特集 PR

ミュージシャンはなぜ生きづらいのか? 手島将彦×本田秀夫対談

ミュージシャンはなぜ生きづらいのか? 手島将彦×本田秀夫対談

手島将彦+本田秀夫『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
撮影:野村由芽

左利きやAB型と同じくらいの割合、日本の全人口の10%の人に「自閉症スペクトラム」の特性があると推定されるという。聞き慣れない言葉だが、思い浮かべてみてほしい。うまくコミュニケーションが取れなくて「コミュ障」と言われたり、なぜか話が噛み合わない人が周りにいないだろうか。もしくは、自分がそうだったりしないだろうか。

立東舎から出版された書籍『ミュージシャンはなぜ生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』には、「自閉症スペクトラム」の一種であるアスペルガー症候群と診断されているThe Vinesのクレイグ・ニコルズやスーザン・ボイルなどを例に、すべての人に通用するコミュニケーションの考え方が詰め込まれている。本書の著者である専門学校ミューズ音楽院の講師・手島将彦と信州大学医学部附属病院診療教授・本田秀夫に、コミュニケーションが不得意な人たちも、そうでない人たちも、みんながちょっとだけ楽に人と関わることのできる方法を訊いた。

ちょっとエッジの効いた人ってクラスには必ずいたのに、学校から企業とかに環境が変わった途端、許せなくなってしまう空気がある。(手島)

―日本の全人口の約10%が「自閉症スペクトラム」であると考えられるそうですが、そもそも「自閉症スペクトラム」にはどういった特徴があるのでしょうか。

本田:特徴は大きく2つあります。1つは臨機応変な対人関係が苦手ということ。もう1つは自分の興味や、やり方、ペースなどを重視して、それがわずかでもずれると違和感を強く感じるというものです。その特徴が明らかに強い人は社会にうまく参加できないのですが、症状の程度によっては社会に出ることができている人もいます。そういう人たちまで含めて潜在的に人口の10%くらいは「自閉症スペクトラム」の方がいるだろうという風に推測しています。

―10%って、比率としては結構多いですよね。身近にも普通にいるのかなという印象です。

手島:例えば40人のクラスに4人くらいは、特殊とまではいかなくても、ちょっとエッジの効いた人って必ずいたと思うんです。だから10%というのは、そんなにおかしな数字ではないんですけど、学校から企業などに環境が変わった途端、10%がなんだか多いということになってしまう。10%すらも許せなくなってしまう空気が、個人的に少し気持ち悪くて。

手島将彦
手島将彦

本田:学校の話で言うと、女性は中学生くらいになるとグループを作りますよね。例えば遠足で駅に集合と言われても、仲良しの4、5人のグループで別の場所で待ち合わせてから駅に行ったりする。40人のクラスに女子が20人いるとすると、10人くらいはそれを心から楽しみます。残りの10人のうち、6、7人は半分義務感でやる。そして、一部の人は実はすごく嫌だけど付き合います。さらにごく一部は、そういうやりとりに全く我関せず、1人で現地集合する。「自閉症スペクトラム」というのは、1人だけ現地集合しちゃう人から、実は嫌だけど付き合う人まで広く含めて考えているんです。

―そういう人って最近だと「コミュ障」と言われたりしますよね。「コミュ障」というのは医学的に言うとどういう状態なんでしょうか?

本田:ネットスラング的に使われている「コミュ障」と、医学用語としての「コミュニケーション障害」はちょっと意味が違っています。医学用語としては、理解力はあるけど上手に喋れないなどの「言語障害」や、吃音などの言葉の問題に限定されます。一方で「コミュ障」には「空気が読めない」「オタク的」という意味が入ってくるので、医学的には発達障害の一種である「自閉症スペクトラム」に近いです。

―では、名称は知らずとも「自閉症スペクトラム」の症状は割と知られているということですよね。

本田:そうですね。名称は馴染みにくいですが、みなさんが日常で接している人たちの中にそういう人たちが割といて、知り合いが何人かは該当しているはずです。

本田秀夫
本田秀夫

自分のやりたいことをやっている時はものすごく意欲的なんだけど、仕事になるとうつで全然できないという人もいます。(本田)

―「うつ」というのもよく使われる言葉ですが、中には「本当にうつなの?」と思うくらい楽天的に見える方もいると思うんです。「うつ」というのは、はためからは分からないものなのでしょうか。

本田:もともとは、見るからに気分が落ち込んで意欲や自信が低下した状態を「うつ」と呼んだんです。最近は、自分のやりたいことをやっている時はものすごく意欲的なんだけど、仕事になるとうつで全然できないという人もいます。そういう人は、意欲的に振る舞う代償としてエネルギーが削られていくんですよね。やりたいことでは表面的に意欲的でも裏ですごく消耗しているから、明るく見えていたとしても、明るく振る舞う場面から外れたり、ノルマ仕事になった時にものすごく落ち込むんです。

―ミュージシャンだと、ライブではすごく盛り上げられるのに、ステージから下りると落ち込んでしまったり?

本田:そうですね。「自閉症スペクトラム」の人は割とそうなりやすいんです。ある枠組みが決まるとその枠組みに沿ってしっかり物事を進められるんですが、枠組みが無くなった時に自分の素の状態が出てしまう。だから、舞台では光るけど、プライベートでは信じられないくらい大人しいという人がいたりしますね。

Page 1
次へ

書籍情報

『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』
『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』

2016年4月20日(水)発売

著者:手島将彦、本田秀夫

価格:1,620円(税込)

発行:株式会社リットーミュージック

プロフィール

手島将彦(てしま まさひこ)

鹿児島県出身。出生地は大分県日田市。早稲田大学第一文学部東洋哲学専修卒。ミュージシャンとして数作品発表後、音楽事務所にて音楽制作、マネジメント・スタッフを経て、専門学校ミューズ音楽院・新人開発室、ミュージック・ビジネス専攻講師を担当。多数のアーティスト輩出に関わる。保育士資格保持者でもある。

本田秀夫(ほんだ ひでお)

信州大学医学部附属病院診療教授。東京大学医学部卒。医学博士。横浜市総合リハビリテーションセンターで約20年にわたって発達障害の人たちと家族の支援に従事。2011年4月より山梨県立こころの発達総合支援センター所長。2014年4月より現職。発達障害に関する学術論文多数。2002年より,イギリスで発行されている自閉症の学術専門誌『Autism』の編集委員。日本自閉症協会理事。日本児童青年精神医学会代議員。著書に『自閉症スペクトラム~10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体~』(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)