特集 PR

劇場版『モンスト』で描かれるのは意外にも旅の風景や人の温かみ

『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』
テキスト
島貫泰介
編集:飯嶋藍子
劇場版『モンスト』で描かれるのは意外にも旅の風景や人の温かみ

アニメ、そして劇場版で明らかになる人気ゲームに隠された物語

スマートフォンが普及して、街のいたるところにそれを操る人たちがいる風景は当たり前になった。そして、そんな人たちの手元をそっと覗き見ると、多くが何かしらのゲームに興じている。

『モンスターストライク』、通称『モンスト』は、スマホで遊べる人気ゲームである。キャラクターを指で引っ張って、敵に向かっておはじき遊びのようにぶつけて撃破するというシンプルなゲーム性が魅力で、世界累計利用者数は3500万人を突破。

映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』より
映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』より

その高い人気を受けて2015年には、YouTube上で毎週更新される1話約7分、全51話のアニメシリーズの配信がスタートし、ゲームでは描かれることのない『モンスト』の新たな世界観が、主人公ら中学生4人の視点を通して明らかになっていった。

12月10日に公開される『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』はその続編であると同時に、その原点へとさかのぼる物語だ。主な舞台は、主人公たちの小学生の頃。なぜ『モンスト』は開発されたのか? なぜ主人公たちは研究所で『モンスト』をプレイしているのか? そんな数々の謎が語られている。CGで描かれる迫力のバトルシーンはさらにパワーアップし、これまで『モンスト』ワールドに親しんできた人にとって嬉しい仕上がりになっている。

作品の核は『モンスト』というゲームではない。描かれる旅の風景とノスタルジー

だが、今回の映画の魅力はそれだけではない。いや、より踏み込んで言えば、作品の核になっているのはけっして『モンスト』ではないのだ。これは原作ありきの劇場アニメーションとしてはかなり挑戦的な試みである。

本作は、4人の少年たちのひと夏の冒険の旅を描いた映画『スタンド・バイ・ミー』の21世紀日本版というべきものだ。主人公の焔レンたちは、世界に迫る危機を解決するため、東京から島根へと子どもたちだけで旅立つ。旅のきっかけこそ『モンスト』ではあるが、約100分の映画を見通して強く印象に残るのは、花で埋め尽くされた古い野球場や、忍び込んだゴルフ場での秘密のキャンプといった旅の風景。そして、さまざまなかたちで子どもたちを助けてくれる大人たちとの出会いである。

映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』より
映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』より

例えば北王子欣也が声をあてた現場作業員の石橋健太郎は、行くあてのないレンたちに一夜の宿を提供し、温かい鍋をふるまってくれる。石原が余計な詮索もせず、ただ黙って子どもたちを助けてくれるのは、石橋自身が旅の終着地である島根県の出身で、故郷に対する特別な感情を抱いているからだ。地方にはよくある話だが、彼の故郷にも国土開発の波が押し寄せ、その町の記憶は人々から次第に忘れ去られてしまっているのだ。

映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』ラフ
映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』ラフ

そんな忘却されつつある場所を目指して、4人の子どもたちが旅している。見ず知らずの子どもたちに石橋が手を差し伸べる理由にはそれだけで十分で、それは彼にとってごく自然な、かけがえのない行為なのだ。このような旅のささやかな情景や出会いが、本作を支えている。脚本を担当した岸本卓はパンフレットに掲載されているインタビューのなかでこんな風に語っている。

高校一年生の時、和歌山の熊野古道を旅したことがあります。日が暮れて、那智大社の境内の隅っこにテントを張って寝ていました。(中略)「いったい何やってんだ」と恐ろしげなおじさんの声。神社に住み込んでいる管理人さんでした。千葉から自転車で旅してきたと告げると、僕を家にあげてご飯を振る舞ってくれて、プロ野球中継まで一緒に観戦しました。忘れられない思い出です。

先に述べた石橋と子どもたちのやりとりは、おそらくこのエピソードを反映したものだろう。心細い旅先での、大人たちとの暖かな出会い。未知の体験への恐れと不安。それよりも大きな興奮と期待。劇場版『モンスト』が描こうとしているのは、誰もがかつて経験したことのある、あるいはかつて経験したいと思っていた冒険の感触だ。

だから実は、本作が描く子どもたちの精神年齢や行動力は小学生よりも少しだけ大人びている。子どもたちのありのままの姿ではなく、私たち大人から見た子ども時代のノスタルジーを具現化することが、今回の『モンスト』の核心なのだ。劇場版『モンスト』は大人にこそ見てほしい。

映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』より
映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』より

作品情報

『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』

2016年12月10日(土)から新宿ピカデリーほか全国公開
監督:江崎慎平
脚本:岸本卓
主題歌:ナオト・インティライミ“夢のありか”
声の出演:
坂本真綾
村中知
Lynn
木村珠莉
河西健吾
福島潤
小林裕介
水樹奈々
山寺宏一
北大路欣也
配給:ワーナー・ブラザース映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと