特集 PR

ドリームポップ界の新たな旗手 Serphインタビュー

ドリームポップ界の新たな旗手 Serphインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2010/07/08

ピアノと作曲を始めてわずか3年で作り上げたというデビュー作『accidental tourist』から1年、東京在住の電子音楽家Serphがセカンド『vent』を発表する。ジャズを基盤に、エレクトロニカやハウス、映画音楽などが見事にクロスオーヴァーされ、なおかつドリーミーでメロディアスな旋律に溢れた素晴らしい作品だ。ツールの進化によって、誰もが平均以上の作品を作れるようになった一方、没個性化も進む中、ひさびさにワクワクするような電子音楽家の登場である。彼にとっての初インタビューとなった以下の対話の通り、現在の彼が音楽に向かうモチベーションは、あくまで自分に向けられている。しかし、本作で大きく開かれるであろう聴き手の存在が、今後の彼にどのような影響を及ぼすのか、楽しみに待っていたいと思う。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

他にやることもできることもないんで、ただひたすら楽しくて。

―昨年リリースされたデビュー作『accidental tourist』は、ピアノと作曲を始めて3年で作り上げた作品だったそうですが、それ以前に音楽活動はされてなかったんですか?

Serph:学生時代にDJをやってて、その後1年ぐらいサンプリングだけで楽曲制作をしてたんですけど、それからキーボードを弾き始めて、3年ぐらいでデビューしたって感じです。

―DJではどんな曲をかけていたんですか?

Serph:デトロイト・テクノと竹村延和さんの初期の曲を一緒にかけたりとかしてました。

―DJから制作に移られたのはなぜなんですか?

Serph:仲間内の学生で集まってやっていたイベントをやらなくなったのが大きいです。イベントも何もなくなって無為な日々が続いていたんですけど、制作を始めて、コピーというか、コード進行とかを他の人のCDを聴きながら真似していって。他にやることもできることもないんで、ただひたすら楽しくて。

ドリームポップ界の新たな旗手 Serphインタビュー
アルバム『vent』アートワーク画像

「こんなのが出回ってるのか」って失望して、それで自分がやるしかないなって(笑)。

―元々歌ものよりインストがお好きだったんですか?

Serph:そうですね。歌ものはあんまり聴かないですね。特に男性ボーカルが聴けなくて、聴いてて違和感があるというか、あんまり聴く気にならない。言葉があるとイメージが固まっちゃうじゃないですか?

―「Serph」という名義もイメージを限定しない言葉ですが、いつ頃から使っているんですか?

Serph:MySpaceを始めたときで、一昨年ぐらいからですね。元々はゲームのキャラクターの名前で、意味がないのがいいなって。

―制作をするときは、楽曲のイメージってあるんですか?

Serph:イメージは特に決まってないです。毎朝の日課としてiTunesとかで新譜をチェックするんですけど、聴いてるうちにモチベーションが上がるというか、インスピレーションが沸くって感じですね。

―毎朝どれくらい聴いてるんですか?

Serph:調子いいときは10分ぐらい聴いて「こんなのが出回ってるのか」って失望して、それで自分がやるしかないなって(笑)。サンプリングすることもありますし、音色としてパソコンに取り込んで使うネタを探すみたいな意味でもiTunesは使ってます。

Page 1
次へ

リリース情報

Serph<br>
『vent』
Serph
『vent』

2010年7月9日発売
価格:2,300円(税込)
noble CXCA-1271

1. march
2. pen on stapler
3. feather
4. sleepwalking
5. mint
6. azul
7. silencio
8. flatland
9. snow
10. iceyedit
11. vent
12. planet

プロフィール

Serph

東京在住。20代男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月、ピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』をelegant discよりリリース。2010年7月、1年振りの2ndアルバム『vent』をnobleよりリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも