蜜とやついいちろうの「タガが外れた」対談

2枚目のアルバム『HeとSheでShow』を完成させた男女二人組唄合戦ユニット・蜜。洗練されたメロディー、心地良く溶け合うハーモニーが何よりの魅力のデュオなのだけれど、新作はそれだけにとどまらないワクワク感に満ちた1枚になっている。ソウルフルなグルーヴの上でファニーな掛け合いが展開する“特別な人”を筆頭に、自由でユーモラスなポップセンスもいよいよ花開いてきている。木村ウニの奔放なキュートさ、橋詰遼の「草食系」な繊細さと、二人のキャラクターも歌の中で徐々にあらわになってきている。

これまでもCINRAでは蜜のユーモラスで自由なライブパフォーマンスにスポットをあてて紹介してきたが、今回は、エレキコミック・やついいちろうとの対談を企画。DJとしても活躍し『YATSUI FESTIVAL』を主催するなど音楽とお笑いの枠を越えて活躍する彼と、ステージの上に生まれる「楽しさ」の源について、語り合ってもらった。

ライブが面白くても、そのまま帰っちゃうでしょ? そこで帰らなければミュージシャンと友達になれるんです。(やつい)

―やついさんと蜜のお二人は、今回が初対面ですよね。

やつい:はい。CD聴きましたよ。いい曲を、いい声で歌ってるなって思いました。

木村橋詰:ありがとうございます。

―これまでCINRAでは何度か蜜を取り上げていて、音楽だけじゃなくパフォーマンスにも注目した切り口で紹介していて……。

やつい:でも、笑わせるような感じじゃないですよね?

木村:うん。コミックバンド的な感じではないです。

やつい:すごくいい感じの歌ですもんね。だから、そういう意味では勘違いしてたのかもしれない。曲を聴いて、誠実なグループだなって思いました。

―やついさんはお笑い芸人としてではなく、DJをやったり、音楽のフィールドでも活躍されていますよね。先日もご自身が主催する『YATSUI FESTIVAL! 2013』を終えたばかりですが、あのフェスはどうやって始まったんでしょうか。

やつい:あれは曽我部恵一さんがきっかけで始まったんですよ。曽我部さんがあるとき、 「やつい君、今すごいキテるよ」って言ってくれて。「フェスとかやったらいいよ」ってアドバイスされたんです。もともと新宿LOFTで自分のイベントをやったりはしてて、そこに曽我部さんも出てくれてて。でもフェスとなるといろいろ面倒くさいしイヤだなって思ってたんですけど、曽我部さんが「キテる」って言うもんだから、やろうかなって(笑)。だからまずは曽我部さんに出てもらって、他はGOING UNDER GROUNDとか、NONA REEVES、堂島孝平、レキシみたいな、友達のミュージシャンを誘っていったのが始まりです。

やついいちろう
やついいちろう

―やついさんにはミュージシャンの友達がたくさんいますけど、どんな風にしてそうなったんですか?

やつい:作為的なことは何にもないんですよ。ただただ、サニーデイ・サービスのファンだっただけです。ホフディランのデビューライブを観た後に、近くに曽我部さんがいたので話しかけてサインをもらって。その何日か後に、当時渋谷にあったHMVの辺りに曽我部さんがいたので、また話しかけたんですよ。そこで電話番号を聞きました。

橋詰:ええ!? その場で聞いたんですか?

やつい:しかも教えてくれたんですよ。それが仲良くなったきっかけですね。その後、僕も芸人をやり始めて、テレビにも出るようになったから、曽我部さんも「君も頑張ってんだ」みたいな感じで安心してくれて。それから曽我部さんに下北沢のお花見に誘われて行ってみると、ミュージシャンも来てるんですよね。GOING UNDER GROUNDとか、フジファブリックの志村君も来てたな。それで、みんなで飲むから仲良くなるんですよ。

―飲んだり遊んだりしているうちに、自然といろんな人と仲良くなっていったんですね。

やつい:レキシの池ちゃん(池田貴史)とも何かのタイミングで仲良くなって、池ちゃんからいとうせいこうさんの家に呼ばれて行ったら、そこにもミュージシャンがいっぱいいて。そこでまた、かせきさん(かせきさいだぁ)とかEGO-WRAPPIN'の森さん(森雅樹)と仲良くなって。それと、ライブに行ったら、関係者が集まって打ち上げでロビー乾杯してたりするじゃないですか? ああいうところでミュージシャンの人と話したりしてましたね。だから本当に、ファンになった人と話してるだけっていう(笑)。

―蜜のお二人もそういうことはあるんですか?

