特集 PR

冨田ラボとceroによる音楽授業。日本でしか生まれない表現を熱弁

冨田ラボとceroによる音楽授業。日本でしか生まれない表現を熱弁

冨田ラボ『SUPERFINE』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

日本の音楽シーンにおける「ポップマエストロ」の称号をほしいままにしている冨田恵一が、ゲストボーカルを迎えるプロジェクト・冨田ラボのニューアルバム『SUPERFINE』を完成させた。前作『Joyous』から3年強、今作でまず特筆すべきなのは、やはりゲストボーカリスト陣の顔ぶれだろう。YONCE(Suchmos)、安部勇磨(never young beach)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、城戸あき子(CICADA)、そしてこの対談取材にも参加してくれたceroの高城晶平など、新時代に鳴るべき都市型のポップスを、それぞれ独立したクリエイティビティーを持って表現しているアーティストが名を連ねている。

現行のインディーズシーンの牽引役ともいえるceroの高城は、本作で“ふたりは空気の底に”という名曲を冨田と作り上げた。高城を対談相手に迎えることで、読者に本作の魅力を立体的に伝えられたらと思う。また、ceroのニューシングル『街の報せ』と“ふたりは空気の底に”の共通項も探ってみた。

2014年以降から、僕は「新譜が面白い」って言い出すようになったんです。(冨田)

―今作のゲストアーティストの人選の特徴として、それぞれのアプローチで新時代における都市型のポップスを表現しているボーカリストが、数多く名を連ねていて。特にceroはそのインディーズにおけるその潮流の牽引役として見られることも多いと思うんですけど。

高城:いやいや(笑)。

左から:冨田恵一、高城晶平
左から:冨田恵一、高城晶平

―音楽的なルーツやアプローチで一括りに語られることに違和感を覚えている当事者のアーティストも少なくないと思うんですけど、こうして冨田ラボというポップスの実験室に各アーティストが入ったときに、各曲にワクワクする同時代性を感じることができて。素直に「さすが冨田ラボだ」と思いました。

冨田:ありがとうございます。まず、マスタリングが終わってすでにひと月くらい経っているので、聴き慣れてきた感想としては、僕自身、まさに「SUPERFINE」なアルバムだと思います。

このアルバムがこの時代にどのような意義を持つのかということは、今みたいに具体的に言ってくださると「なるほど」と思う面もあるんだけど、特にそういう作品を作ろうと思ったというわけではなくて。僕はいつもシンプルに1曲1曲が良質で、アルバムの中に適切に配置されていれば、必ずリスナーに訴求するだろうという考えのもとにアルバムを作っているので。

冨田恵一

―でも、ボーカリストがこういうメンツになったのは何かしらの意図や目的があったのではないかと思うのですが。

冨田:次世代というか、そういったシーンの方々を多くフィーチャーしているということですよね?

―そうです。

冨田:それは、順番でいうと、まず自分の音楽性の変化がここ数年にあったんですね。2013年にリリースした前作『Joyous』までで、僕の「シグネイチャーサウンド」を確立したなと思っていて。その一方で、僕は音楽家でありながら演奏家でもあるので、リアルタイムで新しい音楽のアプローチをする人たちに、すごくエキサイトしていたんです。

―それはやはりいわゆる現代ジャズ周辺の作品ですか?

冨田:そうそう。たとえば、ドラマーだとマーク・ジュリアナが素晴らしいプレイヤーだなと思ったり、ジェイソン・リンドナー(ピアニスト / キーボーディスト)の『Now Vs Now』(2009年)とかが、すごく好きだったりして。

でも、やっぱり自分のこれまでの音楽性は70年代中盤あたりのシミュレーショニズム(既存作品の表現から、サンプリングやリミックスなどの手法を用いて、新しい作品を作る)を中心に構築されたものだったと思うので、そこと現代ジャズの潮流がなかなか一緒にならなかったんです。いや、入れようと思えばできたんだけど、自分の中で「やっぱり冨田ラボはこういうイメージがあるからこういう作風にしよう」みたいな自制心が無意識に働いていたんだと思う。

―なるほど。これまで築き上げてきたシグネイチャー感が崩れてしまうのではないかという危惧があったと。

冨田:そう、どこかでね。今考えて大きかったと思うのは、僕は2014年に『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』(DU BOOKS)という著書を出したんです。

―ドナルド・フェイゲン(1948年生まれ、Steely Danの中心人物にしてメインボーカル)の『The Nightfly』(1982年)を題材に冨田さんの音楽論を紐解いた本ですよね。

冨田恵一『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』表紙
冨田恵一『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』表紙(Amazonで見る

冨田:ええ。あの本を書いたことで、それまでの自分の音楽的なアプローチやシミュレーショニズムについて一段落ついたというか。あの本を書いていたときは無自覚だったんですけど、あの本を出したあとくらいに僕は「新譜が面白い」って言い出すようになったんです。で、2014年以降のプロデュース仕事から、だんだん現代ジャズに感じているスリルがサウンドの要素に入っていったんですよ。

高城:なるほど。興味深いですね。

高城晶平

冨田:2015年にリリースしたbirdの『Lush』というアルバムを全曲プロデュースしたんだけど、特にあの作品は自分のオンタイムの興味を反映できたと思っていて。冨田ラボのニューアルバムも、その系譜に連なるものになるだろうということは自分でもわかっていたんです。

で、そのサウンドの変化であり進化をよりわかりやすく提示するためには、今まで僕が接点のなかったアーティストたちの声で彩ってもらいたいと思いました。そういうアルバムを自分でも聴きたいと思ったし。

僕は洋邦で分けると、日本のバンドシーンはそんなに追ってなかったんだけど、それでもやっぱり面白いアーティストがたくさん出てきているということは耳に入ってきていたんですね。その人たちを招いて冨田ラボのニューアルバムを作れたらいいなというところから始まりました。

Page 1
次へ

リリース情報

冨田ラボ『SUPERFINE』完全生産限定盤
冨田ラボ
『SUPERFINE』完全生産限定盤(CD+DVD)

2016年11月30日(水)発売
価格:4,536円(税込)
VIZL-1040

[CD]
1. SUPERFINE OPENING(instrumental)
2. Radio体操ガール feat.YONCE
3. 冨田魚店 feat.コムアイ
4. 荒川小景 feat.坂本真綾
5. ふたりは空気の底に feat.高城晶平
6. Bite My Nails feat.藤原さくら
7. 鼓動 feat.城戸あき子
8. 雪の街 feat.安部勇磨
9. 笑ってリグレット feat.AKIO
10. SUPERFINE ENDING(instrumental)
※TOMITA LAB STUDIOやRed Bull Studios Tokyoで撮影されたレコーディングドキュメント映像を収録したDVD付き
※124ページに及ぶ冨田ラボのレコーディングダイアリーBOOK付属
※5千枚限定

冨田ラボ『SUPERFINE』通常盤
冨田ラボ
『SUPERFINE』通常盤(CD)

2016年11月30日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64627

1. SUPERFINE OPENING(instrumental)
2. Radio体操ガール feat.YONCE
3. 冨田魚店 feat.コムアイ
4. 荒川小景 feat.坂本真綾
5. ふたりは空気の底に feat.高城晶平
6. Bite My Nails feat.藤原さくら
7. 鼓動 feat.城戸あき子
8. 雪の街 feat.安部勇磨
9. 笑ってリグレット feat.AKIO
10. SUPERFINE ENDING(instrumental)

イベント情報

『isai Beat presents “冨田ラボ LIVE 2017”』

2017年2月21日(火)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

リリース情報

cero『街の報せ』
cero
『街の報せ』(CD)

2016年12月7日(水)発売
価格:1,080円(税込)
KAKUBARHYTHM / DDCK-1049

1. 街の報せ
2. ロープウェー
3. よきせぬ

cero『Outdoors』
cero
『Outdoors』(Blu-ray)

2016年12月7日(水)発売
価格:5,000円(税込)
KAKUBARHYTHM / DDXK-1002

1. (I found it)Back Beard
2. 21世紀の日照りの都に雨が降る
3. マウンテン・マウンテン
4. 大洪水時代
5. 船上パーティー
6. good life
7. スマイル
8. さん!
9. Summer Soul
10. Yellow Magus(Obscure)
11. Orphans
12. ticktack
13. ロープウェー
14. outdoors
15. Elephant Ghost
16. わたしのすがた
17. ターミナル
18. 夜去
19. Narcolepsy Driver
20. Wayang Park Banquet
21. 大停電の夜に
22. Contemporary Tokyo Cruise
23. 街の報せ

cero『Outdoors』
cero
『Outdoors』(DVD)

2016年12月7日(水)発売
価格:4,000円(税込)
KAKUBARHYTHM / DDBK-1014

1. (I found it)Back Beard
2. 21世紀の日照りの都に雨が降る
3. マウンテン・マウンテン
4. 大洪水時代
5. 船上パーティー
6. good life
7. スマイル
8. さん!
9. Summer Soul
10. Yellow Magus(Obscure)
11. Orphans
12. ticktack
13. ロープウェー
14. outdoors
15. Elephant Ghost
16. わたしのすがた
17. ターミナル
18. 夜去
19. Narcolepsy Driver
20. Wayang Park Banquet
21. 大停電の夜に
22. Contemporary Tokyo Cruise
23. 街の報せ

プロフィール

冨田ラボ
冨田ラボ(とみたらぼ)

1962年6月1日生まれ、北海道旭川市出身。キリンジ、MISIA、平井堅、中島美嘉、ももいろクローバーZ、矢野顕子、RIP SLYME、椎名林檎、木村カエラ、bird、清木場俊介、Crystal Kay、AI、BONNIE PINK、畠山美由紀、JUJU、坂本真綾、他数多くのアーティストにそれぞれの新境地となるような楽曲を提供する音楽プロデューサー。「アーティストありき」で楽曲制作を行うプロデュース活動に対し、「楽曲ありき」でその楽曲イメージに合うボーカリストをフィーチャリングしていくことを前提として立ち上げたセルフプロジェクト「冨田ラボ」として、今まで4枚のアルバムを発売。2014年7月には、自身初の音楽書『ナイトフライ - 録音芸術の作法と鑑賞法 -』を発売。音楽業界を中心に耳の肥えた音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。

cero
cero(せろ)

Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero。2004年結成。メンバーは高城晶平、荒内佑、橋本翼の3人。様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップミュージックへと昇華させる。2015年5月27日に、3rd Album『Obscure Ride』をリリース。各所初回盤が即座に売り切れ、オリコンウィークリーで8位を記録し、各音楽誌の2015年ベストアルバムにも多数選出されている。今後のリリース、ライブが常に注目される、音楽的快楽とストーリーテリングの巧みさを併せ持った、東京のバンドである。2016年11月3日より、全国ワンマンツアー『MODERN STEPS TOUR』を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)