特集 PR

今泉力哉とアルプの斜め上の恋愛観 今の恋愛映画にもの申す

今泉力哉とアルプの斜め上の恋愛観 今の恋愛映画にもの申す

アルプ『知らない、ふたり』サウンドトラック
インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:豊島望

『サッドティー』『こっぴどい猫』『たまの映画』などで知られる恋愛映画の旗手・今泉力哉監督の新作『知らない、ふたり』が1月9日から公開される。韓国の男性歌手グループ、NU'ESTのメンバー3人を主要キャストに抜擢し、過去作品でも見られた人間交差点的な恋愛群像劇を描いた作品だ。前半で伏線を多数ちりばめておいて、後半それを巧みに回収するという手法はますます洗練されており、今泉監督の代表作となりそうな予感もある。

そして、この映画の音楽を担当したのが、蓮沼執太フィルなどで活躍する石塚周太と、HEADZからソロ作もリリースしている木下美紗都による音楽プロジェクト、アルプだ。この映画のサントラが初めての音源となるが、劇中で未使用だった音楽も含み、淡く茫洋としたサウンドスケープが実に魅力的な作品となっている。そこで、アルプの二人と今泉監督に、映画の成り立ちからライブと音源の違いまで、おおいに語ってもらった。

アルプの音楽は登場人物の感情をわざとらしく盛り上げるのではなく、引き算の音楽なんですよね。(今泉)

―アルプのお二人は『知らない、ふたり』の音楽を担当することになってから今泉監督の作品をご覧になったんですよね。最初の印象は?

木下:まず思ったのは、音楽の入っている部分がすごく少ないな、ということですね。音楽をあまり使わない人で、音楽の入る余地が少ない映画を撮る人なんだろうなと。だから、そういう人の作品にどう音楽をつけるべきなのかかなり考えたし、悩みました。ただ、今泉監督の映画って、音楽がなくても独特のテンポがあるんですよね。

石塚:その「テンポ」の話と通じるかもしれないんですけど、僕は過去の作品を見て、人がたくさん出てくる群像劇でありながらすごく整然としている感じがしたんです。だから音楽を無理やりつける必要もないんじゃないか? と最初は思ってしまって、やっぱり難しかったですね。

左から:石塚周太、木下美紗都
左から:石塚周太、木下美紗都

―具体的に音楽はどのようにつけていったんですか?

木下:とりあえず映像を見たり話を聞いた感じで、感覚的に自分たちの中から湧いてきたイメージをどんどん曲にしました。このシーンに合うかな? とか考えながら作った曲もあるんですけど、基本的にはどのパートで使われるかは今泉さんにお任せで。「こんな曲ができました」って投げて、好きに使ってもらおうと。だから、今泉さんがどこにつけるのか、楽しみに待っていました。

今泉:今回、主要キャストが韓国人だったこともあって、前半はせりふを少なくしたんですよね。これまで、言葉に頼りすぎて映像で表現できないというのが課題でもあったので、結果的にそこに挑戦する形になりました。これまでのように会話劇がメインだと音楽の使いどころが少ないのですが、そういうわけでいつもよりも入り込む余地を確保できたと思います。アルプが作ってくれたのは、登場人物の感情をわざとらしく盛り上げるんじゃなくて、どちらかというとシンプルな、引き算の音楽。それは自分の映画の作り方とも共通していると感じましたね。

今泉力哉
今泉力哉

カップルがお互いに同じくらいの想いの量で好き合ってることってないじゃないですか? 対等じゃないのが面白い。(今泉)

―『知らない、ふたり』は恋愛がモチーフですけど、今泉さんは一貫して恋愛についての作品を作ってきましたよね。これはなぜでしょう?

今泉:自然とそうなるんです。オリジナルで好きなものを書いてくれと言われたら、恋愛に関する脚本しか書けない。自分の生活の中で一番興味があることが恋愛なんでしょうね。恋愛以外のテーマで何か作るとすれば、家族かなと思いますけど。

『知らない、ふたり』 ©2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan
『知らない、ふたり』 ©2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan

『知らない、ふたり』 ©2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan
『知らない、ふたり』 ©2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan

―人間関係の機微が一番分かりやすく出るものとして、恋愛を描いている、ということですか?

