今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年7月17日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    狂騒の時は終わった

    ああいよいよW杯が終わってしまいました。圧倒的フィジカルを持つフランスを、巧みな組織戦術でいなすクロアチアの美しいサッカーに惚れ惚れ。戦術的な進化が進んで、若い頃から組織として育ってきたチームの強さが際立つ一方、すごいプレイヤーだけでは勝つことができなくなった現代サッカーの難しさ。結果的にはセットプレーを集中的に練習したチームが効率的に得点を重ねて試合を有利に進めたわけですが、まあそこまで突き詰めないと優勝はできないわけで、最終的にはフランスを讃えるしかありません。いいチームでした。さて、W杯という狂騒の時は終わり、穏やかな日常が戻ってきたわけですが、気がつけば酷暑到来。一度外に出てみれば、ジリジリと殺人的な日差しに身が焼け焦げそうで、外出を躊躇しかねないレベルですね。こんな時に2週連続で『exPoP!!!!!』を開催している我々CINRA.NET編集部、カンテにも負けない仕事ぶり。先週WWWで開催した番外編はかつてない盛り上がりで最高でしたが、今週もそれを超えるべく皆さん我らのホーム渋谷O-nestに集合お願いします!

  • 宮原朋之
    宮原朋之

    第4の選択肢

    最近、電車内の広告で見かけた「ふくまろ」というパソコンのアシスタントアプリが気になっています。日本人にはすぐに馴染めるキャラクター像、自分のことを「まろ」という気品、語尾にもかならず「まろ」がつく愛くるしさ。できることがまだまだ限られているところも、その容姿に相まって肯定できます。めちゃくちゃ便利ではないけど、近くに置いておきたいもの。不特定多数に広く受け入れられることで、私達の共同意識も高めるもの。利便性や機能を追い求め続けた結果、つい忘れてしまいそうになっているものが、そこにあるような気がするのは考え過ぎか。ゴリゴリの強者がのさばる世界だけではない、もう一つの選択肢を求めていた今日このごろ、身の回りの「ふくまろ」的なものをもっと探してみたくなりました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年