木村:同級生がお笑い芸人をやってるので、観に行ったりはしますね。

やつい:誰ですか?

木村:サンドロップっていう二人組なんですけど。そこに一緒に出てたコーンスターチっていう二人組がめちゃめちゃ面白かったです。

やつい:そういうとき、面白くても、そのまま帰っちゃうでしょ?

木村:はい。帰ります。

やつい:そこで帰らなければ友達になれるんですよ。たとえば、ライブに招待されたら挨拶に行くじゃないですか? それを何回も繰り返してるうちに覚えられていくみたいな感じでしたね。それから10年ぐらい経ってますから、そりゃ友達も増えるわっていう。

ドリフターズもそうだし、植木等さんもそうだし、昔のコメディアンは全員ミュージシャン。(やつい)

―蜜は『HeとSheでShow』というアルバムを完成させたところですが、メジャー2作目ということで、どういう作品を目指していったのでしょう?

橋詰:1枚目は今までやって来たことの集大成みたいな感じだったんですね。今回は、ある程度コンセプト的なものも考えて、男女ボーカルユニットでしか歌えない曲を歌おうと思って作っていきました。たとえば男女が1曲の中に出てくる曲だったり。

木村:まずは声とか歌を聴かせるということを大事にして作りました。今の自分が好きな言葉とか、今のモードを詰め込めたなと思います。

―前のインタビューで「カフェミュージックっぽく思われたくない」って話をしていたんですよね。

やつい:そこに絡めとられそうな気配もありますもんね。

橋詰:アコギに声2つって言ったら、イメージ的にそうなりがちですよね。

―でも実際に蜜のライブを観ると、ゆったりして心地いいだけじゃなくて、ルーツにブラックミュージックがあるんですよね。

橋詰:そうですね。サム・クックやダニー・ハサウェイが好きだったので、影響を受けてる部分はあります。

左から:やついいちろう、木村ウニ(蜜)、橋詰遼(蜜)
中央:木村ウニ(蜜)、右:橋詰遼(蜜)

―日本でソウルやファンクのようなブラックミュージックをやろうとする人は、どこかユーモアの要素が入ってくる人が多い気がするんです。レキシもそうだし、遡れば、ドリフターズは元々ファンクバンドだったし。これはなぜだろう? と思ったりするんですけど。

橋詰:なんだろう、ノリがいいからですかね? ウルフルズもそうですけど、関西のバンドが多いですよね。

やつい:外国のファンクのバンドのライブを観ると、笑える格好をしてたり、変な踊りしてたりしますよね。でも、それは別に笑わせようとしてるわけじゃないっていう。なんか、宇宙から来たみたいな感あるじゃないですか? あれは何なんでしょうね。

―たとえば、間合いや呼吸の部分で、お笑いと音楽の共通点ってあったりするんでしょうか?

やつい:それはあると思いますね。ドリフターズもそうだし、植木等さんもそうだし、昔のコメディアンは全員ミュージシャンですから。いとうせいこうさんと対談したときに仰ってましたけど、そもそも、ライブで弦を張り替えたりしてる時間を喋りでつなぐ必要があって、そのときの喋りがめちゃめちゃ面白かったのが芸人になったきっかけらしくて。

―そういえば小田和正さんが、TRICERATOPSのライブにゲストで出たときに、同じようなことを言ってました。小田さんの世代のミュージシャンは基本的にMCが達者じゃないと生き残れなかったらしくて。だけど、トライセラの和田唱は下の世代で久しぶりに見たお喋りが達者なミュージシャンだ、みたいなことを言っていて。

やつい:そういう意味では、『YATSUI FESTIVAL! 2013』はお喋りが達者なミュージシャンがたくさん出てたかもしれないですね。レキシもそうですし、NONA REEVESの郷太くんや、堂島くんも、お喋りが上手いし。

木村:自分がライブを観にいくときも、空気感や間を楽しませてくれる人の方がいいなって思いますね。曲だけを真面目にやる人よりも、トータルで面白い人がいい。

木村ウニ

―そういうタイプのミュージシャンは、特にアウェイの場で強いですよね。

やつい:そう。フェスに強いんですよ。フェスをきっかけに人気が上がってく人って、大体面白い人なんですよね。怒髪天もそうだし、レキシもそう。たとえ1曲も知らなくても楽しめるっていう。僕、最初のミックスCDを出したときにレキシとツアーをやったんですけど、物販のCDが売り切れましたからね。

