特集 PR

東京中心ではない多様性のあり方 芸術総監督・宮城聰に聞く

東京中心ではない多様性のあり方 芸術総監督・宮城聰に聞く

インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:相良博昭

ゴールデンウィークのスケジュールを、静岡に行くために空けておく舞台芸術ファンは多い。東静岡という静かな駅の近くに建つSPAC‐静岡県舞台芸術センター(以下SPAC)で毎年開催される『ふじのくに⇄せかい演劇祭』(以下『せかい演劇祭』)は、時間やお金をかけてでも行く価値のある刺激的なプログラムが組まれるからだ。

宮城聰は7年前からこの劇場の芸術総監督に就任し、『せかい演劇祭』のディレクターも務める。今年はなんと、宮城演出の『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』と、昨年、同演劇祭が制作したクロード・レジ演出『室内』が、世界最大の規模と実験的な精神から「演劇の聖地」とも呼ばれるフランスの『アヴィニョン演劇祭』のメイン会場に招聘されることが決まった。一地方都市の公立劇場が質の高い芸術活動を続け、国際的なプレゼンスを高めていることは大きな驚きに値する。その中心にいる宮城を支える、活動のモチベーションを伺った。

東京には劇場がたくさんありますから、それぞれの劇場は極端に言えば専門店でもいいんです。

―『ふじのくに⇄せかい演劇祭』は、公立劇場発信のフェスティバルとして10年以上も続き(2000年~2010年は『Shizuoka春の芸術祭』)、成果を上げています。SPAC初代芸術総監督の鈴木忠志さんから引き継がれたとき、宮城さんはどういう方向性を目指して工夫をしていこうと考えられたのでしょうか。

宮城:2つありまして、まず劇場のレパートリー、つまり上演する演目ですね。東京には劇場がたくさんありますから、それぞれの劇場は極端に言えば専門店でもいいんです。あそこはカレー屋さん、あそこは蕎麦屋さん、あそこはステーキハウスと分かれていていい。ところが静岡県に演劇専用の劇場は実質的にSPACしかないわけで、静岡で芝居を観ようと思った人は、自由に劇場を選ぶことができません。僕ら劇場側としても毎回同じテイストばかり出すわけにはいかないので、デパートの大食堂のように、ハンバーグもあれば蕎麦も鮨も中華もあるというラインナップにすることは考えました。

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』上演作品『真夜中の弥次さん喜多さん』©しりあがり寿
『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』上演作品『真夜中の弥次さん喜多さん』©しりあがり寿

―コンセプチュアルに作品を選んで世界観を限定するのではなく、演劇の持っている幅そのものを提示するということですね。

宮城:ええ。そして、『せかい演劇祭』では先端的なもの、カッティングエッジな作品も積極的に取り込んでいこうと考えています。劇場の通常公演では作品の幅も考えながら、「まずこれは押さえておこうよ」というラインナップも意識しているんです。SPACに3~4年通えば、大体の世界演劇史は把握できるんじゃないかというプログラムを組んでいる。対して『せかい演劇祭』は、まだ演劇史にもカテゴライズできないような、演劇という領域を外に拡張していく作品も紹介していきます。だから『せかい演劇祭』では、『ファウスト 第一部』のような古典作品とあわせて、これまでは演劇と呼ばれなかったような作品も上演されるんです。

 
宮城聰

―そういった選択眼もあって『せかい演劇祭』には、東京を始めとして全国から多くの観客が集まっていますね。

宮城:SPACの芸術総監督に就任するまで、自分自身が東京をベースに活動していましたから、当然、どういうものだったら静岡までわざわざ観に行くだろうということは考えました。ク・ナウカ(宮城が演出・主宰する劇団)で世界各地の演劇祭に参加した経験がありますから、演劇祭は何のために行なわれるのか、どんな演劇祭が参加して盛り上がったのかなど、良い記憶の中から目標にする部分もありました。もちろん、『せかい演劇祭』という枠組み自体も重要な遺産で、前任の鈴木さんが提案しなければ、きっと静岡に自然発生的には生まれなかったものだと思うんです。そういう器がすでにあったことは、とても大きいです。

Page 1
次へ

イベント情報

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』

2014年4月26日(土)~5月6日(火・祝)
会場:静岡県 静岡芸術劇場、静岡県舞台芸術公園など
上演作品:
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』(演出:宮城聰)
『ファウスト 第一部』(演出:ニコラス・シュテーマン)
『ジャン×Keitaの隊長退屈男』(作・演出:ジャン・ランベール=ヴィルド)
『よく生きる/死ぬためのちょっとしたレッスン』(構成・演出:エンリケ・バルガス)
『真夜中の弥次さん喜多さん』(脚本・演出:天野天街)
『タカセの夢』(振付・演出:メルラン・ニヤカム)
『マネキンに恋して - ショールーム・ダミーズ -』(演出・振付・舞台美術:ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ)
『Jerk(ジャーク)』(演出:ジゼル・ヴィエンヌ)
上映作品:
『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ(原題)』(監督:サイモン・ブルック)
『ピーター・ブルックのマハーバーラタ』(監督:ピーター・ブルック)
『アヴィニョン演劇祭の60年~世界最大の演劇祭はこうして生まれた』(監督:ミシェル・ヴィオット 脚本:ミシェル・ヴィオット、ベルナール・フェーヴル=ダルシエ)
『ピーター・ブルックの演劇的冒険 — アフリカの100日』(監督:ミシェル・アガット)

ワークショップ:『ミリアム・ゴルトシュミットによる演劇ワークショップ』(講師:ミリアム・ゴルトシュミット)
※各プログラムの開催日時などはオフィシャルサイト参照

プロフィール

宮城聰(みやぎ さとし)

1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、1990年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘。また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。代表作に『王女メデイア』『マハーバーラタ』『ペール・ギュント』など。2004年『第3回朝日舞台芸術賞』受賞。2005年『第2回アサヒビール芸術賞』受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)