今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年7月9日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 矢島由佳子
    矢島由佳子

    SUMMER PHOTO SHOOTING

    日曜日は、東京は撮影日和のなか、終日「SHE IS SUMMERブック」の撮影を行っていました。SHE IS SUMMER・MICOさんのクリエイティブなアイデアと「こうしたい!」という意志・決断に引っ張っていただき、着々と中身の制作が進んでいます。写真、とってもいいものをお見せできそうです。エッセイに関しても、誰にとっても「気づき」のある言葉が並んでいて、これは本当に、SHE IS SUMMERファンだけでなく多くの人に届けたいなと思っています。MICOさんが発信する言葉や姿勢には、ハッとさせてくれたり、寄り添ってくれたり、忘れてたことを思い出させてくれたりする力があります。もし私が今10代なら、この1冊を心のお守りみたいに置いておくだろうなあと思う。インタビューページも、より楽しんでもらえるために、普段とはちょっと違う試みをしてみようかと考えています。購入は、下記ページにて。終了まで、残り25日(7月9日現在)。お買い逃しなく~!

  • 久野剛士
    久野剛士

    摩訶不思議なチャットストーリー、完結

    「ガールズバンドの代表」のように扱われてきたチャットモンチー。でも、自分からすれば、それはとんでもないことだと思っています。あんなに特異なグループはなかなかありません。人気曲の“シャングリラ”も、急に変拍子が飛び出す不思議な曲で、「これをヒットさせるなんてすごい!」と驚いた記憶があります。3人体制の時から、ずっと不思議な曲ばかり作ってきた(そしてそれをポップにやり遂げてきた)彼女たちが7月4日に武道館で行ったコンサートでも、まさかのストリングスを従えてのひと幕があり、面食らいました。しかも、福岡晃子が叩くティンパニは、オーケストラの音というより、やっぱりバンドの人間が鳴らす音で。2人の姿に寂しさを感じつつも、最後まで人を食ったような「不思議なバンド」であり続けたチャットモンチーの見事な完結ぶりに、心底感動させられた夏の夜でした。

  • 木村直大
    木村直大

    北九州

    出張で北九州に行って来ました。ネット上では色々と揶揄されることもある土地ですが、ご飯は美味しいし、人は気さくで優しいし、みんなそれぞれのペースで生活を楽しんでいて、本当に良いところでした。やはり、行ってみないとわからないものですね。面白いのが、当地のカルチャーを担っている人たちの多くが、地元の北九州大学の関係者だということ。恐らく校風がそういった土壌を育む一端を担っているのでしょうが、面白い大学が地元のカルチャーを盛り上げる影の立役者となり、それによってまた面白い生徒が集まってくる。そんなサイクルを生み出せれば、より建設的で長期的な地方創生に結びつくのではないか、なんてことを思いました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年