笑いをとろうとは思ってなくて、その場で自分が楽しくやりたいってだけで。(木村)

―蜜も、イベントでお客さんを巻き込むパフォーマンスしますよね。僕が初めて蜜のライブを観たのはSEBASTIAN Xってバンド主催の上野野外音楽堂のイベントだったんですけど、あそこでお客さんに「パンダ」でコール&レスポンスをさせてたのをすごく覚えていて。

橋詰:そうそう。木村さんが思いつきでやったんですよ。上野だから。

木村:うん。パンダのコール&レスポンスした気がする。でもよく覚えてないですね……。やったことは忘れちゃうんですよ。

やつい:インスピレーションが降りてくるんだ。

木村:うん。ライブでは、お客さんにニコニコしててもらいたいって気持ちがすごくありますね。もちろん、それぞれ自由に聴いてもらえればいいんですけど、なるべくリラックスしてもらいたいし、楽しんでもらいたいって思ってます。

やつい:楽しんでもらいたいっていうのは重要ですよ。たとえば、下品になりすぎる人は、面白くても売れないんですよ。

―下品な人というと?

やつい:下品な人って、お客さんをいじりすぎるんですよ。僕はそれはあんまり良しとしないんです。

木村:人をいじったりとかは基本的にしないかな。笑いをとろうとも思ってなくて、その場で自分が楽しくやりたいってだけで。

木村ウニ

―蜜の場合は、木村さんが自由に振舞っていて、橋詰くんがそれにブレーキかけるというか、手綱を握ろうとしてるようなときが、一番面白いですよね。

橋詰:収拾がつかなくなりそうになったら立て直すっていう、僕としてはそれだけなんですけどね(笑)。

やつい:自由な人がいるってことはいいことですよね。観てて楽しいです。男女のデュオだと、ハンバートハンバートは『YATSUI FESTIVAL!2013』にも出てもらってるんですけど、男性のほうが自由なんですよね。それで、箱のことがものすごく好きで、箱の魅力についてひたすら話したりするんですよ。

橋詰:箱って、チョコレートの箱とかそういう?

やつい:そう。それがすごく面白いんですよね。本人は大真面目なんですけど。

左から:やついいちろう、木村ウニ(蜜)、橋詰遼(蜜)

―蜜も、歌に対して大真面目ですよね。

木村:そうですね……。

やつい:いやあ、曲を聴いて真面目だなって思いました。いい女感すらありましたよ。でも、笑わそうとしてなくて、タガが外れちゃうみたいな感じなんでしょうね。

木村:タガって何ですかね?

やつい:パッキンみたいなものですよ。パキって外れちゃうみたいなやつです。お客さんも自分で面白さを発見したいっていうのがあるから、自然な笑いっていうのはいいですよね。

私、日頃から女の子のことを考えてるんです。(木村)

―ステージで思いつきでやったりすることって他にもあります?

木村:完全にKICK THE CAN CREWのパクリなんですけど、「上がってんの? 下がってんの? 皆はっきり言っとけ! (上がってる!)」っていうのは、しょっちゅうやってます。

やつい:(笑)。それいいじゃないですか。

木村:あと、嵐のラップもやります。そうすると、女の子たちの目の色が変わるんですよ……。

橋詰:それも、ラップが全く関係ない曲でやるんですよ。本人は「あ、いけるな」って思ってるんでしょうけど。

木村:基本的に何やっても橋詰くんが合わせてくれるので、自由なんです。

やつい:それ、流しのギターの人とやってるカラオケみたいじゃないですか。

橋詰:ははは!

