特集 PR

拒絶も受ける映画界の問題児ギャスパー・ノエの新作をレビュー

『CLIMAX クライマックス』
テキスト
降矢聡
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)
拒絶も受ける映画界の問題児ギャスパー・ノエの新作をレビュー

やっかいな問題作を量産。讃美と拒絶を受けるギャスパー・ノエとは?

過激な性描写や暴力描写、近親相姦あるいは流産、中絶といったモチーフ、エキセントリックなドラッグ描写などによって、映画を作るたびにセンセーションを巻き起こしてきた鬼才ギャスパー・ノエ。熱狂的に受け入れられる一方で、彼の映画が強烈な批判や拒絶にもさらされるのは、しかし、単に扱うテーマがセンセーショナルだからだけではないだろう。

彼は、長編デビュー作『カノン』(1998年)から映画というメディアの枠自体を揺るがすような試みを一貫して行っている。たとえば、彼の映画ではショットとショットの間に黒画面という断絶を意識的に取り入れてきた。画面に大写しになる印象的な警句、キャプションアートもそのひとつ。また、あるシーンからあるシーンへと映画が進んでいくとき、そこには通常考えられる時間の垂直的な経過はあっけらかんと無視されることもしばしば。

『CLIMAX クライマックス』場面写真 ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS
『CLIMAX クライマックス』場面写真 ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

時間的な連続性を断たれたシーンとシーンをつなぎ合わせるのは、俳優の姿勢や事物の類似といったイメージの次元だ。そして、それによって私たちが自然のうちに受け入れている「映画の規範」はぶっきらぼうに解体される。

なかでも長編2作目の『アレックス』(2002年)から顕著になる、トリップ感のある荒唐無稽なカメラワークには、物語への没入や登場人物たちへの感情移入といったレベルでの観客の共感は置き去りにされるだろう。むしろそれらの映画で目指されているのは、現代の道徳ではタブーとされている価値観にも、どうしようもなく感応してしまう私たちの情動そのものだ。

『CLIMAX クライマックス』場面写真 ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS
『CLIMAX クライマックス』場面写真 ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

映し出されたものが発する圧倒的にパワフルで自由な光景は、規範にそぐわないという点でひどく暴力的で挑発的でもある。しかし、そんな彼の映画に熱狂したとしても、逆に拒絶反応を示したとしても、両者はともにギャスパー・ノエにあてられているということには変わりはない。そのような意味で彼の映画は実に「やっかい」な問題作ばかりなのだ。

題材から技術まで。ギャスパー・ノエ成分たっぷりの97分

この度公開されるギャスパー・ノエの最新作『CLIMAX クライマックス』は、22人ものダンサー(そのほとんどが俳優ではなく、本物のプロダンサーたち)が、廃墟となっている校舎の中でパーティーを開くが、知らぬ間にドラッグ入りのサングリアを飲んだことから狂乱の一夜を過ごすことになる、実に奇妙な映画だ。1996年に実際に起きた事件からインスピレーションを受けたとされる(このことは映画の冒頭でも明示される)本作は、いままで彼の映画で執拗に描かれてきたセックスにバイオレンス、ドラッグといった題材から、キャプションアートや脅威的な長回しによる流麗なカメラワークという技術的な面に至るまで、ギャスパー・ノエ印が97分という時間の中に未だかつてない程凝縮されている。

『CLIMAX クライマックス』リハーサル中の写真 ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS
『CLIMAX クライマックス』リハーサル中の写真 ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

97分という上映時間の短さは、今作を語る上で重要だ。というのも、ギャスパー・ノエは120分をゆうに越える作品を続けて撮っており、とくに先に挙げたような「時間経過にとらわれないシークエンス構成」は、際限なくイメージを水平方向へと広げていけるからだ。そうしてどこまでも広がっていくイメージの連鎖が形作るのは、あるときは兄妹愛、あるときは失われた恋人への愛ということになる。あらゆるとき、あらゆる事象に見出しえる「愛のイメージ」の連鎖は、原理的に終わりがない。『エンター・ザ・ボイド』(2009年)で、兄の死から愛が語られ始めるのは示唆的だった。時間的な終わりがないので、死すらも問題にならないのだ。そのような果てしない時間をギャスパー・ノエは「ボイド=空虚」と呼んだ。

『CLIMAX クライマックス』ポスター ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS
『CLIMAX クライマックス』ポスター(サイトを見る) ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『CLIMAX クライマックス』
『CLIMAX クライマックス』

2019年11月1日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開

監督・脚本:ギャスパー・ノエ
出演:
ソフィア・ブテラ
ロマン・ギレルミク
スエリア・ヤクーブ
キディ・スマイル
上映時間:97分
配給:キノフィルムズ、木下グループ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側