新山詩織

Total 7 Posts

小学生の頃から、父親の影響で、70年~80年代のブルース・パンク・ロックを中心とした洋楽・邦楽を聴いて育つ。中学卒業直前のある日、手に入れたばかりのアコースティックギターを手に、「もやもやした気持ちのやり場がなくて、衝動的に作った」という初オリジナル曲(作詞、作曲)“だからさ”が完成。高校2年生(16歳)の春、『Treasure Hunt~ビーイングオーディション2012~』に応募。最終審査で、オリジナル曲“だからさ”、椎名林檎“丸の内サディスティック”を弾き語りで演奏し、グランプリ獲得。2013年4月17日に、1stシングル『ゆれるユレル』でメジャーデビュー。2016年4月期よりフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』に宍戸春乃役で出演。劇中歌で“恋の中”(作詞作曲:福山雅治)が起用された。2017年9月6日、ニューシングル『さよなら私の恋心』を発売。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて