特集 PR

シティボーイズが語る「歳をとったコメディアンは、もはや老害」

シティボーイズが語る「歳をとったコメディアンは、もはや老害」

インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:永峰拓也

大竹まこと、きたろう、斉木しげるから成るシティボーイズは、後世に多大なる影響を与えながらも、若手が簡単には真似できないオリジナルな世界を体現してきた、唯一無二のコントユニットだ。例えば『キングオブコント』のような番組を見ると、シティボーイズから触発されたであろう部分が散見されると同時に、未だに誰も彼らと同じ地平には立てていないことが分かる。そのナンセンスでシュールな芸風は他の追随を許さなかったのである。

そんな彼らが五反田団主宰の前田司郎を作・演出に迎えた公演『シティボーイズ ファイナルpart.1「燃えるゴミ」』のDVDが、10月28日に発売される。公演名に「ファイナル」と銘打ち、ひとつの区切りを迎えた彼らの足跡を、三人の発言を交えながら振り返ってみよう。

演劇につまらなさを感じ、コントの世界に飛び込んだ

シティボーイズの結成は1979年。当初、彼らは劇団「表現劇場」の一員として、俳優の風間杜夫らと演劇活動を行っていた。だが、既成の演劇に退屈を覚えた三人は、徒手空拳でコントの世界に身を投じ、1981年には『お笑いスター誕生!!』で10週を勝ち抜いてグランプリを獲得。彼らの初期の作風を象徴する公演名として、『思想のない演劇よりもそそうのないコント!!』というものがあるが、このタイトルについて彼らは当時をこう回顧する。

斉木:俺たちの若い時は、新劇が盛んで、思想の押しつけ的なものをすごく感じていたんだよ。それに対して冗談じゃないって思っていた。それだったらコメディアンの先輩の方がずっとすごいと思ったわけで。

きたろう:演劇はつまらないという素直な言葉ですよ。僕たちの時代の演劇は、それほど思想のない人が得意気に啓蒙的な芝居をして、何がやりたいんだろうと不思議だったからね。

左から:きたろう、大竹まこと、斉木しげる
左から:きたろう、大竹まこと、斉木しげる

新劇とはヨーロッパ流の近代的な作風を目指す日本の演劇を指す。だが、芸術志向が強く、時に大上段に社会的メッセージを発する新劇に、彼らは違和感を覚えていたようだ。一方、シティボーイズのコントはいい意味で観た後に何も残らない、という印象がある。思わせぶりな思想的意匠をまとった演劇ならば、くだらないことを一生懸命やるほうがかっこいい、と彼らは思ったのではないだろうか。赤塚不二夫的に言うなら、「真面目にふざける」というスタンスである。

『シティボーイズ ファイナル part.1「燃えるゴミ」』より
『シティボーイズ ファイナル part.1「燃えるゴミ」』より

36年間、時代を読みながら、他の人がやっていないことを絶えずやり続けてきた

そんな彼らが1983年から開始した舞台公演『シティーボーイズ・ショー』には、当時放送作家だった宮沢章夫が作家として参加した。更には、そこにゲスト出演していた竹中直人、中村有志、いとうせいこうらと共にお笑いユニット、ラジカル・ガジベリビンバ・システムを結成。彼らの笑いは1980年代のサブカルチャーシーンに大きな足跡を残しており、スチャダラパーは彼らの公演『スチャダラ』からグループ名を取っているほどだ。下の世代に様々な影響を与えてきた理由を、彼ら自身はこう分析する。

きたろう:他の人がやっていないことを絶えずやろうと思っていたからじゃないかな。見たことのないことをやってくれたって言われることも多いし。そのかわりメジャーにはなれなかったけど、新しいことが好きな人には好かれたんだと思う。あとはかすかなインテリジェンスが感じられるところかな、若い人に影響を与えられたとしたら。

きたろう

―シティボーイズがすごいのは、名コントがいくつもあるのに、それを再演してこなかったところだと思うんですけど。

大竹:同時代性の中で常に新しいことをやりたいと思っていたわけで、そのためには同じことをやって笑わせるんじゃだめだったんだよ。コントでも漫才でも、自分の十八番を延々とやり続ける人もいるけど、俺たちはそういうふうになれなかったんだね。作家も宮沢(章夫)、三木(聡)、細川(徹)、天久(聖一)、今回(『シティボーイズ ファイナルpart.1「燃えるゴミ」』)の前田司郎さんと、どんどん変わっていったしね。

きたろう:改めてこれまでやってきたコントを並べてみると、「こんな何本もやってたんだ」ってびっくりしたね。

斉木:同じことやってると飽きちゃうんだろうな。きたろうさんなんかひとつの公演だって初日で飽きちゃうんだから。

斉木しげる

―シティボーイズは作家たちにも影響を与えていますよね。

大竹:時代を乗り越えようとする作家たちが、俺たちを「こいつらなら使えるんじゃないの?」って思ってくれるようなことをしてきたからね。そう思ってくれる作家たちとの共同作業がなかったら、全然違うグループになってた可能性は高い。

きたろう:作家を育てたっていう自負はあるよね。

大竹:そうか?

斉木:コントの世界にいる人たちは、素晴らしい才能を持った作家たちのことに気付いてなかったんだよ。そういう人たちとうまく合体できたことは大きい。時代を読んでる人たちとめぐりあえたと思うね。今回の前田くんなんか典型的だと思う。

きたろう:こっちから見つけるというか、寄って来てくれるんだよね、作家が。

斉木:面白いことをずっと続けてるから寄ってきてくれたんだと思う。ずっとやってなきゃだめだった。36年やってきたからね。続けてきたからこそ、だと思うよ。

Page 1
次へ

リリース情報

『シティボーイズ ファイナル part.1「燃えるゴミ」』(DVD)
『シティボーイズ ファイナル part.1「燃えるゴミ」』(DVD)

2015年10月28日(水)発売
価格:5,076円(税込)
COBM-6807

[収録内容]
・舞台本編映像
・舞台特別映像
・シティボーイズスペシャルインタビュー

プロフィール

シティボーイズ

大竹まこと、きたろう、斉木しげるによるコントユニット。1979年結成。1981年から『お笑いスター誕生!!』に出場し、10週勝ち抜きでグランプリを獲得する。1980年代から定期的にコントを上演してきた。定型に陥ることを周到に避け、コントに新鮮な風を送り続けてきた彼ら。まさに、コントをアートにまで高めたといっても過言ではない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)