特集 PR

二階堂ふみと行くアートの世界『映画をめぐる美術』展

二階堂ふみと行くアートの世界『映画をめぐる美術』展

内田伸一
撮影:菱沼勇夫

映画と美術。映像技術の出現以来、あっという間に発展を遂げた「映画」という新しい芸術は、美術の世界にも大きな影響を与え、互いに発展してきました。そんな関係性に、これまでにないユニークな形で迫る展覧会が、東京国立近代美術館で開催中の『映画をめぐる美術――マルセル・ブロータースから始める』です。

今回は、女優の二階堂ふみさんと同展を体験しました。その比類ない存在感で数々の名作・奇作映画に出演、さらに生粋のディープな映画好きでもある二階堂さん。シネマコンプレックスのような空間に変貌した美術館で、彼女は何を見つけることになるのでしょうか。

美術館に「映画を読む」ためのシネコンが出現

展覧会の始まりは、意外にも小さな入口から。見上げれば、最初の作品がそこにあります。ベルギーの作家、マルセル・ブロータースの短編映像『ケルンでの犯罪』です。街角でペーパーバック小説を読む耽る美少女、そこに忍び寄る人影……。お洒落なモノクロ映像に妖しい違和感も潜むこの作品は、展覧会の予告編的な役割?

二階堂:映像の雰囲気はジャン=リュック・ゴダールとか、ヌーヴェルバーグ(1960年前後に興ったフランスの映画運動)っぽい感じもありますね。作者のブロータースさんの名前は展覧会タイトルにも入っているけれど、どういう人なんですか?

マルセル・ブロータース(1924~1976)はベルギー出身で、オブジェ、写真、映画など多彩な創作で知られた芸術家。もともと詩人だった彼の映像作品は、ふだん気にとめない言葉やイメージを、意外なかたちで結びつける体験へ私たちを誘います。それはつまり、ドラマティックな筋書きや美麗な風景とは異なる、映画の隠れた力にふれること? この展覧会はブロータースを出発点に、今活躍するアーティスト13名の「映像をめぐる美術」を読み解く試みなのでした。それはユニークな展示空間作りにも現れています。まず会場の中心には、古き良き時代を思わせる5台の16mmフィルム映写機が静かに回転しつつ、ブロータース作品を映し出す広間が。

二階堂ふみ
二階堂ふみ

二階堂:まるで古い映画館みたいで楽しいですね。フィルム映写機で実際に投影しているのも素敵です。ここに映し出されているのが、どれもブロータースのかつての作品なんですね?

そう、この部屋全体が、彼が1970年に開催した自作の上映会『シネマ・モデル:ラ・フォンテーヌのプログラム』を再構成したもの。そして今回、鑑賞者はこの部屋を出発&通過点に、6つの「theatre(劇場)」で現代作家の表現にふれるという仕掛けです。さっそく「映画をめぐる美術」の劇場めぐりへ出かけましょう。

マルセル・ブロータース『シネマ・モデル』が展示された空間
マルセル・ブロータース『シネマ・モデル』が展示された空間

秒速24回の真実、あるいは嘘

最初の「theatre 1|Still-Moving」は、静止画の連なりが動画を生むという(当たり前すぎてもはや意識されない)映画の構造をあらためて考えさせる部屋。二階堂さんが歩み寄ったのは、数々の女優の肖像を思わせる写真でした。シンディ・シャーマンの『アンタイトルド・フィルムスティル』シリーズです。

シンディ・シャーマン『アンタイトルド・フィルムスティル』展示風景
シンディ・シャーマン『アンタイトルド・フィルムスティル』展示風景

二階堂:かわいいですね! たとえばこれはブリジット・バルドーっぽかったり、どれも洋服の着こなし方やヘアメイク、立ち姿などから往年の映画女優たちを連想します。でもこれ、女優本人ではないような……。

そう、この連作は、アーティスト自身が多彩な役柄を演じるセルフポートレイト。ヒッチコックやフェリーニの映画も連想させますが、特定の映画の再現ではなく、むしろ映画についての人々のあいまいな記憶を呼び起こすような作品です。「オリジナルなきコピー」を演じるこの行為は、豊かなイメージを喚起させる映画や映像が、一方で観る側に特定のイメージを固着させていく事実があることをささやきかけます。

