルムを、ぜひ作ってみたいです」

と園田監督は今後の抱負を語る。最近では安室奈美恵が、クリエイティブディレクター川村真司率いるクリエイティブラボ「PARTY NY」と、NYとLAを拠点とする映像プロダクション「LOGAN」とのコラボによる“Golden Touch”のMVでインタラクティブな試みを行ったり、“Anything”のMVでは、Google Chromeブラウザを利用した遊び心溢れる仕掛けを盛り込んで話題になっているが、これらも新しいテクノロジーとショートフィルムを結びつけた試みであり、今後の可能性を強く予感させる。


ストーリーのしっかりした作品から実験的な映像、アート系、そしてコマーシャルフィルムまで、個性的な作品が次々と登場するショートフィルムの世界。「ネスレシアター」や『恋する占女リータ!』をきっかけに、ぜひその魅力にはまってみてほしい。

イベント情報

恋する占女リータ!
『恋する占女リータ!』

2015年6月15日(月)から公開
監督:園田俊郎
出演:
浅見れいな
大和田健介
IVAN

プロフィール

園田俊郎(そのだ としろう)

1965年生まれ。映像作家。映像制作会社ディーウォーカー所属。「GLAY」「矢沢永吉」「CHEMISTRY」「超新星」「AAA」「AKB48」「SKE48」「NMB48」「ゴスペラーズ」「キマグレン」など数多くのミュージックビデオを手がける他、超新星映画第一弾『君にラヴソングを』、映画『RAN60』、ソ・ジソブ主演のbeeTVドラマ『I am GHOST』など劇場映画やテレビドラマの監督をする。GLAY “SAY YOUR DREAM”のMVは、「Short Shorts Film Festival & Asia / ミュージックShort部門優秀賞」を受賞。また手がけた短編映画作品では「Short Shorts Film Festival 2005 / ナショナル部門優秀賞」「韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭2006 / 最終ノミネート」「New York International Independent Film and Video Festival 2008 / 最終ノミネート」、など様々な海外の映画祭でも注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場