カルヴィン・ハリス

Total 7 Posts

スコットランド出身、2007年にデビュー。2012年発表のアルバム『18Months』から“We Found Love feat. Rihanna”を始め計8曲のシングルが全英トップ5入りを果たし、マイケル・ジャクソンの7曲を超える新記録を樹立。2014年発表のアルバム『Motion』は日本を含む世界55か国のiTunesで1位、2015年にはシングル“How Deep Is Your Love”が世界75か国のiTunesでトップ5入りを果たし、人気モデル、ジジ・ハディッドが出演するミュージックビデオも話題に。2016年には世界最高峰の野外フェスティバル『Coachella Valley Music and Arts Festival』にDJとしては初のヘッドライナーを務め、これまでのYouTube総再生100億回以上、米経済誌『フォーブス』誌による「世界で最も稼ぐDJ」ランキングで2013年から4年連続1位に輝いている。昨年シングル“This Is What You Came For feat. Rihanna”や“My Way”を発表しどちらも大ヒットを記録。ダンスミュージックとしての垣根を越えて、世界の音楽シーンをリードするスーパースターとして圧倒的な人気を誇っている。2017年6月に、3年振りとなるアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』をリリースすることが決定し、同年『SUMMER SONIC 2017』に、単独のDJとして同フェス史上初となるヘッドライナーとしての来日も決定している。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて