特集 PR

『花椿』『GINZA』編集長対談 文化を担う老舗雑誌のウェブ戦略

『花椿』『GINZA』編集長対談 文化を担う老舗雑誌のウェブ戦略

資生堂『花椿』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:野村由芽

資生堂が発信する『花椿』。長年、多くの女性にさまざまな美のかたちを伝えてきた同メディアは、今年、ウェブと季刊形式の紙媒体という2形態での展開へと大きく舵を切った。メディアや文化を取り巻く時代の変化を感じる「事件」だが、その変化を、紙のメディアに関わってきた人物はどのように見ているのだろうか?

伝説的なカルチャー誌『relax』など数々の雑誌に関わり、現在はファッション誌『GINZA』の編集長を務める中島敏子、そして新体制となった『花椿』編集長である樋口昌樹を招き、二人が考える情報メディアの次なる一手を訊いた。

『花椿』には、「文化を担っていくんだ」という作り手たちの気概が溢れていて、刺激がありました。(中島)

―今回は『GINZA』編集長の中島敏子さん、『花椿』新編集長の樋口昌樹さんをお招きして、ウェブメディアと紙の雑誌についてお話いただきたいと思っています。対話のきっかけとして、まず『花椿』を話題にしたいのですが、同誌について、中島さんはどんな思い出がありますか?

中島:青春時代は本当に必読書でしたね。新しい号が出たら友だちに「ねぇ、読んだ!?」と聞きまくるくらい特別で。メディアとしての格も高く、世俗にまみれていなくて、他雑誌とは一線を画していました。

中島敏子
中島敏子

―特別な雑誌だったんですね。

中島:大人になって雑誌の世界に入ればイヤでもわかることですけど、ほとんどの雑誌が、いろいろな大人の事情の絡み合いで成り立っている部分がありますよね。でも『花椿』には、「文化を担っていくんだ」という作り手たちの気概が溢れていて、刺激がありました。

なので、『花椿』が月刊誌の形態をやめると知ったときは、本丸が崩れたみたいなショックがありました。ファッション誌を作っている人たちって、絶対に一度は『花椿』を通過しているんです。そんな大好きな雑誌がウェブになるわけですから、「ついにその時が来てしまった……!」と、作り手たちは一様にオロオロし、覚悟したと思います。

―中島さんは、ご自身も月刊誌の編集長なので、いろいろ思うところも多いかと思います。なぜ『花椿』は月刊誌の形態をやめて、ウェブへのリニューアルに踏み出したのでしょう?

樋口:ちょっと『花椿』の歴史の話をさせていただくと、創刊は1937年で、それ以前は『資生堂月報』(1924年~)『資生堂グラフ』(1933年~)として発刊していました。ですから『資生堂月報』の時代から数えるともう100年近くなるんですよね。

中島:大正時代にスタートしているわけですね。

『資生堂月報』(1924年)
『資生堂月報』(1924年)

『資生堂グラフ』(1936年)
『資生堂グラフ』(1936年)

樋口:発行部数の一番のピークが60年代後半で、当時で680万部出しているんですよ。

中島:『少年ジャンプ』以上なんですね!(1994年12月発売『週刊少年ジャンプ』の発行部数が653万部で、歴代最高記録)

樋口:かつては『花椿』がご家庭に1冊、という時代があったのですが、70年代以降はゆるやかに部数が減っていて、2012年の時点で3万部を切っています。つまり資生堂を愛用してくださるお客様と、『花椿』のあいだに心理的な乖離が生まれていたんですよね。

本当に残すべきなのは月刊誌という枠組みではなく、『花椿』というメディアそのもの。(樋口)

―でも、中島さんがまさにそうであるように、クリエイターや感度の高いユーザーからの支持は絶大ですよね。

樋口:それは我々としても大きな財産だと考えています。しかし現実は残酷です(苦笑)。若い人から、資生堂自体がお母さん向けのブランドに見られる傾向もありますし、『花椿』に至っては、50代の方は半分くらい知ってらっしゃるんですが、20代だと4%を切っていることが調査でわかりました。本格的に紙媒体からウェブにメディアが移行する時代になり、あらためて『花椿』の立ち位置を自ら問い直すというのが、今回のリニューアルのもっとも大きなポイントなんです。

樋口昌樹
樋口昌樹

中島:そもそも、資生堂の中で『花椿』はどういう位置づけなんでしょうか?

樋口:今の資生堂は化粧品会社ですが、創業時は薬局だったんですよ。その中軸を化粧品に変えたのは2代目の福原信三ですが、彼が目指していたのは、レストランがあり、アートギャラリーがあり、美容室があり、子ども向けの洋服の製造販売もする、トータルに「美」を提供する産業体。ですから非営利のギャラリー運営(資生堂ギャラリー)も、『花椿』の発行も、資生堂の理念を支える欠かせざるものなんです。

中島:『花椿』が資生堂のブランドイメージを牽引していく印象がずっとありますね。

樋口:ですから、月刊誌をやめることについては内部でも反対の声があがりました。ただ、大半の編集者が感じてらっしゃるように、月刊誌は非常に厳しい現状にある。そこで本当に残すべきなのは月イチ発行という枠組みではなく、『花椿』というメディアそのものなんです。それで、特にスマホでの視聴を強化する方針に切り替えたわけです。

「銀座時空散歩」 資生堂『花椿』スマートフォンサイトより
「銀座時空散歩」 資生堂『花椿』スマートフォンサイトより

中島:ブランドとしてスピリットをどう残していくか。それはすごくよくわかります。

Page 1
次へ

サイト情報

『花椿』
『花椿』

『花椿』は、1937年に創刊、その前身である『資生堂月報』(1924年創刊、1933年に『資生堂グラフ』に改題)を含むと、90年以上にわたって刊行を続けてきました。「美しい生活文化の創造」の実現を目指し、人々が美しく生きるためのさまざまなヒントをお届けすることを目的に、時代に先駆けた新しい女性像や欧米風のライフスタイルなどを提唱してきました。昨今のインターネットやスマートフォンの急速な普及に伴い、2011年にはウェブ版の配信をスタートさせ、新たな読者の獲得を目指しました。その後もメディア環境は一層激しく変化しています。今回のリニューアルで若い世代と親和性の高いウェブ版に軸足を移すことによって、新たな読者層との出会いを広げていきます。

ginzamag.com

2016年4月18日に公式サイトをリニューアル。

書籍情報

『GINZA 2016年9月号』
『GINZA 2016年9月号』

2016年8月10日(水)発売
価格:750円(税込)
発行:マガジンハウス

プロフィール

樋口昌樹(ひぐち まさき)

1961年生まれ。1983年慶應義塾大学経済学部卒業。同年、株式会社資生堂入社。1992年に企業文化部に配属となり、資生堂ギャラリーの学芸員として数多くの展覧会のキュレーションに携わる。2015年4月より、『花椿』編集長を務める。美術評論家連盟会員。

中島敏子(なかしま としこ)

マガジンハウスのカルチャー / ライフスタイル誌『BRUTUS』の編集者、『relax』の副編集長などを経て、2011年4月よりリニューアルした『GINZA』の編集長を務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

DATS“Mobile”

DATSの新曲が公開。yahyelのメンバーが所属する4人組が、UK.PROJECTからLUCKY TAPESらを輩出したRallye Labelに移籍し、この夏にはアルバムリリースを予定している。この1曲だけで、完全に痺れたし、大袈裟ではなく、アルバムへの期待がめちゃくちゃ高まった。PVの動画説明欄には、高橋幸宏、砂原良徳、LEO今井からの賞賛コメントも。(矢島)