特集 PR

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.3 ゲームとコントは物理を超える 藤木淳×やついいちろう対談

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.3 ゲームとコントは物理を超える 藤木淳×やついいちろう対談

本折浩之
撮影:小林宏彰

PlayStation®3用のゲームソフトが、第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞した。タイトルは『無限回廊 光と影の箱』。藤木淳氏の監修による、斬新なプレースタイルの作品だ。藤木氏は過去に文化庁メディア芸術祭のアート部門でも受賞している経歴の持ち主。「実世界ではあり得ないことが、人間の内面ではあり得る表現」というテーマを表現しようとする、独自の感性をもったクリエイターだ。そして今回、ゲームや音楽に造詣が深いことでも知られるお笑いコンビ・エレキコミックのやついいちろう氏との対談が実現。『無限回廊 光と影の箱』とは一体どんなゲームなのか。実際にゲームをプレーし、「想像の中にしかないような空間」を冒険した感想とは? ゲームも、そしてコントも物理法則を超えた表現こそが面白い、というお2人の対談をお届けする。

「光を使って影を作る」、ヨーロッパ感あふれるゲーム

―対談前に、やついさんに『無限回廊 光と影の箱』をプレーしていただきましたが、まずはゲームの感想をお聞かせください。

やつい:「光を使って影を作る」っていう、発想の転換が面白かったですね。たとえば花火やライトアップのような、一般的に光を使って見せるものって、結局「光の鮮やかさ」を見せるものじゃないですか。でも、このゲームは光を使っているのに、プレイヤーに見せるのは「影」なんです。そこにとても不思議な感覚を覚えて、遊んでいてとてもワクワクしました。

藤木:ありがとうございます。

やつい:プレーしていて思ったんですけど、ブロックや背景だったり、ゲーム全体の雰囲気がレゴっぽいですよね?

『無限回廊 光と影の箱』プレイ画面
『無限回廊 光と影の箱』プレイ画面

藤木:そうなんですよ。影って暗いイメージがありますが、親しみや温かさを感じてほしくて、ヨーロッパの玩具をイメージしてゲームを作りました。ステージ選択の画面は、玩具のカタログをイメージしています。

やつい:たしかに、ゲームで流れている音楽にもヨーロッパ的な雰囲気がありますよね。なんというか、「紅茶」っていう雰囲気がして(笑)。

藤木:ありがとうございます(笑)。実はこのゲーム、一曲しか音楽が入っていないんですよ。しかも、それが74分もある。「世界一長いゲーム音楽」と認められて、ギネスブックに掲載されているんです。

やつい:えー! そんなに長いんですか。すげー(笑)。

やついいちろう
やついいちろう

無限の世界を意識した『無限回廊 光と影の箱』

やつい:『無限回廊 光と影の箱』って、よく考えると結構コワいタイトルですよね。ホラーっぽいっていうか?

藤木:そうかもしれません。エッシャーという画家の描いた、実際には建てることが不可能な建造物の絵ってご存知ですか?

やつい:階段を無限に上がり続けたりする、あの絵ですよね。あれ、面白いですよね!

藤木:そういったエッシャー作品のように、「永遠にぐるぐる回り続ける」というコンセプトから「無限回廊」と名付けたんですよ。

藤木淳
藤木淳

―『無限回廊 光と影の箱』の監修者である藤木さんご自身は、もともとゲームがお好きだったんですか?

藤木:そうですね。今では時間がかかるゲームにはなかなか手を伸ばせないのですが、ゲームは大好きです。

やつい:あるインタビューで読んだんですが、藤木さん、ゲームブックがお好きなんですよね? 僕、中学校のとき自分でゲームブックを作ってたんですよ。卓球部に入ってたんですけど、楽な部活だったので、部活の時間はずっと作っていました。ドラゴンのイラストなんかも一生懸命描いたりして。

藤木:僕もゲームブックを作っていましたね。ゲームブックって、モニターみたいな電気製品がなくてもインタラクティブにプレーできるゲームじゃないですか。簡単にできるのに、本当に面白くて。やっぱり、ゲームブックはゲームの原点だな、と。

やつい:おもしろいんですよね〜。ところで藤木さんのゲームブック、クラスで評判になりました?

藤木:自分で言うのもなんですが、結構人気があったんじゃないでしょうか。いろんなクラスメイトに回って、結局手元に帰って来なかったりして。

やつい:相当な人気じゃないですか! その頃から、すでにゲーム制作の才能を発揮されていたというわけですね。俺のは、やるのは俺だけだったもんな(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『第15回文化庁メディア芸術祭』受賞作品展

2012年2月22日(水)〜3月4日(日)
会場:東京都 国立新美術館

プロフィール

藤木淳

1978年生まれ。国際メディア研究財団研究員。科学技術振興機構さきがけ研究員を兼任。人間の心を豊かにするインタフェース・インタラクションとして「実世界ではあり得ないことが、人間の内面ではあり得る表現」をテーマとする。博士(芸術工学)。

やついいちろう

1974年生まれ。お笑いコンビ、エレキコミックを1997年に結成。DJとしても活動しており、3枚目のMIXCD「ゴールデン・ヒッツ」が発売中。TBSラジオ「エレ片のコント太郎」(土曜25:00-27:00)Eテレ「シャキーン」(月曜〜金曜7:00-7:15)、スペースシャワーTV「爆裂★エレキングダム!!」(金曜19:00-19:45)東京ウォーカーで「エレキコミックやついいちろうの(勝手に)東京湯シュラン」を連載。12月3日より「エレキコミックショー〜バカフィルムギグ〜」全国ツアーを開催。トゥインクル・コーポレーション所属。

『無限回廊 光と影の箱』

2010年に発売された、PlayStation®3/PlayStation®Move専用ソフトウェア。プレイヤーに課せられたミッションは、影を操って、主人公を無事ゴールまで導くこと。PlayStation®Moveモーションコントローラをライトに見立て、ステージ上に並べられたブロックを照らして影をつくり、その影を操作して道をつくるというゲームだ。また、シャドウアートが隠されているステージがあったり、思いもよらない攻略ルートを見つけだしたりと、さまざまな楽しみ方ができることも特徴となっている。
※『無限回廊 光と影の箱』をプレイするにはPS3®本体と、PS Moveモーションコントローラ、PS3®用専用カメラ「PS Eye」が必要となります。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)