今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2017年1月10日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    たくさんの投票ありがとうございました!

    読者みなさんのお陰で無事に完成したCINRA.NETの「2016年カルチャーランキング」、なかなか興味深い結果が出ました。ライターの柴那典さんが『ヒットの崩壊』で書いていたように、オリコンのシングルランキングは2016年もハッキングされ、AKB48と嵐がトップ10のうち7曲を占めています。時代を反映する、ヒットの指標としての「ランキング」が失われたこの頃では、個人やメディアが選ぶランキングが大量に発信されるようになって、それはそれで面白い。だけれども、個人ではなく「みんな」という集合体がわかりづらくもなってきた。そういう、「みんなが選ぶランキング」に宿る時代感っていうのを知りたいと思ったのが、今回の動機でもありました。結果的には、かなりCINRAらしい「みんな」が集まってくださった印象。自分が詳しくないジャンルのランキングにも、絶対に刺さる作品があると思います。

  • 矢島由佳子
    矢島由佳子

    今年もよろしくお願いいたします

    あけましておめでとうございます! 元旦に引いたおみくじには、「慎み深く、誠を尽せ」と書いてありました。ウェブメディアの運営に関して、様々なズルさが明るみになっている昨今ですが、私としては今年も心を引き締めて、誠実に、コツコツと記事作りを行っていきたいと思っています。年末からは、新しい連載をスタートさせていただきました。その名も『ギョーカイ列伝』。音楽・エンタメ業界に関わるみなさま、そこに関わりたいと思っているみなさま、必読! すでに「面白かった」「ためになった」という言葉がたくさん届いていて、嬉しい限りです。ここにある言葉が、誰かの刺激になって、そこからまた誰かの心を明るくするよう作品やニュースが生まれる、なんて素敵な連鎖が起きるといいな。

  • 飯嶋藍子
    飯嶋藍子

    築地で待ってて

    フォトグラファー沼田学さんの展覧会『築地魚河岸ブルース』を見てきました。毎日築地に通い詰め、そこで働く人々をとある地点から撮影した写真がならぶ。築地の人々の豊かな表情に、消えゆく築地市場での物語が刻み込まれているようでした。新宿眼科画廊で開催中です。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年