ニュース

手作り感溢れる昭和のグラフィックデザインを堪能する『昭和のレコード デザイン集』

ユニークな日本のレコードのジャケットデザインを集めた書籍『昭和のレコード デザイン集』が、10月29日に刊行された。

同書では、1950年代から1970年代に制作された味わい深い図案のレコードジャケットを紹介。手書きのタイポグラフィや、2色刷りなどのグラビア印刷以前の風合い、エキゾチックな日本の風景や昭和を感じさせるレトロなデザインなど、手作り感溢れるグラフィックデザインの魅力が詰まった1冊となっている。

編著者は、「ラックストーン・レコード」店主で、音楽プロデュースやイベントオーガナイズも行う山口 "Gucci" 佳宏と、『王様のレコード』『昭和歌謡レコード大全』などの著者でも知られる鈴木啓之。ブックデザインを、SAKEROCKのアートワークなどでも知られる大原大次郎が担当している。

『昭和のレコード デザイン集』

2011年10月29日刊行
価格:2,100円(税込)
編著:編著=山口 "Gucci" 佳宏+鈴木啓之
発行:Pヴァイン・ブックス

amazonで購入する

『昭和のレコード デザイン集』表紙
『昭和のレコード デザイン集』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)