今泉:そういうことですね。結局、付き合っていたり、結婚しているカップルがお互いに同じくらいの想いの量で好き合ってることってないじゃないですか? 対等な関係があり得ないというか。それが面白いし、興味があるから恋愛を描いています。あと、今ある恋愛映画があまりにも偏っている気がして、それに対するアンチもあるんですよ。お互いのことが大好きで、付き合って幸せになるみたいな映画が多いけど、そんなことあるのかな? って。僕は結婚していますけど、みんなそんなに「好き」という気持ちが長続きするものなのかな? って思います。

―今泉監督の映画って、一貫して人と人との「繋がり方」じゃなくて「すれちがい方」を描いている気がして、それが面白いと思います。

今泉:一人でいると精神が安定する人間なので、それが元にあるのかもしれないです。今の嫁とは長いですけど、それ以前は付き合っても長くて1年とかで。人を信用できないし、一人でいるのが好きなんですよね。

Page 1
次へ

作品情報

『知らない、ふたり』
『知らない、ふたり』

2016年1月9日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督・脚本:今泉力哉
出演:
レン
青柳文子
韓英恵
ミンヒョン
JR
芹澤興人
木南晴夏
配給:CAMDEN、日活

リリース情報

アルプ『知らない、ふたり』オリジナルサウンドトラック
アルプ
『知らない、ふたり』オリジナルサウンドトラック(CD)

2015年12月23日(水)発売
価格:2,000円(税込)
DIAA / YZDI-10141

1.「善意のいす」 1
2. ヒールのある靴 1
3. 階段状の道
4. アパート 1
5. いすの男
6. 公園
7. ノート
8. ヒールのある靴 2
9. 知らない、公園
10. クロッキー
11. アパート 2
12. Y字路
13. その人
14. ヒールのある靴 3
15. 銀紙
16. レオン
17. 「善意のいす」 2
18. Cherry alp re-construction ver.

プロフィール

今泉力哉(いまいずみ りきや)

1981年2月1日生まれ。音楽ドキュメンタリー『たまの映画』(2010年)で商業映画デビュー。恋愛群像劇『こっぴどい猫』(2012年)がトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞を含む数々の海外映画祭で上映。テレビドラマ『イロドリヒムラ』への脚本参加(監督・犬童一心)や、山下敦弘監督とともに共同監督したドラマ『午前3時の無法地帯』など映画以外にもその活動の場を広げ、その後『サッドティー』(2014年)では男女の一筋縄ではいかない恋愛模様を描き注目された。長編映画作品には『たまの映画』『終わってる』『こっぴどい猫』『サッドティー』『鬼灯さん家のアネキ』がある。

アルプ

木下美紗都と石塚周太による音楽プロジェクト

木下美紗都(きのした みさと)

木下美紗都(きのした みさと)1980年生まれ。作曲、音、鍵盤、歌。自身のソロ作として『海 東京 さよなら』『それからの子供』など3枚のアルバムをWEATHER/HEADZよりリリースする他、瀬田なつき監督『彼方からの手紙』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』などの映画音楽や、ホナガヨウコとの公演『君の知らない転び方』の舞台音楽などを手掛けている。近年では、ピアノによる作曲と3人の演奏によって変幻するトリオバンド「木下美紗都と象さんズ」での活動の他、自作コンタクトマイクを取りつけた物体の演奏や、ラップトップ内で生成したトラックとの非同期演奏、サンプラーによって楽曲とオーディオを改造する試みなど、様々な方法と行為によって音と作曲を捉え直している。

石塚周太(いしづか しゅうた)

1982年生まれ。ギターやベースの演奏家、トラックメイカー、サウンドエンジニア。木下美紗都と象さんズ、蓮沼執太フィルへメンバーとして参加。近年ではサンプラーによるギターノイズの演奏や自作楽器に自作コンタクトマイクを取りつけての演奏等、音そのものへのアプローチを試みる。また、ポップデュオ、detune.のメンバーとして、WEATHER/HEADZより3枚のアルバムをリリース。DVD売り上げ累計60万部、日本テレビ2015年秋アニメ「Peeping Life」のテーマ曲を担当。NHKみんなのうた『ひげヒゲげひポンポン』のMIXを担当。静岡県浜松市立の小学校校歌の作詞作曲、映画音楽劇伴の作曲等、活動は多岐にわたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)