ニュース

日本のイラストレーション史を網羅、約60年間の時代動向を振り返る保存版の1冊

日本のイラストレーションの歴史を網羅した書籍『日本イラストレーション史』が、美術出版社から刊行された。

同書は、これまでまとめて語られることのなかった日本のイラストレーション史を、山口はるみ、湯村輝彦、日比野克彦、長岡秀星など11名のイラストレーターのインタビューと共に振り返る1冊。「日宣美」「ヘタうま」「スーパーリアル」など、イラスト史を語る上で欠かせないキーワードを交えながら、イラストレーションの新しいビジネスモデルなど、様々な視点から約60年間の時代動向を考察している。

付録「日本イラストレーション年表」が付いてくるのもうれしいポイント。イラストレーターの坂崎千春が描いた、表紙を彩るお馴染みのペンギンが目印だ。

『日本イラストレーション史』

2010年 10月22日発売
監修:都築潤、福井真一
編集:美術手帖
価格:1,890円(税込)
発行:美術出版社

amazonで購入する

『日本イラストレーション史』表紙
『日本イラストレーション史』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)