ニュース

Serphの書き下ろしクリスマスソング“noel”が期間限定で無料配信中

20代男性によるソロプロジェクト「Serph」の書き下ろしクリスマスソング“noel”が、音楽レーベルnobleの公式サイトで無料配信されている。

Serphは今年7月に2ndアルバム『vent』をリリース。愛らしくポップなシンセのフレーズと多彩なリズムを生み出す彼の音楽は、そのファンタジックな世界観から「空想の宅録ジャズ」と称されている。さらに、11月にリリースされた平井堅のベストアルバム『Ken Hirai 15th Anniversary c/w Collection '95-'10 "裏歌バカ"』のボーナスディスクにリミックスで参加するなど、活動の幅を広げている。

“noel”はお馴染みのクリスマスソングを軸に、きらびやかな音の粒が散りばめられたナンバー。フリーダウンロードは12月25日まで実施される。

(画像上:Serph、画像下:Serph“noel”イメージ画像)

Serph
Serph
Serph“noel”イメージ画像
Serph“noel”イメージ画像
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)