やつい:飲み屋とかでやったら強いんじゃないですか?(笑)

木村:うん、流しでやってみたいですね! 狭い店が密集してる所で歌ってみたりして。

取材後に蜜とやついいちろうが共演した『LIVE FACTORY』の様子
取材後に蜜とやついいちろうが共演した『LIVE FACTORY』の様子

―新作の“ハズミだした小さなエンジン”が、ラップを取り入れた曲ですよね。

やつい:ラップ、好きなんですね。

木村:お兄ちゃんが、B-BOYだったり、サーファーだったり、トランス聴いてたりしていて。そういう影響で、ジャパニーズラップはよく聴いてたんです。それで間違って覚えてたのをそのままライブでやったりしていて。「感じてんの? 感じてへんの? みんなはっきり言っとけ! (感じてる!)」とか。

―木村さんには、ヒップホップの影響が結構あるんですね。

やつい:ヒップホップは、それこそ観客を直接的にアゲてく音楽ですもんね。あんなに観客にいろいろ言うジャンル、なかなかないですよ。「うおー!」と言えとか、「騒げ!」とか、「ジャンプしろ!」とかね。

―木村さんもそんな風に、聴いてる人をアゲたいって気持ちはあります?

木村:私は、わりと女の子をアゲたいっていう気持ちがあります。同性の子にアガってほしいんです。

―女の子にアガってほしいっていうのは?

木村:私、日頃から女の子のこと考えてるんです。

やつい:……え? どういうことですか?

木村:女の子って、恋愛ばっかりに熱くなっちゃったりするんですよ。男の人に媚びることで頭がいっぱいになっちゃったり。そういうことに左右されて脆い感じになっちゃうより、もっと個を強化していこうよ、みたいな。“まじない”って曲も女の子に対して作りました。女の子って嫉妬しがちじゃないですか? でも、そればっかりになるんじゃなくて、自分らしい自分を作っていくことをしようよ、みたいな曲なんです。

木村ウニ

やつい:それって、女の子に対して言ってるんじゃなくて、自分に向けて言ってるんじゃないですか?

木村:そっか。確かに自分がそういうタイプなんです。

やつい:じゃあ女の子のこと考えてるんじゃなくて、自分のこと考えてる。

木村:そうかもしれないです。人に対して何かを思う瞬間に歌詞の言葉がふっと浮かんできたりするんですけど、それって、結局自分に対して言ってることなのかも。

やつい:それ、すごくわかりますよ。コントを作るのもそれに似てますもん。僕は、1つのコントの中に、必ず1個言いたいことがあるんです。それで、人のイヤなところをコントにするんですよね。笑いをまぶしながら「これどう思う?」っていうことを言いたいから、僕のコントにはムカつく奴ばっかり出てくるんです(笑)。でも、そのイヤな奴って、結局自分なんですね。木村さんが言っていてることに近いのかなと思って。

やついいちろう

―木村さんにも、恋愛ばっかりになったり、嫉妬したり、そういう自分のイヤなとことか脆いところを歌にしてる感じがある?

木村:すごくありますね。

やつい:歌詞を書くと自分のことがバレバレになっちゃいますよね。だから、歌詞を書く人って本当すごいなと思うんです。恥ずかしくないですか?

橋詰:僕の場合は、最初に相方に聴かせるときに絶対照れますね。

やつい:「こいつ何言ってんの?」ってなるでしょ?

橋詰:なります。歌詞を書いて、次の日見たら恥ずかしくなったりしますもん。

橋詰遼

やつい:コントも似てるんですよ。笑いをとってるんだけど、それって自分のダメなところを見せてるだけじゃねえか! みたいな。

木村:それわかる! 歌ってて、ずっと自分を見つめてるような感じになって、なんか反省ばっかしてる気がしてきてイヤになったことありますね。

やつい:でも、ダメなところだったらまだ笑ってもらえばいいけど、自分が信じてる部分もバレバレになるのが恥ずかしいですよね。大事にしてる部分を笑われたらへこむじゃないですか。そういうときはどうするんですか? 

橋詰:それはもう、できるだけ見て見ぬふりをしますね。でも、相方にそういうことを直接言われることもあります。

やつい:「これ、クサいんじゃない?」とか?

木村:「これはちょっと、木村には歌えないなぁ」とか言います。

やつい:(笑)。でもね、男の子はロマンチックだから、そういうのって、実は自分の大事な部分だったりするんですよ。「そうだよね、へへへ」とか言ってても、実は相当傷ついてますよ。

橋詰:はい。ものすごく傷ついてます。

―ははは!

