ニュース

ausが6作目となるアルバム『After All』をリリース、Sylvain Chauveauら豪華ゲスト参加

東京で活動するYasuhiko Fukuzonoのソロプロジェクト「aus(アウス)」が、通算6作品目となるアルバム『After All』を12月17日にリリースする。リリース元となるレーベルは、自身がオーナーを務め、cokiyuのデビュー作などをリリースしたflau。

若くしてその才能を世に知らしめ、エレクトロニカ方面のアーティストとしては異例のヒットを飛ばしているaus。今作では、L'ALTRAのボーカリストLindsay Andersonや、フランスの若手音楽家Sylvain Chauveau、以前もausの作品でボーカルを務めたcokiyuなど国内外から豪華ゲストを迎え制作されている。

「エレクトロニカ」という括りにとらわれない、ソングライターとしての資質を示した作品だ。

aus
『After All』

2008年12月17日発売
価格:2,100円(税込)
FLAU09 flau

1. Water Paintings
2. Vertigo
3. IHI
4. Closed
5. Autoland
6. Fake Five
7. Waltz
8. Lovers
9. Hero Of The Paper Boy(Motoro Faam Remix)
10. Middle Most(Ametsub Remix)
11. Urum(The World On Higher Downs Remix)

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)