今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2015年11月24日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    約8年ぶりにCINRA.NETをリニューアルしました

    移り変わりが激しいネットの世界で、8年前のデザインのサイトがよくぞ生き残っているなと他人事のように眺め続けていましたが、ようやくリニューアルすることができました。まだちょっと見慣れないし、少しオシャレになって逆に距離感を感じています(笑)。やっぱり見え方が変わったので、過去の記事を読んでみても、違う空気が流れ込んできますね。編集も少し、変わるのかもしれません。そうそう、動画を紹介するコーナーを新設したり、イベント情報も充実させていくつもりです。週末暇だなぁって思ったときは、ぜひイベントコーナー覗いてくださいね。
    ※画像は初代CINRA.NET(2003年)

  • 佐々木鋼平
    佐々木鋼平

    「キラキラ」の魅力は永遠に……

    「2015年 キラキラネームランキング」なる謎のランキングが発表され、1位はなんと「皇帝(しいざあ)」とのこと(!)。なにをもって「キラキラ」といい、なにを集計してこのような結果になったのかよくわかりませんが、「キラキラカルチャーいじり」が、かなり市民権を得てきていることを痛感しました。今度は誰か「文化系キラキラネーム」ランキングを調べてほしいところ。

  • 野村由芽(CINRA.NET編集部)
    野村由芽(CINRA.NET編集部)

    まずは親の初デートから

    インターネットは友達の数を増やしてくれたけど、親の初デートの場所すら知らないのが人との距離の常である。そんな中、フリーペーパーに売買広告を出す人をミランダ・ジュライが訪ねたインタビュー集がすごく素敵。世の中のほとんどの人は一生のうちでインタビューされることなどないのに、誰かの胸を熱くするぐらいには、物語るに足る人生を生きている。角度を変えたり、掘ったり、スピードをゆるめたり。日常からズレた動き方をしたとき、自分にとって大事な物語を発見できるんだろう。インターネットに載せたことばが、情報のその先の、体験や物語に変わりますようにと日々願って。

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
    矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    祝!リニューアル!

    つい先日取材させてもらったYogee New Waves・角舘健悟さんの言葉にあまりにも深く共鳴してしまったので、記念すべき第1回目の『今週の編集部まとめ』に引用させてもらう。「愛してるものを責任持って愛してると言っていきたい」。そんなポリシーを、私もCINRA.NET編集部の一員として、これから益々貫いていきたいと思っています。人の心から生まれたカルチャーの光が、あなたの心を照らしますように。どうぞよろしくお願いします!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら