特集 PR

前野健太×AMAZONS 「歌手」不足の現代に挑む新しい大人の歌

前野健太×AMAZONS 「歌手」不足の現代に挑む新しい大人の歌

前野健太『歌手だ』
インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子
2016/09/27
  • 33

前野健太がデビュー9周年公演『歌手だ』を開催する。1日目はCHAGE and ASKAのChageをゲストに迎えたソロライブ、2日目はコーラスグループのAMAZONSと組んだバンド編成でのライブとなる。AMAZONSは1985年に結成され、これまで松任谷由実、藤井フミヤ、米米CLUB、久保田利伸、玉置浩二などのコーラスを務め、一方でオリジナルアルバムもリリースしてきた3人組。前野とAMAZONSの交歓は、本人たち曰く「色気たっぷりでゴージャスなものになりそう」とのことだ。

公演のタイトル『歌手だ』が象徴しているように、シンガーソングライターでありながら、歌手らしい佇まいを見せる昨今の前野。そんな前野と、数々の歌手と共演してきたAMAZONSのKUMI、YUKO、TOKOに、両者が考える「歌」の過去、現在、未来を聞いてみた。「色気のある歌手が育っていないのかもしれない」と嘆く彼らこそ、草月ホールで新しい大人の音楽を聴かせてくれるのではないだろうか。

「歌手」って感じの人が少ないから、「だったら俺が!」という気持ちがあります。(前野)

―前野さんとAMAZONSはChageさん主催のフェスで共演して知り合ったんですよね?

YUKO:『Chage Fes.2015』の時、ChageさんのハウスバンドのコーラスをAMAZONSがやっていたんです。そこにマエケンさんがゲストでいらして。

―前野さんの第一印象はいかがでしたか?

TOKO:衝撃ですよ。歌が上手なミュージシャンはたくさんいるけど、前野さんは天才。天才に会っちゃったなっていう感じ。“ファックミー”という曲がいちばん衝撃だった(笑)。

AMAZONS(左から:KUMI、YUKO、TOKO)
AMAZONS(左から:KUMI、YUKO、TOKO)

前野:『Chage Fes.』の時に“ファックミー”をやったんですけど、一方通行の想いを歌った曲だったのが、AMAZONSさんのコーラスが入ることでちゃんと愛の曲になって。「ファックミー」って、「こんちくしょう!」みたいな意味もあるんですけど、コーラスのおかげで、一気にゴージャスで色気のあるものになったんですよ。

それで、またどこかでお願いできないかなと思っていたんです。コーラスって、どうしてもメインボーカルの盛り上げ役になることが多いですけど、『歌手だ』では、コーラスと歌が絡まるような音楽をやりたいんです。セクシーでゴージャスな音楽を。

―AMAZONSと色気を引き出し合うと。

前野:だって、AMAZONSさんは今まで色々セクシーなシンガーとやられてきているわけじゃないですか。松任谷由実さんとか久保田利伸さんとか玉置浩二さんとか。玉置さんのコーラスやる時は、やっぱりこう、「じれったい」感じになるんですか?(笑)

KUMI:やっぱり玉ちゃんはすごいよね。

前野:玉ちゃんですか……(笑)。

YUKO:玉ちゃん、やっぱり歌の説得力は半端じゃないですね。

TOKO:いろんな男性と歌ったけど、玉ちゃんがいちばん色気があったかな。コーラスにも色気を求められたよね。

―前野さんとAMAZONSが共演する今回の公演名は『歌手だ』です。前野さんはシンガーソングライターというより、最近は「歌手」という肩書のほうがしっくりくるのでしょうか?

前野:最近「歌手」って感じの人が少ない気がするので、「だったら俺が!」という気持ちがちょっとあります。まあ、役者としてポルノに出るんですが……。

前野健太
前野健太

YUKO:ポルノに出るの?(笑)

前野:『変態だ』(2016年12月10日公開)っていうポルノ映画に主演するんです。全裸で前張りして。僕、ショーケン(萩原健一)さんとか荒木一郎さんとかすごく好きなんですけど、ああいう役者もやっている方たちの歌って、ちょっとラフだけどすごく色気があって。松坂慶子さんの歌もすごく好き。決してめちゃくちゃ上手いってわけじゃないのに、色気が半端なくて……聴いてて興奮しちゃうんですよね(笑)。

―前野さんは、五木ひろしさん司会の演歌番組『日本の名曲 人生、歌がある』にも出演されましたね。あれも歌手・前野健太を印象付ける出来事だったと思います。

前野:あの時は桂銀淑さんの“花のように鳥のように”を歌いました。自分の曲じゃないけど、『新・人間万葉歌~阿久悠作詞集』で最初にカバーさせていただいた曲で。その時は、いちばん感情を込められると思って膨大な阿久悠作品の中から選ばせてもらったんです。気持ちを込められる余地があれば、歌うのは自分の曲じゃなくてもいいと思っていて。カバーアルバムを作る計画もなくはないですし、そういう意味でも歌手に近づいているのかもしれないですね。

―次のアルバムも「歌手」のスタンスで構想を練っているのでしょうか?

