特集 PR

監視ロボット越しの純愛『きみへの距離、1万キロ』に迫る

『きみへの距離、1万キロ』
テキスト
降矢聡
編集:久野剛士
監視ロボット越しの純愛『きみへの距離、1万キロ』に迫る

テクノロジーが生み出した、「繋がり」と「溝」を巡る物語

あらゆるジャンルでデジタル化が進む現代は、どこの、誰とでも繋がることができる世界を実現させた。と同時に、テクノロジーを持つ者と持たない者との圧倒的なアンバランスも抱え込んでしまっている。この不平等な繋がりを前にして、私たちはただただ動揺するばかりだ。近年では、例えば『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2016年公開)が、ドローンというテクノロジーを介して「持つ者」と「持たざる者」の間の溝と、その動揺を描いていた。

アメリカのセキュリティー会社に勤め、北アフリカにある石油パイプラインの監視ロボットを操作するゴードン(ジョー・コール)と、古い因習が残り、自由な恋愛すら許されない北アフリカの村に住むアユーシャ(リナ・エル=アラビ)との純愛を描く『きみへの距離、1万キロ』でも、監視ロボットというテクノロジーによって繋がりを得る一方で、やはりそこにはさまざまな隔たりがある。

北アフリカの村に住むアユーシャ/ © Productions Item 7-II Inc. 2017
北アフリカの村に住むアユーシャ/ © Productions Item 7-II Inc. 2017

恋人とひどい別れ方をしたゴードンは「運命の人」を巡って思い悩んでいる。同僚にマッチングアプリを勧められ、複数の女性と出会うも、しっくりとこないゴードン。そんな中、監視ロボットの映像でたまたま捉えた、不幸な境遇にありがならも愛を信じるアユーシャを見つけ、惹かれていく。

アメリカで監視ロボットを操作するゴードン/ © Productions Item 7-II Inc. 2017
アメリカで監視ロボットを操作するゴードン/ © Productions Item 7-II Inc. 2017

一方的に相手を見続ける男性と、見られ続ける女性という非対称な構図は、一見悪趣味なものに思えるかもしれない。しかし本作の端々に、テクノロジカルな恋愛以前(マッチングアプリ以前といってよいかもしれない)の恋愛映画と同様、あるいはそれ以上にピュアさを感じられるとすれば、それは、テクノロジーによって明るみになった、埋められない距離を埋めようとするゴードン、そして彼が操る虫型の監視ロボットの懸命さが真摯に描かれているからだろう。

ロボットのある動作が、ゴードンのピュアな思いを象徴する

本作は、アメリカの監視室=ゴードン側と貧しい北アフリカの地域=アユーシャ側という立場の優劣を、逆転させて描いているのがひとつの大きな特徴だ。確かにゴードンは常に見る側の立場にいるのだが、逆に言えば、彼は見ることしかできない。「わたしはあなたを知っている」「わたしはあなたを助けたい」、けれども「わたしはそこにはいない」「わたしは何もできない」。テクノロジーを介し、何もかも見えてしまうことによって生まれるこの痛切な距離の前で、彼は無力さを感じることしかできない。

アユーシャと監視ロボット / © Productions Item 7-II Inc. 2017
アユーシャと監視ロボット / © Productions Item 7-II Inc. 2017

劇中、テクノロジーに批判的な盲目の老人が、ゴードンに「運命の人」を簡単に見極める方法を説く場面がある。「相手の匂いを嗅ぎ、キスをすること」。極めてシンプルな答えだ。しかし彼はそうシンプルには生きられない。明るみになった痛切な距離をどうしても生きなければいけないからだ。その「きみへの距離」を縮めるために「わたし(ゴードン)」が試みるのは、とても些細なことだ。それは「ともに歩くこと」である。

ゴードンが操作する監視ロボットが最も魅力的に映るのは、見るとき(監視するとき)ではなく、歩くときだ。すぐに故障し、スピードも出ない6足歩行の虫型ロボットは、痛ましい距離を、アユーシャとゴードンのアンバランスを埋めようと、アユーシャとともにひたすら歩く。本来無機質で、冷徹なロボットに対していつしか生まれる愛おしさは、そのままゴードンとアユーシャの間に芽生える、ピュアな感情とリンクする。

石油パイプラインの周囲を歩く監視ロボット / © Productions Item 7-II Inc. 2017
石油パイプラインの周囲を歩く監視ロボット / © Productions Item 7-II Inc. 2017

目の前にいればいるほど、まざまざと隔たりを感じざるを得ない、テクノロジーを介した現代版『ロミオとジュリエット』(本作の原題は『Eye on Juliet』だ)とでも言えるこの映画は、テクノロジー時代の新たな温もり、ロボットを介して「相手の匂いを嗅ぎ、キスをすること」を描こうとしている。

『きみへの距離、1万キロ』ポスター / © Productions Item 7-II Inc. 2017
『きみへの距離、1万キロ』ポスター(サイトを見る

作品情報

『きみへの距離、1万キロ』
『きみへの距離、1万キロ』

2018年4月7日(土)から新宿シネマカリテほか全国で順次公開

監督・脚本:キム・グエン
出演:
ジョー・コール
リナ・エル=アラビ
フェイサル・ジグラット
ムハンマド・サヒー
上映時間:91分
配給:彩プロ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業