やつい:結局そうなんですよね。傷つきながらやってくんですよ(笑)。

イベント情報
 2ndアルバム発売記念コンサート『HeとSheでShow』

2013年7月19日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
出演:蜜
ゲスト:
エマーソン北村(Key)
ASA-CHANG(Per)
料金:3,200円(ドリンク別)

蜜プレゼンツライブ『voice dinner』(昼夜2公演)

2013年9月23日(月・祝)OPEN 13:00 / START 14:00
会場:東京都 渋谷 7th FLOOR
2013年9月23日(月・祝)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 7th FLOOR

蜜プレゼンツ『voice dinner EXTRA』vol.2

2013年9月27日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋ell SIZE

蜜プレゼンツライブ『voice dinner』(昼夜2公演)

2013年9月29日(日)OPEN 12:30 / START 13:30
会場:大阪府 心斎橋 Janus dining
2013年9月29日(日)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:大阪府 心斎橋 Janus dining

やついいちろう(エレキコミック)
遊園地再生事業団 #19『夏の終わりの妹』(仮)リーディング公演

2013年7月19日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
2013年7月20日(土)OPEN 14:30 / START 15:00、OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 SARAVAH東京
作・演出:宮沢章夫
出演:
小浜正寛
松村翔子
やついいちろう
上村聡(遊園地再生事業団)
牛尾千聖(遊園地再生事業団)
料金:2,500円(1ドリンク付)

『やつい孔明のヴィレ蛮征伐 〜サインお渡し会ツアー〜』

2013年7月22日(月)16:00〜
会場:東京都 マルイシティ上野

2013年7月22日(月)19:00〜
会場:東京都 お茶の水

2013年7月23日(火)16:00〜
会場:埼玉県 new styleイオンレイクタウンkaze

2013年7月23日(火)19:00〜
会場:埼玉県 浦和パルコ

2013年7月25日(木)17:00〜
会場:神奈川県 本厚木ミロード

2013年7月25日(木)19:30〜
会場:東京都 町田路面

2013年7月26日(金)15:30〜
会場:東京都 ららぽーと豊洲

2013年7月26日(金)18:00〜
会場:東京都 渋谷宇田川

2013年7月27日(土)12:00〜
会場:福岡県 小倉駅前

2013年7月27日(土)17:00〜
会場:熊本県 熊本パルコ

2013年7月28日(日)15:00〜
会場:福岡県 福岡パルコ

2013年7月28日(日)18:00〜
会場:福岡県 福岡大名

2013年7月29日(月)15:00〜
会場:神奈川県 アピタ長津田

2013年7月29日(月)18:00〜
会場:神奈川県 横浜ワールドポーターズ

2013年7月30日(火)15:00〜
会場:埼玉県 イオンモール北戸田

2013年7月30日(火)18:00〜
会場:東京都 池袋サンシャインシティアルタ

2013年8月2日(金)12:00〜
会場:愛知県 イオンモールmozoワンダーシティ

リリース情報

『HeとSheでShow』(CD)

2013年7月17日発売
価格:2,500円(税込)
TOCT-29166

1. ハズミだした小さなエンジン
2. ひとりぼっちのレース
3. 特別な人
4. ふたりの公園
5. まじない
6. CHAMBARA
7. 蝸牛
8. シュガーハニー

プロフィール
蜜(みつ)

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂、二人の出会いが生んだ、奇跡の「唄合戦ユニット」。木村のパワフルでソウルフルな声と、橋詰の伸びのある透き通った声が創り出す蕩けるハーモニーは、観る者の右脳を揺さぶる。ロック、ポップ、ソウル、昭和歌謡と、あらゆるジャンルにアクセスし、もはや何が起こるかわからないエネルギッシュなパフォーマンスが話題になり、デビュー1か月にして『FUJIROCK FESTIVAL'12』に出演。2012年ファーストフルアルバム『eAt me!』をリリース。2013年『HeとSheでShow』をリリース。

やついいちろう

1997年にエレキコミック結成。お笑いと並行して、DJとしても活動し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL!」や「SWEET LOVE SHOWER」など、全国の野外フェスに出演。またアーティスト、アイドル、文化人、芸人などが混合するエンターテイメントフェス「YATSUI FESTIVAL! 2013」を自ら企画し、7月20日(土)24:10〜25:09にはNHK BSプレミアムにて、当日の模様が放送決定。TBSラジオ「エレ片のコント太郎」、J−WAVE「SUMMER TIME SPLASH」、NOTTV「#エンダン」、NHK「シャキーン!」が放送中。5枚目MIX-CD「YATSUI FESTIVAL!」がビクターエンタテイメントより発売中。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • 蜜とやついいちろうの「タガが外れた」対談

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて