特集 PR

あの人の音楽が生まれる部屋

あの人の音楽が生まれる部屋

KORG
2017/02/28

アーティストのプライベートスタジオ、プライベートルーム。1人楽器をつま弾いたり、レコードコレクションを聴いたり、思いついたフレーズやアイデアを録音したり、友人を招いてジャムセッションをしたり……。世界中で愛されている、あんな名曲やこんな迷曲も、はじめはそんな風景から何気なく生まれてきたのかもしれません。

ふだんならまず見ることのできない、アーティストのプライベート空間を取材させていただこうというこの連載。音楽を生み出すためのたくさんの機材や楽器が並んでいる空間。よくわからないけれどワクワクする、さっそくそんな部屋を覗いてみましょう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)