向かい合う壁にはミニマルな写真が24点。アナ・トーフの『露わにされた真実』です。どれも、視点を変えた空白の投影画面に「vérité」(フランス語で「真実」)の一語が書き込まれただけ。「24」とは1秒間に進むフィルムのコマ数でもあり、ゴダール映画の台詞「写真が真実なら、映画は毎秒24回の真実だ」も思い起こされます(なおミヒャエル・ハネケ監督は「映画とは毎秒24の嘘。そこに真実あるいは真実のヒントが潜む」とも言いました)。

アナ・トーフ『露わにされた真実』展示風景
アナ・トーフ『露わにされた真実』展示風景

二階堂:この作品は、シンプルだけどすごく印象的ですね。毎秒24回の真実か……。私は小さなころから映画好きの母と映画館でいろんな作品を観て、今は映画の現場が大好きで女優をしています。仕事を通してフィクションとドキュメンタリーの違いについて思うこともあって、色々と考えさせられます。映画への向き合い方を広げてくれる、素敵な作品だと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『映画をめぐる美術―マルセル・ブロータースから始める』

2014年4月22日(火)~6月1日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
参加作家:
マルセル・ブロータース
シンディ・シャーマン
アイザック・ジュリアン
ダヤニータ・シン
ピエール・ユイグ
アナ・トーフ
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル
アクラム・ザタリ
やなぎみわ
ミン・ウォン
エリック・ボードレール
アンリ・サラ
田中功起
休館日:月曜、5月7日
料金:一般850円 大学生450円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

連続ギャラリートーク

『ギャラリートーク』
2014年5月10日(土)14:00~15:00
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
出演:ダヤニータ・シン(本展出品作家)

『緊急企画|建築家が語る、会場構成のこれから』
2014年5月17日(土)14:00~15:00
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
出演:西澤徹夫(建築家・本展会場デザイン担当)ほか

『朗読イベント』
2014年5月24日(土)14:00~15:00
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
出演:温又柔(小説家)、小島ケイタニ―ラブ(音楽家)

『ギャラリートーク』
2014年5月31日(土)14:00~15:00
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
出演:岡田秀則(東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員)

※いずれも参加無料(申込不要、要観覧券)

『金曜の夕べの特集上映』
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル特集
2014年5月9日(金)18:30~19:30
2014年5月23日(金)18:30~19:30
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
上映作品:
『最初から[De Novo]』
『ノーリターン[No Return]』
『ロミリー[Romilly]』
『Belle comme le jour[トリスタン・ベラとの共作]』
『アトミック・パーク[Atomic Park]』
料金:無料(申込不要、要観覧券)

『ミン・ウォン特集』
2014年5月16日(金)18:30~19:30
2014年5月30日(金)18:30~19:30
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
上映作品:
『不安を食いつくす[Angst Essen / Eat Fear]』
『ペトラ・フォン・カントとドイツ語を学ぼう[Learn German with Petra Von Kant]』
『明日、発ちます[Devo partire. Domani / I must go. Tomorrow.]』より『母』
『コンタクトホープ[Kontakthope]』
『メイキング・チャイナタウン[Making Chinatown]』より抜粋
料金:無料(申込不要、要観覧券)


「読む」ではなく「聞く」

『映画をめぐる美術――マルセル・ブロータースから始める』オーディオコメンタリー配信中

展覧会関係者による、出品作のうち7本の映像作品を観ながらのおしゃべりをYouTubeにて配信中。作品解説よりもユルい、でもためになる話をラジオ感覚で聞くことができます。

プロフィール

二階堂ふみ(にかいどうふみ)

1994年9月21日生まれ、沖縄県出身。12歳のとき『沖縄美少女図鑑』に掲載された写真がきっかけとなりスカウトされる。2009年『ガマの油』でヒロイン役に抜擢されスクリーンデビュー。2011年『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』にて主演を果たす。2012年公開の『ヒミズ』で『ヴェネチア国際映画祭 マルチェロマストロヤンニ賞(最優秀新人賞)』を受賞。6月に主演映画『私の男』の公開を控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)