特集 PR

鏡よ鏡、滑稽なのはだあれ? 吉澤嘉代子インタビュー

鏡よ鏡、滑稽なのはだあれ? 吉澤嘉代子インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2013/05/31
  • 0

滑稽なものを作りたいと思ってるんです。

―途中まで話を聞いてて、曲を作る動機として承認欲求が強いのかなって思ってたんですけど、今はそういう時期を過ぎて、「いかに面白い曲を作れるか」っていうのが動機になってるんですね。

吉澤:滑稽なものを作りたいと思ってるんです。みんな表には出してないけど、自分だけが知ってる自分のかっこ悪い部分ってあるじゃないですか? それを私が体現して、バカにされたりしながらも、「でも、わかる」みたいに言ってもらえたら、「しめたな」って(笑)。

―“化粧落とし”の<電話がとだえたのは きっと 会うまえに餃子を食べたせい>とか、かなり滑稽だよね(笑)。

吉澤:「餃子を食べたせいにしたい」っていう滑稽さですね(笑)。笑ってほしいし、バカにしてほしい、ひょうきんなものがいいですね。

―共感っていうよりも、笑ったり、楽しんでほしい?

吉澤:「面白い」って思ってもらいたいのが一番ですね。片想いのラブソングだったとしても、私はキュンキュンしながら書いてるというより、「どこに滑稽さを入れようか?」って考えていて、それを真剣に書いてるつもりです。でも、曲を作るときって大概泣きながら作っていて、感情が爆発している状態なので、あんまり書いてるときのことは覚えてないんです。「こう言ったら、こうなるだろう」ってことは、曲を作ってないときは思ってるけど、作ってる間は飛んじゃってますね。ホントは飛んじゃいけないと思うんですけど(笑)。

―サウンドについての細かい話はまた次回の取材で話してもらおうと思ってるんですけど、今回いろんなプロデューサーさんと組んで作ってみて、どんな感想を持ちましたか?

吉澤:3年分くらいのデモの中から厳選してるので、すごく初期に録ったものは右も左もわからなくて、自分の曲がどんなサウンドになるのか想像もつかなかったんです。でも最近録ったものに関しては、自分でイメージを伝えられるようになりました。

吉澤嘉代子

―そんなに昔に録ったものも入ってるんですか?

吉澤:“泣き虫ジュゴン”は17歳の頃に作った曲で、それを21歳のときに、当時の自分に向けて歌詞を書き直したんですけど、レコーディングの当日まで歌詞を書いてたんです。なので、すごくドキュメントになっているというか、歌詞の世界に入り込んだままレコーディングをしたので、それがそのままリリースできてすごく嬉しいです。

―では最後に、これからどんな曲を作っていきたいか、改めて話してもらえますか?

吉澤:世界が1つあって、主人公がいてっていう楽曲を作って、聴いてくれる人がその世界に自分を投影できるような楽曲を作りたいです。どうしてかっていうと、例えば私が聴いてくれる人のところに行って寄り添ったとしても、ほっぺたをくっつけるぐらいしかできない。だけどその人自身になれたら、一番その人の近くにいられると思うんです。つまりその人の鏡になりたいというか、究極的には私が歌ってなくてもいい、名曲と呼ばれるようなものを作りたいですね。

Page 4
前へ

イベント情報

『インディーズ1st mini Album「魔女図鑑」リリースパーティー〜吉澤嘉代子、ただいま魔女修行中。〜』

2013年6月5日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
出演:
吉澤嘉代子
黒沼英之
関取花
野上智子
料金:前売2,500円(ドリンク別)

リリース情報

吉澤嘉代子<br>
『魔女図鑑』(CD)
吉澤嘉代子
『魔女図鑑』(CD)

2013年6月5日発売
価格:1,500円(税込)
YMPCD-6

1. 未成年の主張
2. 化粧落とし
3. 恥ずかしい
4. らりるれりん
5. 泣き虫ジュゴン
6. ぶらんこ乗り

プロフィール

吉澤嘉代子

1990年埼玉県川口市生まれ。鋳物工場街育ち。父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞作曲を始める。2010年11月、ヤマハ主催のコンテスト“The 4th Music Revolution”JAPAN FINALに出場し、グランプリとオーディエンス賞をダブル受賞。2013年6月5日、インディーズ 1st mini Album「魔女図鑑」発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)