前野:次は、僕はほとんど歌うだけがいいなと思っていて。バンドでやるというよりは、ニューミュージックや歌謡曲っぽい感じをイメージしています。アレンジャーの方を入れて、ちょっとゴージャスな感じでやりたいですね。作詞作曲はもちろんしますが。

前野健太とAMAZONS

―色々な方と共演されてきたAMAZONSのみなさんから見て、今の歌手はどういうふうに映りますか?

TOKO:上手に歌うんですけど、音楽に「行間」がなくなってきたから、みんな同じに聴こえますね。

―確かに、平板で奥行がない音楽が多いと思います。

KUMI:「行間」がある曲って、本当に歌が上手な人じゃないと歌えないと思います。そもそも、バンドとかグループのボーカリストは多いけど、ひとりでやっていて「歌手です」という人が少ないですよね。

前野:うん。歌手不足だと思います。

YUKO:特に男の人が少ないかもね。

TOKO:前野さん、今じゃない?(笑)

前野:そうか、今か(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『前野健太 デビュー9周年記念公演「歌手だ」』

第一夜
2016年11月12日(土)
会場:東京 赤坂 草月ホール
出演:前野健太
ゲスト:Chage

第二夜
2016年11月13日(日)
会場:東京 赤坂 草月ホール
出演:前野健太デビュー9周年記念バンド with AMAZONS

料金:1日券4,500円 プラチナチケット(2日通し券)10,000円
※プラチナチケットはCD付き

リリース情報

AMAZONS『Fantastic 30』
AMAZONS
『Fantastic 30』(CD)

2016年5月25日(水)発売
価格:2,000円(税込)
ELFA-1601

1. Fantastic 30
2. Heart And Soul
3. Precious Melody
4. Music
5. Sky High

プロフィール

前野健太
前野健太(まえの けんた)

1979年埼玉県入間市出身。シンガーソングライター。2007年に自ら立ち上げたレーベル“romance records”より『ロマンスカー』をリリースし、デビュー。2009年にライブドキュメント映画『ライブテープ』、2011年に『トーキョードリフター』(松江哲明監督)に主演として出演。2011年末第14回みうらじゅん賞を受賞。2013年にはプロデューサーにジム・オルークを迎え、2枚のフルアルバム『オレらは肉の歩く朝』『ハッピーランチ』を発表。2016年12月に公開となる映画『変態だ』に主演。2016年には舞台、コドモ発射プロジェクト『なむはむだはむ』に岩井秀人、森山未來と共に出演。

AMAZONS
AMAZONS(あまぞんず)

大滝裕子・斉藤久美・吉川智子の3名からなる女性コーラスグループ。1985年4月、マリーン「Be Pop Live」ツアーにて出会い「日本一踊って歌えるバックコーラス」を目指し結成。参加した松任谷由実、久保田利伸、玉置浩二らのステージにてそのパフォーマンスが好評を博し名を広める。1987年シングル『Glorious Glamourous』てデビュー。その後、12枚のシングル6枚のアルバムをリリース。「観て楽しい! 聴いて楽しい!」をモットーに精力的に活動を展開。並行して現在に至るまで、米米クラブ、安全地帯、藤井フミヤ、CHAGE、バブルガムブラザーズ、スガ シカオ、米倉利紀等をはじめとする多数アーティストのライブ&レコーディングに参加。2006年結成20周年記念アルバム『AMAZONS with SHIKAO & THE FAMILY SUGAR』、2007年初のベストアルバム『AMAZONS THE BEST』をリリース。そして今年2016年、結成30周年を記念するアルバム『Fantastic 30』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ENJOY MUSIC CLUB“そんな夜”

原案脚本を手がけるバカリズムと、二階堂ふみ、オードリー若林の三人が出演する日本テレビ系ドラマ『住住』の主題歌“そんな夜”のPVが公開。何でもない平凡な日々にひそむ、ささやかなトキメキやきらめきをぎゅっと捉えるENJOY MUSIC CLUBの歌とラップがたまらないです。何かが始まりそうで何も始まらない、さえないけど愛おしい、そんな毎日を肯定する3分半の魔法が詰まっている。(山元)