特集 PR

死ぬまでに一度は見たいオーロラの絶景。ベストシーズンはいつ?

VisitFinland.com
テキスト
黒田隆憲
編集:矢島由佳子
死ぬまでに一度は見たいオーロラの絶景。ベストシーズンはいつ?

死ぬまでに一度は見たい、オーロラの絶景

「死ぬまでに一度はこの目で見たい、世界の絶景」というと、どこを思い浮かべるだろう? たとえばアメリカのグランドキャニオンやボリビアのウユニ塩湖、あるいはギリシャのサントリーニ島など、数え始めたらキリがない。

そのなかでも、アラスカや北欧に出現するオーロラは、刻一刻と移り変わっていく自然現象であり、二度と同じ景色を見ることができないという意味で、もっとも魅力的な絶景のひとつといえるのではないだろうか。

もっともオーロラが美しく見える季節は?

光のコントロールが決め手となる「カメラ」が好きな人なら、死ぬまでに一度は「光の芸術」ともいわれるオーロラの撮影に挑戦してみたいところ。オーロラの撮影というと、「雪の積もった酷寒の冬に、キツイ思いをしないとできない」というイメージが強いかもしれないが、オーロラの活動がもっとも活発になるのは、実は秋と春。オーロラとは、太陽から発生するプラズマが地球の磁場に沿って急降下し、大気中の酸素や窒素と相互作用することにより発光する現象といわれている。春と秋は、地球と太陽の位置関係によって、この相互作用が最大になる確率が高いのだ。

VisitFinland.comより
VisitFinland.comより(動画を見る

ラップランド在住の自然写真家による証言

今回は、オーロラの観測場所として有名なフィンランドはラップランド地方で、美しいオーロラ写真を撮影してきた二人の写真家を紹介したい。まずは、ラップランドの自然写真家・マルクス・キッリ。彼は、自らの経験から「オーロラの撮影にもっとも適しているのは、春分と秋分の頃だ」と話す。

「3月中旬にオーロラストームが発生したとき、カラフルで変化に富んだオーロラを撮ることができました。これほどのオーロラを見たのは最初で最後です。10月の月夜には、月の光で、いつもなら見えないディテールが見えるようになります」

撮影:マルクス・キッリ
撮影:マルクス・キッリ

撮影:マルクス・キッリ
撮影:マルクス・キッリ

真冬と違い、「カメラのバッテリーが突然凍って撮影続行不可」なんてことにならないのも、春秋のいいところ。また、真冬だと積雪によって歩きにくい場所にも容易に行けるので、たとえば眺めのいい丘の上や、湖の水際などから珍しい写真を撮りやすいそう。

撮影する前に知っておきたいワンポイント

続いては、会津出身で東京在住の横田裕市。ITベンダーの営業職を経て写真家になった横田は、「好きなことしかしない」「Photo × Social × Lifestyle」を軸に活動している。紹介するのは、2016年の冬、ラップランドに3か月間滞在して撮影したもの。「本当に広大な雪景色と樹氷の造形が芸術的で、自分の心に深く印象に残っています。夜の静かな広い樹氷の森の中に、自分一人だけがたたずんでいる静寂の時間というのも、とても貴重な体験でした」と話す。

撮影:横田裕市
撮影:横田裕市

「オーロラ写真のコツは、広角レンズを使うこと」と横田さん。絞りを開放し、構図を決めたら森や建物にピントを合わせると、幻想的なオーロラの光と現実的な地上の背景がコントラストとなり、メリハリの利いた写真を撮ることができる。

オーロラだけでない、フィンランドの魅力

オーロラ観測率の高いイナリ湖畔には、サーミ博物館があり、ラップランドの先住民族・サーミ人の住居や衣服、錫(すず)を使った手工芸品などが展示されている。また、フィンランドの首都・ヘルシンキには、ヘルシンキ市立美術館やフィンランド建築美術館、ヘルシンキ現代美術館(キアズマ)など、アートスポットもたくさんある。とくにキアズマは、フィンランドの最新デザインプロダクツが入手できるミュージアムショップが併設されておりオススメ。カフェは広くて落ち着く空間となっており、新しくできた公共サウナ「Löyly」も、オシャレな外観とともに話題となっている。今年の秋は、フィンランドでオーロラ撮影とアートスポット巡りを楽しんでみてはいかがだろう。

サイト情報

VisitFinland.com

フィンランド政府観光局による公式トラベルガイド。フィンランドにまつわる情報を、レジャー、カルチャー、ライフスタイル、シーズンなどのさまざま視点から紹介している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも